• このエントリーをはてなブックマークに追加

来たる8月7日、いよいよ、夏の甲子園大会が始まりますね! 各県の代表校も出揃い、期待に胸が高鳴ります。
今年は、大阪桐蔭などの強豪校が地方予選で多数姿を消すなど、本大会以前から波乱の予兆を感じます。

高校野球は、リーグ戦とは違い、負けたら終わりの一発勝負。一部では、熱中症や投手の連投等を懸念する声が有りますが、球児達の、一勝に賭けるひたむきで一生懸命なプレーには、何かこみ上げるものがあります。

高校野球ファン必携のアプリ『バーチャル高校野球』

今回紹介するアプリ『バーチャル高校野球』は、高校野球ファンなら絶対に持っておくべき、朝日新聞社の公式ツールです。

なんと、本大会を全試合生中継! さらに、出場校のデータやニュースなど、知りたい情報をまとめてチェックできる優れものです!

バーチャル高校野球

価格 iOS版: 無料 Android版: 無料

■全試合生中継。データを見ながら観戦・アングル切り替え等の機能も

『バーチャル高校野球』一番の魅力は、何と言っても、本大会と地方予選決勝の模様を、全試合生中継してくれる点にあります。

外出先で高校野球を観られるだけでも嬉しいですが、他にも、より観戦を熱くしてくれる、便利な機能が満載です。

▲甲子園での全試合と地方大会の各決勝戦を、全て生中継で視聴可能。ハイライト動画もあります。

▲縦・横の両画面対応。横画面にすれば、全画面による迫力の映像で、選手達の勇姿をその目に収められます。

▲一方、縦画面にするとスコア等が表示され……。

▲データがあれば、選手の特徴やチームカラーが丸わかり。特に、初出場校の試合の時に助かりますね。

▲要注目のスラッガーが打席に入ったら「バッター視点」に変えるなど、TVにはない観戦スタイルを楽しめそうです。

■高校野球をより深く楽しむ。コラムやスペシャルな動画も満載

『バーチャル高校野球』で出来る事は、試合中継の視聴だけではありません。ニュースやコラム、特集動画など、様々なコンテンツを通じて、高校野球をより深く楽しむことができるのです。

▲各種ニュースはモチロン、コラムも必見。試合の裏側や大会の問題点など、高校野球の様々な側面が見えてきます。

▲現在は、前大会のプレー集と、智辯和歌山・明徳義塾の両監督による「名監督スペシャルトーク」が配信されています。テンションが上がりますよ。

■応援地区の設定やランキングなど、気の利いた機能やデータが満載

他にも、『バーチャル高校野球』では、高校野球を観る上でぜひ欲しい機能やデータが沢山あります。その一部を紹介しましょう。

▲設定した地区の試合情報を通知してくれるとの事。母校や地元の高校を応援する時に便利ですね。

▲出場校の甲子園戦績や全国ランキングなど、ファンにはたまらない情報も盛り沢山。本大会が始まる前の予習にピッタリです。

家でも外でも、球児達の熱闘を見逃さない!

全体的に非常に便利なアプリですが、二つほど欠点があります。
一つは、中継中に別の画面に切り替えると配信が止まるため、バックグラウンド再生ができないこと。
もう一つは、中継や動画を起動すると、その度に15秒ほどの広告が入ってしまうことです。

しかし、そもそもスマホで中継を観られるだけでも嬉しいというもの。欠点を加味しても、本アプリが高校野球ファンにとって有用なツールである事には変わりありません。
家ではテレビで、外ではスマホで、球児達の熱闘を見届けてみてはいかがでしょうか。

バーチャル高校野球

価格 iOS版: 無料 Android版: 無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事を書いたライター

ひでりゃん

ゲームと野球をこよなく愛するライター。
主にアプリの記事を書いているが、別の顔もあるとかないとか。
好きなゲームアプリは、ソシャゲは「ビーナスイレブンびびっど!」と「グリモア~私立グリモワール魔法学園~」。カジュアルゲームは「TIME LOCKER」と「カウンター・オブ・デス」に夢中。たまに鎮守府にも出没中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加