• このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日を生きているこの日常。
誰もが何かしらの違和感を懐き、違う自分を1度は想像する。

「この現実世界は窮屈だ」

”もしも”

この世が自分が1歩、新たなステージに進むことができるのか。退屈な毎日に変革をもたらすきっかけは、突然舞い降りた。

欧州で発見された謎のエネルギー”XM”。
それを奪い合う2つの勢力が陣取りを始める。

現実と仮想の間に立つプレイヤーはスマホというデバイスを介し、その戦いにエージェントとして身を投じることになるのだ。

「みなゲー、イングレス部始めるってよ」

Googleが仕掛ける新感覚陣取りゲームであり、その舞台はなんとビックリ地球全土!Google Mapとスマホの位置情報を活かして、世界中に点在するポイントを結んで陣地の拡大を狙っていくのが『Ingress』の醍醐味だ。

っというわけで、みなゲーはこのたび”イングレス部”を立ち上げました。フリーライターの深津庵を代表に部員となるスタッフが数名。

追々、部員の詳細は紹介するとして初回となる今回は、エージェントに必要な基礎となる6つの要素を解説していきます。

「英語だらけで意味わかんな!」

うん、オレも同じ、英語ってだけで拒絶反応出まくりだ。
そんな新米エージェントもこれを読んでおけば、『Ingress』の取っ掛かりは掴めるはずだぞ!!

[活動1]ポータルをハックしよう!

唯一日本語化された最初のナビゲートを終えたらエージェント活動の始まりだ。
地域によって異なりはするけど、自分の周辺に青か緑、どちらかの光の柱がみえないかな?

簡単にいえば陣営の柱。
まずは敵味方を問わず、近場のポータルを巡回してハック開始。

ハックして手に入れたアイテムの詳細は使用用途ごとに順次解説するとして、これらを簡単に言うなら攻守に役立つツールってことだ。
敵陣営のポータルを破壊するアイテムや味方陣営のポータルを強化、補強に使うアイテムなど、様々なツールが入手できるのでしっかり集めておこう!

ちなみに、味方陣営をハックするとAP(経験値)。
敵陣営をハックしたときはAP+アイテムを入手できるのだ!!

[豆知識]長押しハック”グリフハック”のススメ

はじめに描かれる図形と同じものを描き、それが成功すると通常よりも多くのアイテムを入手可能。どんな図形が出てくるかは毎回ランダムだ。歩行者の邪魔にならない場所に移動して、ゆっくり挑むべし!!

[活動2]“XM”と呼ばれるエネルギーを集める

画面上部にあるゲージがXMの残量を示すもので、これはプレイヤー自身のヒットポインらしい。

こいつを消費してポータルの攻撃や確保など、多くの活動を行うために必要不可欠な存在だ。それにしても、”エックスエム”って毎度呼ぶのは大変。

そこで深津の独断ですが、XMを”やる気”と命名。

“やる気”がなくなればエージェント活動もできやしない。
使い果たしたら「ちょっとやる気回復してくるわ」
そんな感じでエージェント活動に努めてます。

そこら中に落ちている”やる気”成分を回収して、1個でも多くのポータルを巡回しよう!

[主な関連アイテム]

●Power Cube/パワーキューブ

XMを回復する。
レベルに応じて回復量が変化。
最大レベル8の場合8000XMも回復。

[活動3]敵陣営のポータルを攻撃しよう!

ハックして集めた攻撃系のアイテムを実際に使ってみよう。

これで攻撃の準備は整った。
あとは手持ちのアイテムを選んで”FIRE”を選ぶだけだ。

このとき、”FIRE”のボタンを長押しすると、ポータルの中心に向かってくり返し光が集まってくる。

もっとも中心に光が集まっているときに離すを通常よりも多くのダメージを与えることができるぞ。

[主な関連アイテム]

●XMP Burster/XMPバスター

ポータルを攻撃するアイテム。
レベルに応じて攻撃力&範囲が広がる。

●Ultra Strike/ウルトラストライク

ポータルを攻撃するアイテム。
同レベルのレゾネーターを一撃で破壊可能。

[活動4]味方陣営のポータルを建てよう

各地に点在しているポータルはすべて、エージェント自身の手によって建てられたもの。現在、その権利を持っているのはAndroid端末(iOS版は現在未実装)のみ。
各エージェントのおかげでこうして『Ingress』を楽しめてるってわけだ。

ポータルを建てるにはまず

これだけOK!
その後、Googleの審査が行われ、許可のでたものがポータルとして出現するって仕組みだぞ。

[活動5]味方陣営のポータルを拡張&強化

ポータルの周囲に最大で8個の物体がある。
それをレゾネーターと呼び、ポータルを支える杭のような役割をしている。

レゾネーターにはそれぞれHPがある。
敵陣営の場合なら全てを破壊することでポータルを奪う準備が整い、味方陣営の場合だと”RECHARGE”でHPを回復することができるぞ。

8ヶ所すべてにレゾネーターを打つことで奪取成功。
こうすることではじめてポータル間を繋ぐことができるのだ。

ちなみに、最初の1個目を打つと625AP、2番目以降は125AP。
8番目に打つと325APが獲得できるぞ!

[豆知識]白いポータルは中立の証

ときにマップ上に白く光るポータルを確認できる。
これはどちらの陣営にも設定されていない中立のもので、レゾネーターを使えば自分の陣営が奪うことができるのだ。

[主な関連アイテム]

●Resonator/レゾネーター

ポータルを確保するアイテム。
レベルに応じて耐久力やリンク距離が変化。

●Portal Shield/ポータルシールド(MOD)

ダメージを軽減できる。
Common、Rare、Very Rareの3種類がある。

●Force Amp/フォースアンプ(MOD)

反撃時の攻撃力が2倍になる。
2個:2.5倍、3個:3.75倍、4個:3倍。

●Link Amp/リンクアンプ(MOD)

ポータルリンクの範囲を増やす。

●Turret/ターレット(MOD)

反撃する確率を2倍になる。
2個以上:2.5倍、2.75倍、3倍の効果増。

●Heat Sink/ヒートシンク(MOD)

ハックできる時間の間隔を短縮。
ポータルシールド同様に3種類ある。

●Multi-hack/マルチハック(MOD)

連続ハックできる回数の上限アップ。
3段階あり、最大12回分のハック数を追加。

[活動6]ポータルを結んでコントロールフィールドを構築

味方陣営のポータルを3つリンクさせるとその内側が同色に染まり、自軍のエリアとして確保できる。それに必要となるのがポータルキーと呼ばれるアイテムだ。

ポータルキーはハック時にアイテムと一緒に入手できることがある。
リンクできそうなポータルがある場合、ひとまず”LINK”ボタンを押してみよう。
条件を満たしているポータルがあればゲーム側から候補を示してくれるぞ!

ちなみに、コントロールフィールドの構築すると、敵陣営から攻撃を受けたときのダメージを軽減する効果があるのだ。

[主な関連アイテム]

●Portal Key/ポータルキー

リンクの構築に使用。
また、所持していると該当のポータルにアクセスしてレゾネーターのリチャージができる。

[本格始動]本当の活動はここからだ!!

今回紹介したのはあくまでの初期段階で知っておいきたい情報で、ほかにも効果的な攻撃方法やレゾネーターの打ち方など、たくさんの遊び要素が『Ingress』には詰まっている。
今後は実際に部員を引き連れて屋外に飛び出して、実況動画によるさまざまな企画を進行中。

自分自身もまだまだ新米エージェントですが、『Ingress』の面白さをみなさんに少しでもお届けできるよう駆けまわるので、今後ともよろしくお願いしますね!!

(ライター:深津庵)

Ingress

価格 iOS版: 無料 Android版: 無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事を書いたライター

みなゲー β版 編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加