• TOP
  • アプリレビュー
  • エッジの効いたデザインセンスと世界観へダイブ!バイクで進むシューティングゲーム

モノクロームで描かれ、その独特な世界観が異彩を放つiPad専用ゲーム『SXPD』。

荒廃した街中を近未来バイクを駆って敵を倒していくという一人称視点アクションレースゲームだ。

モノクロで描かれた世界に赤の差し色が美しい。ハンドルではなくコントローラーを握る様子は近未来バイクのあるべき姿、なのかも。

操作方法は、iPadを左右に傾けることで進む方向が変えられ、一本指でのタップでマシンガン掃射。敵に画面中央の照準を合わせてロックオンし、スワイプするとミサイルで攻撃することができる。また、二本指で画面をタップし続けるとバイクを加速させることも可能だ。

ハンドル操作には若干の慣れが必要だが、一度マスターしてしまえばサイバーパンクな世界へ没入できること請け合いだ。

敵を追いかけながら、ハンドル操作し障害物を避けるのが思いのほか難しい。攻撃は想像以上に遠方までヒットするので覚えておくといいだろう。

異彩さは、そのグラフィックのみにとどまらない。

『SXPD』の世界に没入できるアメコミ要素に加え、読み物として楽しめるコミックスから自然にゲームへと移行するシステムは秀逸。プレイを通じて6章の物語を楽しむことができ、トータルで42ページのデジタルコミックスとしても堪能することができる。

ゲームの世界観をグッと引き立てているコミックパートは、有名なDCコミック作家Duke Mighten氏の手によるもの。

6章からなる本編に加え、『SXPD』の基本操作を学ぶことができるチュートリアルや、3分間で何体の敵を倒せるかを競ったり、5体の敵を倒す速さを競ったりできるタイムトライアルも収録されている。

ミサイルの使用方法を教えてくれるチュートリアルのワンシーン。コース上のアイテムをゲットして敵をロックオン。その後画面をスワイプしてミサイル発射だ。

チュートリアルをクリアすると、タイムトライアルが楽しめるアクションモードのロックがひとつ解除される。次のアクションモードを楽しみたければ、与えられたミッションをクリアしていこう!

障害物を避ける反射神経と、一度見つけた敵は逃さない集中力を必要とする『SXPD』。

iPadユーザーで「我こそは!」と腕に覚えのある方はチャレンジしてみてはいかがかな?

(ライター:Bella Luna)

※『SXPD』はiPad専用のタイトルです。
※『SXPD』は有料のゲームアプリケーションです。

©2014 Little Chicken Game Company B.V.

  • iOS
  • Android

¥240

SXPD

Little Chicken Game Company B.V.

-

現在、配信が停止されています

この記事を書いたライター