• TOP
  • Twitter
  • Twitter DMの既読を確認する方法・既読をつけない設定【iPhone/Android/PC】

2016年のアップデートから、『Twitter』のDM(ダイレクトメッセージ)に「既読」機能が実装されています。『LINE』と同様に、メッセージを見たかどうかが相手に伝わるというものです。

今回は既読の判別方法、既読をつけずにDMでやり取りをする方法を解説。読んだ読まないでフォロワーとトラブルになりたくない方は、やり方をおさえておきましょう。

「既読」の確認方法

既読・未読の判別方法は『LINE』と同じ。送信したメッセージの下にチェックマークがついており、そこの色で判断できます。

未読の場合

既読の場合

上が未読、下が既読の状態です。時間の横にあるチェックマークの色が未読ではグレー、既読では吹き出しと同じブルーになっています。

少しわかり辛いので、確実に判別したいなら吹き出しをタップしてください。

未読の場合

既読の場合

すると時間部分の表示が変わり、未読の場合は「送信済み」、既読の場合は「既読」とテキストで表示されます。

iPhone、Android、PC(ブラウザ)、いずれも基本の挙動は同じです。

既読をつけずにメッセージを読む方法

既読機能に煩わしさを感じる方は、設定で既読をつかないようにもできます。送信した側・された側どちらかが既読機能をオフにしていると、両者とも既読になったかどうかが見られません。

既読機能をオンに戻すと、再び既読の確認が可能になります。

iPhoneの設定方法

画面左上のアイコンをタップしてメニューを表示。「設定とプライバシー」をタップします。

1.メニューを開き、「設定とプライバシー」をタップ

2.「プライバシーとセキュリティ」をタップ

3.「既読通知を表示」のチェックを外す

以上で設定完了です。

Androidの設定方法

1.メニューを開き、「設定とプライバシー」をタップ

2.「プライバシーとセキュリティ」をタップ。

3.「ダイレクトメッセージ」をタップ

4.「既読通知を表示」のチェックを外す

以上で設定完了です。

パソコン(ブラウザ版)の設定方法

1.右上のアイコンをクリックしてメニューを表示し、「設定とプライバシー」をクリック

2.左側にある「プライバシーとセキュリティ」をクリック

3.ダイレクトメッセージの項目の「既読通知の送信/受信」のチェックを外す

▲画面を少し下へスクロールしたら、ダイレクトメッセージの項目が出てくる。

以上で設定完了です。

既読機能とうまく付き合っていこう

相手がメッセージを確認してくれたかどうかわかるのは便利な面もありますが、既読スルー問題で友人とのいざこざに発展してしまう場合も。

既読機能のオフは幸いとても簡単にできるので、状況に応じて使い分けるのがオススメ。機能を使いこなして、Twitterを楽しく利用していきましょう。

こちらの記事もおすすめ

Twitter(ツイッター)の検索コマンド全19選 日付やアカウントを指定して探す - Appliv TOPICS
Twitter(ツイッター)使い方&便利ツールまとめ 基本から応用まで - Appliv TOPICS
Twitter

Twitter, Inc.

4.33

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る