• TOP
  • アプリレビュー
  • 世界の創造主になれる⁉ 『Eden – World Builder』で“無限”の可能性を体験!

立方体のブロックで形成された“箱庭ゲーム”……と、言い表すだけではもったいない! 『Eden – World Builder』には“箱”という限界はありません。“無限”の空間があるのです。

ゲームを始めると、まず眼前に自分だけの“世界”が広がっています。この“世界”をどのように開拓し、創造するかは自分次第。最初はあまりの広大さに「どこから手をつける?」という感じですが、操作方法と“やりたいこと”が明確になると、時間が経つのも忘れて没頭してしまいます。

まずは“世界”を選ぼう

まずは「world type」を選びます。「Flat」と「Normal」という選択肢があり、「Flat」は一面平らな世界。まっさらな世界からスタートできるので、どのように世界を構築するかのプランがある方にオススメです。

どんな世界が広がっているのかを知りたい、という方は「Normal」を選択してみてください。豊かな自然が広がる地形が、目の前に広がります。

操作方法をマスターしよう

操作説明が見当たらないため、最初は難しく感じてしまいましたが、実は至ってシンプル。

画面を横向き持ちます。左側にある四角いマークが“バーチャルパッド”で、操作すると前後左右の方向に移動します。身体の向きを変えたいときは、画面上のアイコンのない部分を、向きたい方向にスワイプ。ちょっと上を向いみると……

おお、ブロック状の雲が浮かんでいました!

好きな場所に、好きなだけ“創造”しよう

さて、さっそく世界構築を開始。右側に並ぶアイコンで、いろいろなアクションをおこせます。ボタン操作はかなり直感的。“つるはし”で邪魔なブロックを壊したり、“火”を使えばブロックを一気に燃やすこともできます。

障害物がなくなったら、“ブロック”アイコンをタップし、新たなブロックを配置していきます。ブロックの種類はかなり多く、カラーリングもできるため、自分ならではの“モノづくり”が楽しめます。また、ブロックの中には機能を持ったものもあり、上手に使うと新発見ができるかも?

迷ったら、先人の“世界”を見てみよう

開拓に行き詰ったら、先人の知恵を拝借。トップ画面の右下にあるアイコンをタップすると、公開されている作品の一覧を閲覧できます。そう、自分で創った世界を公開できる機能もあるのです。

適当に選んでみたら……

豪華客船が! ブロックでここまでできるとは……。他の作品もあれこれと見てみましたが、驚愕の作品にいくつか出合いました。“創造”するには、“想像力”も必要そうですね。

“千里の道も一歩”から。さあ、最初のブロックを配置して! 無限に広がるこの世界、どんな風に創造しますか?

(ライター:コロポン)

  • iOS
  • Android

¥120

Eden - World Builder

Kingly Software Inc

3.28
アプリストアを見る

この記事を書いたライター