スマホでQRコードを読み取る時には、専用のQRコードリーダーアプリが必要だと思ってはいないでしょうか? 実は専用アプリをわざわざダウンロードしなくても、いつも使っているアプリでサッと読み取ることができるんです。


「QRコード」とは?

「QRコード」はデンソー(現デンソーウェーブ)が開発した二次元コード。実は日本発の技術です。スマートフォンの普及に伴って、日本だけでなく世界中で使われるようになりました。

QRはQuick Response(クイックレスポンス)の略で、高速読み取りできるのが特徴。バーコードよりも格納できる情報量が多く、数字だけでなく英字・漢字・ひらがな・カタカナなど多言語のデータを格納可能です。

▲正方形の見た目が特徴的。ちなみにこれを読み取ると「Appliv TOPICS」のURLが出てくる。

QRコードスキャン機能のある定番アプリ

みんなのスマホに必ず入っている定番アプリに、QRコードの読み取り機能がついているものが実はたくさんあります。これらを使えば専用アプリなしですぐ読み取り可能です。

iPhoneの標準カメラ

2017年9月にリリースされたiOS11から、iPhone・iPadの標準カメラにQRコードのスキャン機能が備わりました。

使い方は簡単。標準カメラを起動して、撮影画面にQRコードを入れるだけです。

画面上に読み取り結果が出てくるので、ここをタップするとSafariが起動してサイトが表示されます。QRコードの情報がURLでなくテキストだった場合は、Googleの検索結果に飛びます。

QRコードの読み取り中

もし読み取りができない場合は、設定で機能がオフになっている可能性があります。ホーム画面から [設定] → [カメラ] と進み、「QRコードをスキャン」をオンにしましょう。

iPhone カメラ設定

LINE

連絡手段として今やなくてはならない『LINE』。友だち追加の際に使うQRコードリーダーがありますが、実は普通のQRコードの読み取りにも使えるんです。

友だちタブ右上のボタンから「友だち追加」へ行き、「QRコード」を選択すればQRコードリーダーが起動します。

LINE QRコードの開き方
LINE QRコード読み取り画面

▲友だち追加用のQRコードでなくても読み取ってくれる。左下「ライブラリか」では、スマホ内のQRコード画像の読み取りも可能。

iPhone版LINEの最新バージョンでは、ホームタブの検索フォーム右側にQRコードボタンが登場。従来の手順より素早く起動可能です。

iPhone版LINE

またiPhoneではホーム画面でLINEのアイコン長押しすることで、QRコードリーダーを直接起動することもできます。

iPhone ホーム画面からQRコードリーダーを起動
LINE

LINE Corporation

4.44

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

Twitter

あまり知られていないかもしれませんが、『Twitter』にもアカウントフォロー用のQRコードがあります。その読み取りのためのQRコードリーダーを、通常のQRコードにも使用可能です。

まず画面左上のアイコンをタップしてメニューを開きます。メニュー最下部のQRコードマークをタップして、自分のアカウントのQRコードを表示。画面下のマークをタップすると、QRコードリーダーが起動します。

Twitter QRコード起動方法
Twitter QRコードリーダー

▲画面右上のマークをタップすると、スマホ内のQRコード画像を読み込むことも可能。

『Twitter』も『LINE』と同じく、iPhoneならホーム画面でアイコンを長押しすることで、直接QRコードリーダーを起動できます。

iPhone ホーム画面
Twitter

Twitter, Inc.

4.31

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

Chrome(iOSのみ)

『Twitter』をやっていない人は、iPhone・iPadに限られますがブラウザアプリ『Chrome』を使う方法もあります。

ホーム画面で『Chrome』のアイコンを長押しすることで起動可能です。

iPhone ホーム画面

『Chrome』を開き、アドレスバーにキーをあてると出てくる仮想キーボードにもQRコードリーダー起動ボタンがあります。

Chrome QRコードリーダー起動

また使用頻度は低いかもしれませんが、Spotlight検索から利用することも。

画面を左から右にスワイプすると出てくる検索フォームに「QR」と入力すれば、QRコードリーダー起動のメニューが出てきます。

Spotlight検索
Chrome - Google のウェブブラウザ

Google LLC

4.11

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

でもやっぱり専用のQRコードリーダーアプリも便利!

いつも使っている定番アプリでQRコードが読み込めるなら、専用アプリはいらないのでは? そう思うかもしれませんが、専用アプリには専用アプリの良さがあります。

例えばヤフーの『Yahoo! QRコードリーダー』。※Androidのみ

Yahoo! QRコードリーダー
QRコード読み取りアプリ Yahoo! QRコードリーダー

Yahoo Japan Corp.

3.50

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Google Playを見る

このアプリはセキュリティに優れていて、読み取ったURLの安全性をチェックする機能を搭載。悪質サイトだった場合は警告が出るため、トラブルに巻き込まれるリスクが軽減されます。

読み取り履歴やQRコードの保存など、各社とも専用アプリならではの機能が備わっています。QRコードを頻繁に利用する方は、専用のリーダーアプリを1本入れておいて損はありません。

もっとQRコードリーダーアプリを見たい方はこちら。

【2019年】QRコードリーダー・バーコードリーダー(読み取り) おすすめアプリランキングTOP10

こちらの記事もおすすめ

QRコードの作成方法 簡単&無料のおすすめアプリ・サイト - Appliv TOPICS
【2019】動画配信サービスおすすめ9社比較 映画・ドラマ・アニメが見放題! - Appliv TOPICS