• このエントリーをはてなブックマークに追加

外国に旅行や出張に行くと、どうしても海外の硬貨などが余ってしまいます……。そこで登場したのが、外貨を電子マネーやギフトコードなどに交換してくれるサービス「Pocket Change(ポケットチェンジ)」。

2017年2月20日より、羽田空港国際線ターミナルに端末が設置されていて、海外旅行に行く前や帰国後に余った外貨を交換することができます。

今回は実際に羽田空港に行ってみて、「ポケットチェンジ」を利用してみました。

設置場所

ポケットチェンジの端末が設置されているのが、羽田空港国際線ターミナルの到着ロビー(2階)。

※今後、設置場所を拡大していく予定とのこと。

出典:https://www.pocket-change.jp/ja/

設置場所の案内図はこちら。到着口の近くに置かれていて、入国手続きを済ませなくても利用できるようになっています。

緑色の端末が置かれているので、端末の場所はすぐに見つかると思います。

対応している電子マネーやギフトコード

出典:https://www.pocket-change.jp/ja/

交換先のサービスは11種類以上用意されています。ただし、国内向けに提供しているのは「楽天Edy」「Amazonギフト券」「LINEギフトコード」「iTunesギフト」の電子マネーと、「unicef」「JCV」への寄付の6種類。残りのサービスは訪日旅行客が利用できます。

※交換先サービスは順次拡大していく予定。

端末の使い方

「ポケットチェンジ」で交換できる外貨は、米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォン・日本円の5種類。硬貨と紙幣のどちらにも対応しています。液晶画面の「スタート」をタップして進めましょう。

①住んでいる国を選択

最初に住んでいる国を選択。日本・中国・韓国・台湾・香港・アメリカ・タイ・他の国から選ぶことができます。

②交換先サービスを選択

住んでいる国を選択すると、利用可能な交換先サービスが表示されます。

LINEギフトコードがお得に交換できるキャンペーンをやっていたので、今回はLINEギフトコードを選びました。時々こういったキャンペーンを行っているので、公式TwitterやFacebookページを確認しておくと良いかも。

各電子マネーで、交換できる金額が決まっています。例えば「LINEギフトコード」の場合、50円から30,000円までで10円単位の交換が可能です。投入金額が超過した際は、寄付として受付するとのこと。

※端数は手数料として引かれます。

交換できる金額の一覧

「楽天Edy」: 1円~25,000円で1円単位で交換(Edyカード自体の上限金額50,000円まで)

「iTunesギフト」: 500円~30,000円で100円単位で交換

「LINEギフトコード」: 50円~30,000円で10円単位で交換

「Amazonギフト券」: 50円~30,000円で10円単位で交換

「Unicef」、「JCV」: 寄付額に制限なし

③現金を投入

次にコインや紙幣を投入していきます。

液晶画面の下側を見ると、コインと紙幣の投入口があります。コインは最大20枚をまとめて投入できるので、小銭が貯まっている人には嬉しいポイントです。

④電子マネーを受け取る

外貨を入れ終わると、確認画面が表示されます。受取金額に問題が無ければ、「確定」を押してください。

すると、ギフト番号が書かれたレシートが出てきました。後は、各サービスの案内に沿って、電子マネーを交換すればOK。

ちなみにEdyの場合は、読み取り機にICカードをかざせばチャージ可能。より手軽に交換ができます。

レートの確認方法

トップ画面に「交換レートを表示」とあるので、タップするとレートを確認することができます。

普段は一律の交換レートとなっているのですが、LINEギフトカードはキャンペーンを行っているので、他と比べるとレートが良くなっています。

同日のトラベレックスの為替レートと比較すると、全体的にレートが悪いですね……。ただし、韓国ウォンに関していえばレートが良かったです。

端末を使ってみた感想

以前に「トラベラーズボックス」という類似サービスを利用したのですが、メールアドレスの入力が必要だったり、細かすぎる硬貨(10セントや0.01ユーロ)は交換できなかったりと、少し使い勝手の悪さがありました。

「トラベラーズボックス」の記事はこちら

外貨を電子マネーに換金『トラベラーズボックス』。成田空港で使ってみた!

今回利用した「ポケットチェンジ」は、少しレートが悪いものの、タップで選択し外貨を投入するだけなので簡単に交換できます。細かい硬貨にも対応していたり、20枚までまとめて投入できたりと、個人的には「トラベラーズボックス」よりも使い勝手が良いのでオススメです。

SuicaやPasmoなどの交通系のICカードにはまだ対応していないので、今後のサービス拡大に期待しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事を書いたライター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加