• TOP
  • アプリレビュー
  • 真のエンディングを迎えたとき、切なさと戦慄があなたを襲う……ホラー謎解きゲーム

ゲームタイトルの『Year Walk』とは、クリスマスや新年のイブ真夜中に行われていた、スウェーデンの古い習わしのことだ。暗い部屋で沈黙し、飲まず食わずで一日を過ごしたあと、教会の鍵穴に息を吹き込み、真夜中の森をさまよい歩く。すると雪降る木立ちの合間に、自身の未来を垣間見るという。夜の森は、危険な獣が徘徊し、さらには神話上の奇妙な生き物に遭遇したという言い伝えも残る。命を賭して、未来を占うのである。

もちろん、現在では「Year Walk」を行う者は誰もいない。このゲームをダウンロードした者、以外は……。

『Year Walk』は、このスウェーデンの古の慣習をストーリーにした謎解きゲームだ。ホラータッチでありながら幻想的なグラフィックが、古の慣習のイメージを見事に表現している。グラフィックを見るだけでもプレイする価値があるだろう。シナリオも負けず劣らず綿密に作りこまれており、プレイヤーを飽きさせない仕掛けが、最後の最後まで施されている。

インターフェースは英語だが、シンプルで直観的な操作ができるため、英語が苦手でもプレイは可能だ。ただし、このゲームの魅力はストーリーにある。英語に難がないならば、内容をより楽しめる無料のコンパニオンアプリをダウンロードし、ストーリーの核心に迫りつつ攻略してもらいたい。

まずは、森の中の小屋から物語はスタートする。移動の基本はスワイプ。半透明の白い矢印が画面上下に現れたら、上から下で前進、下から上にスワイプすると後退する。移動するたびに、雪道を踏みしめる音が薄暗い森の中にひびく。

主人公の名は「ダニエル」。まずは、たどり着ける唯一の場所へ向かうと、ひとりの女性が彼を迎える。彼女の名は「スティナ」、ダニエルの恋人である。彼女は、「Year Walk」は危険だ、やめてほしいと訴える。だがダニエルは恋人との未来を知るために、小屋へと戻り、「Year Walk」の準備を始める。ここからがゲームの本格的なスタートだ。

あちらこちらへと移動しながら、画面に現れるさまざま物に触れていこう。謎を解くヒントが隠されているぞ。また、ストーリーを進めるために、アイテムをドラッグして移動させることも必要になる。ひとつのヒントだけではなく、いくつかのヒントを繋げないと解けない謎もあり、ゲームとして良く作り込まれている印象だ。

とにかく、プレイをすればするほど独特な世界観に魅了される。絵本のようなタッチも、怖ろしいだけではなく、切なささえも感じさせる。

さぁ、そろそろ出かける準備はできただろうか? 森はあなたが思っている以上に危険で恐ろしい場所だ。くれぐれも注意して、その目で“未来”を確認してきてほしい。

(ライター:遊亀)

  • iOS
  • Android

¥480

Year Walk

Simogo AB

3.30
アプリストアを見る

この記事を書いたライター