• このエントリーをはてなブックマークに追加

『マインクラフト』の世界では暗闇の中を歩き回るのはあまりに危険。日陰にはモンスターが徘徊し、太陽が沈む夜は地上にも湧いて出てきてしまう。

そんな暗黒の世界に光明をもたらすアイテム、それが「松明」なのだ!

序盤は光の確保が最優先!

『マインクラフト』の手法の一つに「湧き潰し」というものが存在し、松明を自分の行動範囲内に設置しておくと夜間でも暗闇よりは安全に行動できるようになる。

松明には半径4マス内を明るく照らす効果があり、照らされているマスはモンスターが湧かない。ゲーム開始直後は強力な武器や防具が作れないため、松明を利用してモンスターの出現を防ぐことが序盤を乗り切るコツとなるのだ。

▲作成方法はとても簡単。作れるだけ作ってしまって問題ない

松明は「木の棒」1個と「石炭」1個で作れて、一度に4個できあがる。石炭は地下を採掘すると採れるが、手に入らないときは木材をかまどで焼いた「木炭」でも代用できる。

注意しておきたいのは、モンスターは松明の周囲に出現しなくなるだけで“近づけなくなるわけではない”こと。モンスターに発見されれば松明の範囲内にも入ってくるので、倒すか朝が来るまでやり過ごすしかないのだ。

▲松明の周りにはモンスターは出現しないが、あかりの範囲外から平然と入ってくる。

松明を設置して初めて安全な場所になる

昼間でも、日陰になっているところではモンスターが湧いて出てきてしまう。よって、暗闇ができそうなところにはすべて松明を設置する必要があるのだ。

たとえば、家を建てるために隙間なく壁や天井を作れば必然的に光がカットされてしまう。そんな状態では、少し目を離して戻ったらモンスターの巣窟になっている、ということもある。

▲画像のように松明がない家の中は、昼間でも暗闇に包まれている

同じことが地下でも言える。鉱石を掘るために穴を掘り進めていくと光が届かなくなり、モンスターが湧きやすくなってしまう。モンスターのうめき声がする中での採掘作業ほど怖いものはない。

▲真っ暗な坑道には松明が必要不可欠!

大事なマイホームや採掘場所を守るためにも、松明は忘れず所持しよう。暗闇ができないように設置することで、『マインクラフト』を安全にプレイできるのだ。

たくさんの松明を用意して、採掘へと出かけよう!

マイクラでダイヤを効率的に発掘! 「ブランチマイニング」テクニック

マインクラフトPEの攻略情報はこちら

マインクラフトPE攻略記事まとめ

マインクラフト Minecraft: Pocket Ed.

価格 iOS版: ¥840 Android版: ¥700

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事を書いたライター

みなゲー β版 編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加