• このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷した紙で遊ぶゲームを、無料で配信する新サービス『紙ゲー.net』が、2/27にオープンしました。

出典:https://kamigame.net/

この『紙ゲー.net』は、塗り絵といった一人で楽しめるものから、ボードゲームや本格的なTCGまで……。気になる作品を自由に印刷してプレイしたり、作成した紙ゲーを投稿したりできるというサービス。

そこでこの記事では、『紙ゲー.net』内のゲームを実際にプレイ! 遊んでみた様子と一緒に、正直な印象をレビューしていきます。

『紙ゲー.net』サイトはコチラ

https://kamigame.net/

実際に“紙ゲー”をやってみた

今回は筆者の「ちゃんく」と、同じくライターの「OK」さんの二人で、『ワードチェーンバトル』という紙ゲーをプレイしていきました。

『ワードチェーンバトル』とは?

“しりとり”をしていきながら、最後の文字にマーカーを配置するのが基本ルール。でもマーカーは重ねて置くことができず、次第にワードが制限されていく。さらにマーカーの並べ方によって、“3文字限定”や“生き物限定”のように、相手のワードを制限できるスキルもあり、凝ったゲーム性が特徴。

印刷ページ:https://kamigame.net/packages/lineup/2

OK & ちゃんく「よろしくおねがいしまーーす!」

 
お互い口調は穏やかですが、内に秘めたる闘志はメラメラ。いよいよ熱き言葉のバトルの火蓋が切って落とされました。

OK「しりとり!」

ちゃんく「りんご!」

と、序盤は、お互い空いている部分にマーカーを置くことができたのですが……

※青いマーカー:OKさん 赤いマーカー:ちゃんく

OK「え、え……演説! あっ、これで3つですね!」

 
ちゃんく「!?!?!?!?!?!?」

僕がまばらにしか埋められず苦戦する中、OKさんはいとも簡単に、スキル発動の条件となるマーカーを3つ並べることに成功。

ちゃんく「エッ……OKさん、このゲーム絶対にやったことありますよね?」

OK「いやいや! 初めてですよッ!(ニヤニヤ)」

と、僕はOKさんにあらぬ疑いをかける始末……。

※青いマーカー:OKさん 赤いマーカー:ちゃんく

ですが、そんな僕の口撃もつゆ知らず……次々とOKさんがマーカーを3つ揃えていく一方的な展開に。

ちゃんく「このままじゃやられる……」

 
自分の圧倒的劣勢を打破すべく、

ちゃんく「スキル“地名限定”を発動ッ!」

 
なけなしの3つ揃ったマーカーを代償に、スキルを発動。しかし

OK「地名ですか……」

といたって冷静なOKさん。

ちゃんく「ヤバい……発動するスキルをミスったかな……」

と思ったのも束の間。

OK「…………ググっていいですか?(笑)」

 
と、まさかのカンニングルールの適用を提案してきたではありませんか!? 当然僕の返事は「NO!」。

僕の放ったスキルは、OKさんのボキャブラリーのスキマに突き刺さる……起死回生のラッキーパンチだったのです!

そして……

ちゃんく「3……2……1……」

OK「…………」

ちゃんく「ゼローーーーーーーーーーー!!」

 
1手にかけられる3分間が経過し、見事に僕が勝利ッ!

OK「いやー、もう結構言える言葉も埋まってるし、地名はなかなか見つからないですよ!」

と、いつも冷静なOKさんが悔し気な表情を見せるなど、かなりの盛り上がりを見せて、『ワードチェーンバトル』は終局を迎えました。

『紙ゲー.net』には、他にもこんなゲームが

今回は『ワードチェーンバトル』を実際にプレイしていきましたが、『紙ゲー.net』ではあらゆるバリエーションの紙ゲーを配布しています。

そこでこの項目では、筆者が個人的にやってみたいと思った紙ゲーの一部を紹介していきます。

作りこまれたゲーム性&世界観『スピリアマテリアルカードゲーム』

出典:https://kamigame.net/

前衛3枚・後衛3枚のモンスターカードを配置するライン制のバトルシステムに、魔法カードの使用やモンスターの合成など、凝ったゲーム性が魅力的なTCG。

さらにカードの1枚1枚に、王道ファンタジーRPGを彷彿とさせるようなグラフィックが描かれ、総合的なクオリティが高いのもポイントです。

『スピリアマテリアルカードゲーム』

ジャンル:TCG
印刷ページ:https://kamigame.net/packages/lineup/12

『居眠りドラゴンの洞窟』

出典:https://kamigame.net/

この『居眠りドラゴンの洞窟』は、みんなでワイワイと盛り上がれる「すごろく」をモチーフとした紙ゲー。

早く進むすごろくに対し、この紙ゲーは“遅くゴールするほど高い点数を得られる”という一風変わったルールになっています。

ですが、得点稼ぎのためにゆっくり進んでいると、後ろから追ってきたドラゴンの餌食に……。「ゆっくり進む or ドラゴンから逃げる」といったジレンマが、今までのすごろくに新しいアクセントを加えています。

『居眠りドラゴンの洞窟』

ジャンル:ボードゲーム
印刷ページ:https://kamigame.net/packages/lineup/7

今後もコンテンツが充実していけば、神ゲーになる可能性アリ

最初は「紙ゲーなんて、大したことなさそう」と思っていて、収録ゲーム数も少ないなぁと……物足りなさを感じていました。

ですが紙ゲーを実際にプレイしてみると、相手を動揺させるような口撃の「ワイワイ感」や、公式ルールに記載されない独自ルールの使用といった「高い自由度」は、まさに紙ゲーならでは。

さらに“ありそうでなかった”オリジナリティあるゲーム性も十分。「今後も紙ゲーの投稿が増えれば、個性の強い紙ゲーが集まっていくのでは?」と、期待が持てるサービスです。

“塗り絵”とパズルが融合したゲームはコチラ

『大人の塗り絵パズル』攻略。行き詰ったときに使える5つのコツ

TRPGでおなじみの”神ゲー”はコチラ

クトゥルフ神話ゲーム5選。本格RPGから正気じゃない乙女ゲーまで

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事を書いたライター

ちゃんく

大学では建築を専攻していたはずが、いつの間にかライターに。人生設計に大きな狂いが生じ、パニックになってると思いきや頭の中は常にラーメンのことでいっぱいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加