• このエントリーをはてなブックマークに追加

『Prisma』の大流行により、すっかり人気となった「絵画風加工」。ですが、そんな『Prisma』以上の加工をしてくれるアプリがあったんです。それが今回レビューする『BeCasso』。

▲App Store有料「写真/ビデオ」アプリカテゴリで高い人気を誇る
※2016年11月28日時点の順位・金額

そこで今回は『BeCasso』と『Prisma』を徹底比較してわかった、『BeCasso』が優秀すぎる3つの理由を紹介していきます。

BeCasso - 写真を絵画に

価格 iOS版: ¥240

『BeCasso』&『Prisma』を徹底比較

『BeCasso』と『Prisma』の違いを明らかにするために、加工アプリで重要な

①収録フィルタ数
②フィルタの調整機能
③加工にかかる時間

の3項目に焦点を当てて徹底比較! 『Prisma』で満足できない人は、なぜ『BeCasso』を使うべきなのかを明らかにしていきます。

①「収録フィルタ数」の比較

写真加工アプリで最も重要ともいえる機能が「フィルタ」。そこで最初は、『BeCasso』と『Prisma』に収録されるフィルタの数を比較していきます。

『Prisma』に収録されるフィルタは全部で「41種類」。

一方で『BeCasso』には、3つのテイストのフィルタが収録されており、その数はそれぞれ
①筆のタッチ「17種類」
②色味「21種類」
③キャンバスの質感「10種類」
となっています。

一見すると『BeCasso』には収録フィルタが「48種類」と、さほど2つのアプリでフィルタの数に差がないように見えるでしょう。

ですが『BeCasso』では、3フィルタを自由に組み合わせることができるのです。ということは使用できるフィルタ数も「筆のタッチ(17種類)」×「色味(21種類)」×「キャンバスの質感(10種類)」の3570通り! 単純に『Prisma』の約87倍のバリエーションとなるのです。

総評:「タッチ×色味×質感」の組み合わせで、理想のフィルタに

もちろん『BeCasso』では最高で3回フィルタ指定をしなければならない分、「カンタン加工」という面では『Prisma』に分があります。

ですが、あらかじめ決められたテイストの加工しかできない『Prisma』とは違い、『BeCasso』では「筆のタッチは好きだけど、色が好きじゃない……」と細かいニュアンスで妥協することはほとんどナシ。自分の理想をとことん追求できるという点で、優れていると言えるでしょう。

②「フィルタの調整機能」の比較

『Prisma』ではフィルタの濃淡を調節することが可能。

一方『BeCasso』では、明るさ・彩度といった「色調補正」や、タッチの荒々しさや凹凸を選んだフィルタに施すことができます。

さらにフィルタを部分的に施さない「非フィルタ設定」も『BeCasso』の方が一枚上手。

『Prisma』非フィルタ設定は3種類の中からしか選べないのに対し、『BeCasso』ではなぞった部分を非フィルタに設定することが可能です。

『Prisma』では、加工映えさせるための構図が限られていますが、『BeCasso』では、写真の構図を気にせずに自由自在な加工が可能。

上の画像のように、空だけを絵画風にするといった一癖ある絵画風の加工をサポートしてくれるでしょう。

総評:「細かい微調整」で、理想の加工をとことん追求できる

『Prisma』では筆のタッチや明るさ調整などはできなかったのに対し、『BeCasso』では本格的な調整を施せるのが特徴。

もちろん「ワンタップで加工」といった手軽さはありませんが、『Prisma』でやりたくてもできなかったワンランク上の加工をするなら、もってこいの内容です。

③「加工にかかる時間」の比較

ここまで『BeCasso』が良い結果となっていますが、アプリがサクサク動いてくれなくては、日常的に使うのを敬遠してしまいますよね。

そこで最後の比較は「加工にかかる時間」の比較です。

▲『Prisma』で加工した時の様子

上の動画のように、『Prisma』では加工の際「約10秒」で加工処理を施すといった結果になりました。

▲『BeCasso』で加工した時の様子

一方で『BeCasso』はというと……なんと1秒足らずで加工を施す結果に。

もちろん3つのフィルタを使用する場合は、3倍の時間がかかってしまうことになりますが、それでも『BeCasso』の方が、圧倒的なスピードでサクサクと加工できてしまいます。

総評:多くのフィルタを試してもストレスフリー

「このフィルタがイイのかな? それともさっきのフィルタの方が……」のように、アレコレ試したいと思うのは当然です。そんな時に加工が遅くては、いろんなフィルタを試すのも面倒になってしまいますよね。

その点『BeCasso』は、加工速度が素早くストレスフリー。多くのフィルタを試して、思想の加工を追求することができるでしょう。

『Prisma』以上の写真加工をしたいなら、『BeCasso』で決まり!

『Prisma』の約87倍のフィルタ数、筆のタッチや写真全体の色味を調節、さらには加工速度など、紹介した3つのポイントを見れば『BeCasso』の方が優れてるということができるでしょう。

ですが『BeCasso』では、『Prisma』のような

「ワンタップである程度の加工をする手軽さ」は無い

 
と考慮しておかなければなりません。

▲1つのフィルタを施した際の比較

もちろん『BeCasso』でもフィルタを施すだけの加工はできますが、1つのフィルタを施した際の完成度は、『Prisma』よりもはるかに劣ります。

ですが、3つのフィルタに細かく加工を施せば、立場は逆転。『BeCasso』は『Prisma』では決してできなかった加工までもサポートしてくれるでしょう。

このように

『Prisma』→お手軽な絵画風加工

『BeCasso』→『Prisma』の加工じゃ満足できない人

 
と、絵画風加工に求めるクオリティに応じたアプリを使うことが重要。

簡単な加工をしたい人には少々面倒かもしれませんが、『Prisma』じゃ少々物足りない……と感じていたあなたには、うれしすぎる機能が詰まったアプリです。

『絵画風加工アプリ』特集はこちら

インスタ用に持っておきたい「絵画風加工アプリ」8選。あなたの好みは?

BeCasso - 写真を絵画に

価格 iOS版: ¥240

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事を書いたライター

ちゃんく

大学では建築を専攻していたはずが、いつの間にかライターに。人生設計に大きな狂いが生じ、パニックになってると思いきや頭の中は常にラーメンのことでいっぱいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加