• このエントリーをはてなブックマークに追加

『Googleストリートビュー』は4月12日、東京駅・新宿駅・名古屋駅・京都駅の4駅に対応。駅構内やホームまで歩けるようになりました。いずれも迷いやすい大きな駅なので、下調べなどに役立ちそうです。

駅構内、各線のホーム、さらに飲食店の中にまで入れる

使い方は今まで通り変わらず、目的の駅にペグマン(オレンジ色の人形アイコン)を置くだけ。ほとんどの地点で上下左右360度を見渡せます。

▲画面下にプレビューが表示され、いろんな場所の様子を素早くチェックできる。

▲京都駅構内の様子。

▲駅の飲食店に入ってあちこち見渡すこともできる。

▲PCブラウザ版にも対応。早朝に撮影したのか、どの駅も人がほとんどおらず見やすい。

今後さらに対応駅が増える予定

本記事執筆時点では4駅のみしか閲覧できませんが、今後拡大していく予定とのこと。主要な駅からどんどん閲覧できるようになっていくでしょう。

旅行や出張時の下見に使ったり、単純な興味で全国の駅巡りを楽しんだりすると良さそうです。

こちらの記事もおすすめ
『Google マップ』の便利機能16選。意外と知らない使い方・テクニック
『Google マップ』からタクシー配車が可能に。初回利用時に1500円のクーポンが!

Googleストリートビュー

価格 iOS版: 無料 Android版: 無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事を書いたライター

OK

アプリと猫が大好きなライターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加