• TOP
  • 特集
  • Instagramでログアウトする方法【iPhone/Android/PC】

Instagram(インスタグラム)でログアウトする方法から、そもそも「ログアウト」とはどういう状況なのかまで、インスタ初心者に向けて解説します。

目次

ログアウト方法

iPhone・Androidでログアウトする

iOSもAndroidも操作方法は同じです。

自分のプロフィールページにアクセスし、右上「・・・」ボタンをタップ。

オプションメニューの一番下「(ユーザーネーム)からログアウト」をタップ。最終確認が出てくるので、「ログアウト」を選択すればログアウト完了です。

パソコン(ブラウザ版)でログアウトする

自分のプロフィールページにアクセスしたら、ユーザーネームの横にある歯車マークをクリック。

出てきたメニュー内の「ログアウト」をクリックすればログアウト完了です。

「ログアウト」とは? 覚えておきたいポイント・注意点

ログアウトしてもデータは消えない

ログアウトしても、投稿画像・動画、フォロー・フォロワー、ダイレクトメッセージ、ストーリーなどが消えることはありません。

同じユーザー名・パスワードでログインすれば、ログアウトする前とまったく同じ状態で利用再開できます。

ログアウトは「アカウント削除(退会)」ではない

ログアウトすることは、Instagramアカウントを削除することとは違います。完全にInstagramをやめたい場合は、別の削除手続きが必要です。

詳しいやり方は以下の記事を参考にしてください。

Instagramアカウントの削除(退会)&一時停止の方法【iPhone/Android/PC】 - Appliv TOPICS

最近インスタにまったくログインしていない。知られたくない人にアカウントがバレてしまった。様々な理由でインスタグラムをやめたいと思うことがあるでしょう。 本記事ではInstagramアカウントを削除するやり方、退会とは少し異なる「一時停止」機能についての解説をしていきます。

mag.app-liv.jp

ログアウト中も他ユーザーからは普通に見える

ログアウトしても他ユーザーには伝わらず、ログイン中かログアウトしているかはわかりません。

他ユーザーはあなたの投稿・ストーリーを見られますし、コメントやDMをあなた宛てに送ることもできます。

毎回ログアウトすべき?

スマホの場合は端末自体にロックをかけているのであれば、わざわざInstagramアプリからログアウトする必要はありません。自宅のパソコンも別の人が触る心配がないのであれば、ログイン状態のままで問題ないでしょう。

ただしネットカフェなど外のパソコンでInstagramにログインした場合は、面倒に感じても必ず最後にはログアウトすることをおすすめします。

こちらの記事もおすすめ

Instagram 友だちの投稿をストーリーにシェア(リグラム)する方法 - Appliv TOPICS

Instagram(インスタグラム)には今まで、Twitterの「リツイート」やFacebookの「シェア」にあたる機能がありませんでした。そのため自分のタイムラインに他ユーザーの投稿をシェア(リグラム・リポスト)するためには、別アプリの利用が必須でした。 しかし2018年5月22日、友だちの投稿を自分のストーリーに共有できる機能がついに登場! オフィシャルで手軽かつ気軽に、シェアができるようになりました。この記事ではシェア機能の使い方を解説していきます。

mag.app-liv.jp
Instagram 投稿・コメントで改行する&空白行を入れる方法【iPhone/Android】 - Appliv TOPICS

Instagram(インスタグラム)を使っていて困るのが、投稿のキャプションに空白の行を入れられなかったり、コメントで改行ができなかったりすること。文字がだらーっと並んでいると読みづらいですよね。 この記事ではもっと読みやすい文章を作るために、インスタで改行や空白の行を入れる方法をご紹介。iPhone・Android、それぞれのやり方を解説していきます。

mag.app-liv.jp
  • iOS
  • Android

無料

Instagram

Instagram, Inc.

4.42
アプリストアを見る

無料

Instagram

Instagram

4.52
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

フクハラノゾム

ゲーム、アプリ、映画やドラマ、エンタメ系コンテンツにはなんでも興味津々です。新しもの好きで、新サービス新アプリはひとまず触りたい派。最近はカメラアプリの研究にいそしむ毎日。
デレステプロデューサー。CuP。卯月担当。PLV274。最近は自分がアイドルなのではないかと思い始めている。