• TOP
  • 特集
  • 【2017年版】iPhone & Macの作業捗る連携テク全まとめ。これは便利!

iPhoneとMacは共にAppleが開発しているため、スムーズな連携機能をたくさん搭載しています。iPhoneで受信したものをMacで確認したり、Macでしていた作業をiPhoneで引き継いだり。具体的にどんな連携ができるのか、2017年現在の機能を余すことなくご紹介します。

(2017年2月時点で最新の「iOS 10」、「macOS Sierra」を利用)

目次

1. 電話・FaceTime
2. 各デフォルトアプリ
3. マップ
4. Handoff
5. Instant Hotspot
6. ユニバーサルクリップボード
7. AirDrop
8. QuickTime
9. Apple Pay
10. キーチェーン
11. AirPods
12. サードパーティー製アプリ

1. 電話・FaceTime - Macでも電話の受発信ができる

iPhoneには通常の電話と、iPhoneユーザー同士なら無料通話できる『FaceTime』という通話サービスがあります。どちらもMacで受話し、逆にMacから発信することもできますよ。

▲着信があるとMacの画面右上にも通知が。応答すればMac側のマイクとスピーカーで通話できます。

2. 各デフォルトアプリ - 自動・高速で同期。好きなデバイスから編集

iPhoneデフォルトアプリのほとんどがMacにも存在しており、自動・高速で同期されます。「Macの容量がパンパンだから写真の同期だけはやめておく」など、希望するなら同期させないことも。

iPhoneのメッセージ

Macのメッセージ

iPhoneのカレンダー

Macのカレンダー

iPhoneのリマインダー

Macのリマインダー

iPhoneの連絡先

Macの連絡先

3. マップ - Macで調べた目的地をiPhoneに送信

Macの大きな画面でマップを見た後、目的地などの情報をiPhoneにサッと送信。外での移動時に役立てられます。

▲Macのマップで目的地を調べたら、メニューからiPhoneへの送信ボタンを押します。

▲Macから送信された目的地がiPhoneにも表示されました。いちいち住所を入力し直す必要はありません。

4. Handoff - やりかけの作業を引き継ぎ

帰り道にiPhoneでブログを読んでいたけど、帰宅したのでMacで続きを読む。自宅のMacで表計算アプリを使っていたけど、出かけるのでiPhoneで続きをやる。といったふうに、デバイス間で作業を引き継げる機能です。

Webサイト閲覧(iPhoneのSafari → MacのChrome)

▲Macの左下に、メインブラウザ(筆者の場合Chrome)のアイコンが表示されるのでクリックするだけ。iPhoneで見ていたミカンの画像が、Macでも表示されました。iPhoneはSafari、MacはChromeと異なるブラウザでも機能してくれるんです。

Webサイト閲覧(MacのChrome → iPhoneのSafari)

▲iPhoneのロック画面左下にSafariアイコンが浮かんでいるので、これを上にスワイプ。すると、Macで見ていた織田信長の記事がiPhoneに表示されました。

文書作成アプリ(Mac → iPhone)

▲Web閲覧のときと同じ要領で、さまざまなアプリの作業を引き継げます。

5. Instant Hotspot - iPhoneをバッグに入れたままテザリング

テザリングをするとき、普通はiPhoneの設定で「インターネット共有」をオンにしてからパソコンで接続します。でもMacなら、iPhone側の操作は一切不要。ポケットに入れっぱなしで構いません。

▲Macの上部にはメニューバーがあるので、Wi-Fiマークを押して自分のiPhoneを選択するだけ。たったこれだけでテザリングが始まります。

6. ユニバーサルクリップボード - こっちでコピー、あっちでペースト

デバイス間でコピペできる機能です。しかも、テキストはもちろん画像までコピペできるのが秀逸。

▲左のiPhoneでコピーしたテキストが、右のMacにも一瞬で共有されました。

7. AirDrop - テレポートするかのような高速ファイル共有

約9メートル以内にあるデバイスへ、画像・動画・音楽などのファイルを瞬時に送れる機能です。メールやクラウドサービスを使うより遥かに便利ですよ。

▲共有機能から、送り先のデバイスを選択します。

▲受信するデバイスで「受け入れる」を選択。写真ならほぼ一瞬、動画でも数秒〜数十秒ほどしかかかりません。ちなみに、自分自身のデバイスだけでなく他人のiPhone・Macともファイルのやり取りが可能です。

8. QuickTime - iPhoneの画面録画。スマホゲーム実況などに

Macとケーブル接続すれば、iPhoneの画面録画ができるようになります。

▲Windowsでも無線で録画するソフトがありますが、有線のほうが遥かにきれいで滑らか。

9. Apple Pay - 面倒なクレジット番号入力が不要に。指紋認証で決済

Macでネットショッピングするとき、決済画面でチマチマとクレジットカード番号を入力しなくても、iPhoneの指紋認証だけで決済できます。(※ショッピングサイトがApple Payに対応している必要有り)

▲支払方法としてApple Payを選択すると、iPhoneで指紋認証を求められます。認証すればそれだけで決済完了。(※デモ画面)

▲iPhone側ではこのように表示されます。

10. キーチェーン - パスワードを連携して入力の手間が省ける

例えばiPhoneでどこかのサイトにログインしたら、そのパスワードが記憶され、Macでは自動入力されるようになります。面倒なパスワード入力の手間が省けるわけですね。

▲初回ログイン時に「パスワードを保存」を選択。

▲Macでログインするとき、iPhone側で保存したメールアドレスやパスワードを呼び出せます。

11. AirPods - Macでも簡単に使える

iPhone 7からイヤホンジャックが廃止されたので、今後は無線イヤホンのAirPodsが主流になるでしょう。AirPodsがすごいのは、最初の1台とペアリングすれば、他のデバイスではペアリングしなくても認識されるところです。

▲Macは上部にメニューバーがあるので、Bluetoothアイコンから自分のAirPodsを選ぶだけ。iPhone側で接続を切るなどの操作はいりません。

12. サードパーティー製アプリも、iPhoneとMacの連携を前提にしたものが非常に多い

ここまでApple公式の機能をご紹介しましたが、サードパーティー製のアプリも連携を踏まえて設計されたものが豊富。有料アプリの場合はiPhone&iPad版とMac版それぞれ購入する必要があります。

『MindNode』マインドマップ作成アプリ

▲ブレインストーミングなどで使われるマインドマップが作れる人気アプリ。紙に書くのと違って修正が容易です。

▲作ったマインドマップを同期。iPhoneの小さな画面だからといって編集機能を略することなく、作業の続きを行えます。

  • iOS
  • Android

¥1200

MindNode – Delightful Mind Mapping

IdeasOnCanvas GmbH

4.18

『Pixelmator』多機能ペイントアプリ

▲画像編集アプリの代表格。Photoshop級の編集機能を持っていながら、Mac版3,600円、iPhone版600円の買い切り(セールで半額以下になることもしばしば)なのでお得です。

▲Macで行っていた画像加工をiPhoneに引き継ぎ。もちろんマウス操作に比べれば操作性は劣りますが、機能的にはさまざまな編集ができます。

  • iOS
  • Android

¥120

Pixelmator

UAB Pixelmator Team

3.67

『Scrivener』論文や書籍の執筆に使える本格文書作成アプリ

▲イギリス発の文書作成アプリ。見出しを並べ替えたり細かい注釈をつけたり、書きたいことの概要をメモっておいたりと、長文の執筆に向いている作家御用達ツールです。もちろん日本語化可能。

▲Macで執筆した文章をiPhoneでチェックし、加筆修正もできます。

  • iOS
  • Android

¥2400

Scrivener

Literature & Latte Ltd

3.30

以上が、2017年時点におけるiPhone・Mac連携機能の全貌です。そんなことまでできるのか、と驚くような機能があったのではないでしょうか。

Macの購入を検討している方や、Macを使い始めたばかりという方の参考になれば幸いです。

こちらの記事もおすすめ
【保存版】iPhone『Safari』の裏技・便利テクニック19選

Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

\この記事が気に入ったらいいね!しよう/

この記事を書いたライター

OK

アプリと猫が大好きなライターです。