講談社は5月15日、電子書籍のセレクトショップを開設できるサービス「じぶん書店」をリリースしました。無料でお店を開設し、おすすめの本を紹介。誰かがそこから購入すれば、売上の10%が還元されるという仕組みです。

じぶん書店

さっそく、開店して本を販売するまでの流れを見ていきましょう。

5分ほどで簡単出店。自分の推薦文をつけて本を紹介

登録料はかからず、一般的なWebサービスと同じように無料アカウントを作るだけで始められます。

▲アカウントを作ったら早速、書店名やプロフィールなどを記入して開設。

▲本の検索画面。現時点では講談社から出ている電子書籍のみの紹介だが、今後は他社の書籍も扱えるよう検討しているとのこと。

▲タイトルと本文を記入。全角5000字までとのことで、かなり長文が書ける。

▲試しに1冊掲載してみた様子。

販売して得たコインは、電子書籍の購入やAmazonギフトなどに

自身の書店URLを宣伝し、いろんな人に見てもらいます。電子書籍が購入されれば、金額の10%をアフィリエイトコインという形で獲得。読者として他の電子書籍を購入するのにも使えますし、「ドットマネー by Ameba」というサイトを通してAmazonギフトなどにも交換できます。

本をよく読む方や、おすすめしたいものがある方、またレビューするのが好きだという方であれば、好きなことをしながらお小遣い稼ぎする感覚ではないでしょうか。

こちらの記事もおすすめ

完全無料・読み放題マンガサービス5選。1話から最新話まで全作品イッキ読み

今、面白い無料マンガはコレだ! 真っ赤な果実が壮絶な闘いの引き金『創造のリンゴ』他2作品

Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

\この記事が気に入ったらいいね!しよう/

この記事を書いたライター

OK

アプリと猫が大好きなライターです。