• TOP
  • アプリレビュー
  • 画像加工アプリ『MoShow』の使い方。イラストがスタイリッシュな動画に!

様々なエフェクトをこらした、スタイリッシュなスライドショーが作れる画像加工アプリ『MoShow』。イラストを使用した動画がTwitterやInstagramなどのSNSに多くアップされており、注目を集めています。

今回は『MoShow』とは何かという紹介と、詳しいやり方を説明。色鮮やかなイラストを描く人におすすめな、ユニークなエフェクトが多いんです!

目次

あわせて読みたい
写真加工アプリ『Werble』の使い方。雨や花を降らせて画像をクールに大変身

参考動画

▲実際に作ってみた動画。

『MoShow』とは?

画像にエフェクトを施したスライドショーが作れるアプリ。無料かつ作り方が簡単で、しかも完成した動画のクオリティが高いと注目を集めています。

SNSに投稿されている動画は、ユーザー自作のイラストを使用した作品が多め。躍動感と鮮やかさがプラスされ、自分の作品がアニメのオープニング映像になったような動画が作れるのが魅力です。

  • iOS
  • Android

無料

MoShow - スライドショー ムービーメーカー

Picadelic

3.22

無料

MoShow - スライドショー ムービーメーカー

Picadelic

3.24

『MoShow』の使い方

写真の追加方法

▲アプリを起動し、画面上部にある「MOSHOWを作成」または画面下部にある「+」ボタンをタップ。(どちらでもOK)

▲使いたい写真を複数枚選ぶ。1~100枚以上選択可能。選んだら、画面右上にある追加ボタンをタップ。

動画のテーマ(エフェクト)のかけ方

▲左側にある四角いボタンからテーマを選択。ノイズがかったものや、水玉模様のものなどがある。

▲テーマの種類は50以上。「楽しい」「ハード」などジャンル分けされていて、雰囲気にマッチするものを探せる。

画像のトリミング・複製・削除

▲鉛筆マークのアイコンから、画像のトリミング・追加ができる。

▲各アイコンの説明。「タイトルを追加」に入力した文字は動画内には反映されないが、どれがどの画像か目印にしたい時に役立つ。

音楽の追加方法

▲音符アイコンから音楽を追加できる。アプリ内で用意されている曲に加え、「マイミュージック」から端末に入っている曲も使用できる。

完成した動画がこちら

▲使用したテーマは「Ripple」。繊細なタッチのイラストに、水の波紋の動きがマッチしている。

有料コンテンツ「MOSHOW VIP」について

▲1ヵ月、12ヵ月、一回払いのプランがある。

「MOSHOW VIP」の料金表

・1ヵ月……480円
・12ヵ月……980円
・一回払い……2000円

ロゴマークが削除可能

▲動画の右下に表示される『MoShow』のロゴマークが消せるようになる。

毎月新たにリリースされる専用テーマが使える

2018年4月2日現在、56種類のテーマが無料で使用可能。MOSHOW VIPを購入すると、新たに追加される30種類以上のテーマが使えるようになります。

広告の非表示

アプリ利用時に表示される広告が非表示になります。動画を作成する際に気になる人は導入を検討してみてください。

いろんなイラストを使って、動画を作成してみた

▲使用したテーマは「Slides」。写真のフィルムが流れているような動きを表現。

▲使用したテーマは「Elements」。イラストに躍動感が出てスタイリッシュ。

▲使用したテーマは「Adore」。普通の写真に使用してもSNS映えする動画に仕上がる。

作品のクオリティがワンランクアップ。多彩なテーマでイラストをもっと魅力的に

50種類以上のテーマを無料で使えるのが大きな魅力。どれがイラストに合うか迷いながら選ぶ工程がとても楽しいですよ。筆者のおすすめテーマは「Elements」。線に躍動感が加えられ、かっこよく仕上がるのでよく使っています。

その他魅力的なテーマが多数。スイーツや人物写真にも合うので、お気に入りの一枚で動画を作ってみてください。

こちらの記事もおすすめ

写真の一部が動く『Plotagraph+』の使い方。アートなシネマグラフを作ろう

流行りの画像・動画加工テク&アプリまとめ。写真を可愛くおしゃれに!

  • iOS
  • Android

無料

MoShow - スライドショー ムービーメーカー

Picadelic

3.22

無料

MoShow - スライドショー ムービーメーカー

Picadelic

3.24

この記事を書いたライター

さんばり(梅雨)

お酒とマンガとゲームが好き
ハンターハンターコラボカフェで4万円くらい溶かしました

ゲーム・カメラ・イラスト系の記事をよく書いています