• このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年の6月より始まりました「東大生のボケて奮闘記」。東大生ライターの僕が笑われる人間から笑わせる人間になるために、大喜利サイト「ボケて(bokete)」で★3000を目指してきました。

6ヶ月という期間を経て、連載19回目にしてようやく目標の★3000に届きました。やったー! 次回で連載打ち切りと言われていたので、それまでに達成できて良かったです。

さっそくですが、★3000を獲得したボケを見ていただきましょう。こちらです!

ボケについた星数は3082。結構ギリギリでしたね! ★2500を超えたあたりからは、祈るような気持ちで、星が増えていくのを見ていました。

「ボケて」で星を獲得するコツを紹介

★3000を獲得した私が(←完全に調子にノってます)、ボケるときに気を付けていたポイントを紹介したいと思います。「ボケて」であまり星が付かなくて悩んでいる人は参考にしてみてください。

ちなみに、今までの最高星数の推移はコチラです。

▲こうして見ると、かなり波がありますね。第8回あたりは調子が良かったのですが、そのあとスランプに陥り、後半また調子を取り戻しました。連載終了までにギリギリ間に合ってホッとしてます!

星が付きやすいボケを作る4つのコツ

「ボケて」では、「画像で一言」がもっとも多く出題されています。そこで、画像を見てボケるときのコツを紹介していきましょう。(ちなみに、ちょっと恥ずかしいのですが、過去に自分が投稿したボケを使って説明していきます。)

①セリフ口調にする

人物や動物が載っている画像のときは、セリフを当てはめてみましょう。例えば、こんな感じ……

このボケでは、煙を霊魂に見立ててセリフを入れてみました。セリフは語尾や口調が大事で、老人なら「~じゃよ」お相撲さんなら「~でごわす」みたいにすると、本当に喋っているように見えてきます。

②ギャップを出す。発想の転換

赤ちゃんが大人びた言葉を喋っていたり、動物が人間っぽいことを言っていたりすると、ギャップがあって面白くなります。

可愛い女の子が、まさかの誘拐犯だったとは! 画像とボケのギャップが大きければ大きいほど、星が付きやすくなっていきます。

③言葉遊びや着眼点で「上手い!」と思わせる

少しテクニックがいるのですが、「なぞかけ」などの言葉遊びを入れたり、予想外の視点からのボケをしたりするのも手です。『笑点』ではこのタイプの大喜利が多いですよね。

今回★3000を獲得したボケは、このコツを利用しています。画像にグーとチョキが出ているので、じゃんけんのパーと頭パーをかけてみました。

④あるあるネタやお馴染みのフレーズで共感させる

初心者におすすめなのが、お馴染みのフレーズを使う方法です。「海賊王に俺はなる!」みたいな誰でも知っている漫画のセリフや、よく耳にするCMソングなどをもじるとボケやすいです。

カップ麺のCMでお馴染みの、あのフレーズですね。画像のシチュエーションにばっちりハマれば、爆発力のあるボケを作ることができます。

ボケを投稿するタイミングがかなり重要!

ボケが面白ければ星が付くか……というと、実はそうでもありません。投稿するタイミングが悪いと、どれだけ面白くてもスルーされてしまいます。

①新着のお題にしかボケない!

投稿されたばかりのお題には、たくさんの人がボケるために殺到します。そこで面白いボケを出せば、星を付けてくれるという寸法です。30分以上経ったお題だと、見てくれる人の数はかなり激減してしまうので、最長でも20分が限界ですね。

また早めに出しておけば、ボケが被ることもないので安心です。

②たくさんの人がボケているお題は避ける

何十個もボケがついているお題を見かけることがしばしば。できるだけライバルを減らしておかないと、たくさんのボケの中に埋もれてしまいます。逆に少なすぎるとボケにくいので、多すぎず少なすぎずの10個くらいのボケ数のお題がおすすめです。

③「ボケて」が活発になる、正午あたりを狙う

「ボケて」では、たくさんの評価が付いたボケは「注目ボケ」や「人気ボケ」などのカテゴリに分けられます。

「注目」カテゴリでは、12時間以内に投稿されたボケの中で、星順にランキングで掲載されます。12時間でいかにランキング上位に載るかがカギというわけです。もし夜に投稿してしまうと、その大事な12時間がユーザーの少ない深夜帯とかぶってしまいます。なので個人的には、9~12時くらいにボケを投稿するのがおすすめですね。

ちなみに12時間以内に★1000を超えると、「人気」カテゴリに掲載されます。こちらは3日間も掲載されるので、ここに載れば★3000は目の前です!

ウケなくても傷つかない鋼のハートが大事。

自分では最高の出来と思ったボケでも、まったく星が付かないことなんて日常茶飯事です。何がウケるか分からないので、めげずに投稿し続けるのが一番のコツなのかもしれませんね。

半年間やってきて思うのは、「何も考えずにふと思いついたボケ」にかぎって星の数が多いということ。星が付かなくて悩んでいる人は、肩の力を抜いてボケてみてください。

次回は総集編として、今までのボケの中からベスト10を紹介します。それでは、また来週~。

過去の記事はこちらです

一回目: 東大生のボケて奮闘記 ~笑われる人生はもう嫌だ~
        ⋮
十四回目: おじさん予備軍が挑む大喜利! 温かく見守ってね。
十五回目: IPPONグランプリ級のボケは生み出せるのか?
十六回目: 『ボケて』がリニューアル! 心機一転してボケてみた
十七回目: 大喜利イベントを発見! 自分の腕を試してみようかな?
十八回目: 大喜利イベントに行ってみた! その結果やいかに?

写真で一言ボケて(bokete)-3秒で笑えるおもしろ大喜利アプリ

価格 iOS版: 無料 Android版: 無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事を書いたライター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加