最近はゲーム実況の盛り上がりもあって、スマホの画面録画をしたいという人は多いと思います。ただスクショと違ってやり方がわからない、難しそう、と思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで、iPhone・Androidそれぞれの画面録画方法をまとめました。スマホ単体で録ることもできますし、PCを使って録る方法も解説しています。

目次

あわせて読みたい
iPhoneの通信量を節約し、通信制限を回避する設定まとめ【iOS10・11】
Androidスマホの通信量を節約し、通信制限を回避する設定まとめ

iPhone単体で画面録画する方法

コントロールセンターに「画面収録」ボタンを出す(iOS 11以降)

あらかじめ設定アプリから、画面録画できるように準備しておきます。

iOS 11以降が必要なので、iOS 10以前の方はアップデートをしてください。

▲[設定]アプリを開き[コントロールセンター]を選択。

▲[コントロールをカスタマイズ]を選択。

▲[画面収録]を選択して追加する。

▲コントロールセンターを開くと、画面収録のボタンが出現している。

これで画面録画をする準備が整いました。

ボタンを押すだけで簡単に録画開始

録画する方法はとても簡単。コントロールセンターを開いてボタンを押すだけです。

▲3、2、1……のカウントダウン後、録画が始まる。カウント中にコントロールセンターを下げ録画したいアプリを開いておけば、綺麗に撮影開始できる。

▲録画中はステータスバーが赤くなり、録画中であることを示してくれる。

▲録画開始時と同じく画面収録ボタンをタップするか、赤いステータスバーをタップすれば停止。

▲録画ファイルが写真アプリ内に保存されると通知が。下にスワイプすると表示・削除ができる。

音声に関する設定方法。内部音声・外部音声のオン・オフ切替

音声録音に関する仕様は次の通りです。

●内部音声(ゲームBGMなどiPhoneから出る音)
録画中に聞こえている通りに録音される。音を出していればそのまま録音され、マナーモードなどで音を消しておけば録画ファイルも無音になる。

●外部音声(自分の話し声や周囲の雑音など)
マイクオーディオをオンにすれば録音される。内部音声も同時に録音される。

マイクオーディオのオン・オフは、画面収録ボタンを強く押すことで切り替えられます。

▲録画を始める前に、画面収録ボタンを強く押す(3D TouchがないiPhoneはボタンを長押し)。

▲マイクオーディオをオンにすれば外部音声も録音され、オフなら録音されない。あとは[収録を開始]ボタンをタップ。

画面録画が切れる、内部音声が途切れる原因と対策

突然画面録画が切れたり、録画はできても音声が途中から消えていたりする不具合がTwitterなどで多数報告されています。筆者も複数のiPhoneで画面収録を使っていますが、たびたび唐突に切れます。

切れるタイミングや発生状況がまちまちなので断定できませんが、おそらくiPhoneに高い負荷がかかっていると切れやすくなる様子。

少しでも負荷を減らすために、
●なるべくアプリの切り替えをしない
●録画する前にiPhoneを再起動しておく
ことをおすすめします。

端末も新しい機種のほうが動作は安定しやすいはずですが、執筆時点で最新のiPhone Xでもこの不具合は発生しました。

Macを使って画面録画する方法

ケーブルで接続し、QuickTime Playerで録画

より安定した録画方法として、少し手間ですがMacを使うのもおすすめです。

▲LightningケーブルでMacに接続。

▲Macで「QuickTime Player」アプリを起動し、[ファイル]→[新規画面収録]を選択。

▲録画ボタン横のプルダウンから、カメラとマイクの欄で[自分のiPhone名]を選択する。

ケーブルの接続不良などで[自分のiPhone名]が表示されないこともしばしばあります。ケーブルを1回外して繋ぎ直すか、iPhoneやMacの再起動を試してみてください。

▲iPhone画面が映し出されたら録画を行う。

▲録画を終了したら[ファイル]→[保存]でファイル名を付けて保存。

この手順でiPhoneの画面録画が完了します。

Macを使って録画するメリット

「iPhone単体で録画できるのに、わざわざMacを使う意味があるのか」と思われるかもしれませんが、意外とこれが実用的。ケーブル接続の手間はかかりますが、その分メリットもあります。

安定性が高い。録画が切れづらく、音声も途切れづらい

iPhone単体で録画するよりずっと安定しており、ふいに途切れることがほとんどありません。音声も最後まできちんと収録されます。

ゲーム実況の大切な場面を録るときなどは、Macで録画するのがおすすめです。

ステータスバーが赤くならず、きれいに整理される

iPhone単体の画面収録と違って、ステータスバーは赤くなりません。赤いステータスバーはかなり目立つので、こちらのほうが自然と言えるでしょう。

そして細かいポイントですが、ステータスバーを見ると
●電波状況が常に最善の状態
●時刻が常に9時41分
●バッテリーが常に100%
になります。

電波状況やバッテリーがマックスになるのは単純にそのほうが見栄えがいいから。9時41分というのは、初代iPhoneの発表会でその画面がお披露目された記念すべき時間です。

▲電波状況やバッテリーがマックスになっていると見栄えがよい。

Android単体で画面録画する方法

『AZ スクリーン レコーダー』アプリで録画する

Androidでは『AZ スクリーン レコーダー』というサードパーティ製アプリが多機能で、評判も非常に良いのでおすすめです。

  • iOS
  • Android

無料

AZ スクリーン レコーダー

Hecorat

3.19
アプリストアを見る

▲まずGoogle Playで『AZ スクリーン レコーダー』をインストールして、ホーム画面へ。

▲画面に表示されたカメラボタン(好きな場所に動かす・非表示にすることも可)を選択。

▲扇状に広がるボタンはカスタマイズ可能。録画ボタンを押すと、3カウント後に録画が始まる。

▲録画を終了するときは通知領域から[停止]を選択。指定した場所に動画が保存される。

『AZ スクリーン レコーダー』は自在なカスタマイズ性が凄い

このアプリがすごいのは、単に録画するだけでなく編集もできること。設定項目も豊富で、目的に合わせて自在なカスタマイズができます。

▲撮影した動画一覧。編集ボタンを押すと編集モードに入る。

▲文字入れ、ステッカー、回転、など基本的な編集をこのアプリでまかなえる。

▲解像度やフレームレートの設定も可能。動画を軽くするためあえて画質を下げるのはよくあるテクニック。

iPhoneに公式で用意されている画面録画機能は純粋に録画するだけですし、編集機能や画質設定などのオプションもありません。

高い自由度で思い通りの動画を撮れるのが『AZ スクリーン レコーダー』の強みです。

  • iOS
  • Android

無料

AZ スクリーン レコーダー

Hecorat

3.19
アプリストアを見る

『Google Play ゲーム』アプリで録画する

Google公式の画面録画アプリもあります。それは『Google Play ゲーム』。ゲームというだけあって実況向けの録画機能となっており、ゲーム画面の隅に自分の顔を映し出せるのが特長です。

  • iOS
  • Android

無料

Google Play ゲーム

Google LLC

3.16
アプリストアを見る

▲『Google Play ゲーム』を開くと、インストールしているゲームアプリが出てくる。録画したいものを選択。

▲上部にある録画ボタンを選択。

▲ゲーム画面の隅に録画ボタン、インカメラ切替ボタン、マイク切替ボタンが出てくる。録画ボタンを押すと3カウント後に録画開始。

自分の顔も写しつつ手軽に録画できるのが特長。編集はパソコンで行う方や、特に細かい設定機能が不要な方は、こちらのアプリでシンプルに録画してもいいでしょう。

  • iOS
  • Android

無料

Google Play ゲーム

Google LLC

3.16
アプリストアを見る

画面録画ができないときの原因と対策

録画がうまくいかないときは、次の点をチェックしてみてください。

Androidのバージョンが古すぎないか

『AZ スクリーン レコーダー』の場合はAndroid 5.0 Lollipop以上が必要。要件を満たしていても、できるだけ最新バージョンを使うほうがおすすめです。

端末がそもそも非対応ではないか

『Google Play ゲーム』は最近の近年のAndroidスマホであればほぼ対応していますが、古いスマホだと非対応のため使えないことがあります。

公式ヘルプより確認できるので、端末が対応しているか確認してみてください。
サポートされている端末 - Google Play ヘルプ

『Google Play ゲーム』はゲームアプリ専用

『Google Play ゲーム』の録画機能は、その名の通りゲーム実況向けの録画機能のため、基本的にはゲームアプリで使うことになります。

非ゲームアプリの録画をする場合は、『AZ スクリーン レコーダー』など他アプリを使うのがおすすめです。

録画した動画の保存に役立つ『Google フォト』

動画ファイルは写真よりはるかに重いので、スマホ内に保存していると空き容量がどんどん減ってしまいます。

そこで活用したいのが『Google フォト』というサービス。Googleのオンラインストレージで、無料・容量無制限に写真や動画を保存しておけます。

▲インターネット上の倉庫のようなイメージで、写真や動画をいくらでも保存可能。

ゲーム実況で録画した動画のお蔵入りファイルを保存する場所としても活躍します。

Google フォトに保存する際の特徴として
●サイズが10GB以上の動画は保存できない
●フルHD(1080p)以上の動画はフルHDまで圧縮される
というものがあります。

ただスマホで1~2時間動画を録画しても10GBを超えることはまずありませんし、フルHDでも十分に高画質なので困ることは特にないでしょう。

詳細な使い方は、こちらの記事をご覧ください。

『Google フォト』の使い方。容量無限でアップし放題【iPhone/Android/PC】 - Appliv TOPICS

簡単にバックアップできて基本無料&容量無制限のクラウドストレージサービス『Google フォト』。有名なサービスですが、全機能を把握している人は意外に少ないのではないでしょうか? 本記事では『Google フォト』の基本的な使い方からあまり知られていない便利機能まで、徹底的に解説していきます。

mag.app-liv.jp

幅広く役立つ画面録画を活用しよう

画面録画といえばゲーム実況で使われることが多いと思います。ただその他にも例えば、スマホに詳しくない親のために使い方動画を撮ってあげたり、調べ物をするときに見たサイトの記録を残しておいたり、いろいろな活用法があります。

保存場所に困ることもありませんし、ぜひ画面録画機能を積極的に活用してみてください。

こちらの記事もおすすめ

iPhoneの便利な使い方まとめ 知っておくと役立つテクニック集 - Appliv TOPICS

Appliv TOPICSで取り上げた、iPhoneをもっと便利に活用するためのテクニックをまとめました。基本から応用編まで、知っておくと役に立つ使い方が揃っています。 あなたはどれだけiPhoneを使いこなしていますか? ぜひチェックしてみてください。

mag.app-liv.jp
ゲーム実況アプリ『Mirrativ』iPhoneだけで録画・配信する方法&PC版の使い方 - Appliv TOPICS

ゲームやアプリの実況を生配信できるアプリ『Mirrativ(ミラティブ)』。スマホから直接配信できるAndroidと違い、iPhoneはPC接続する必要があるなど使い勝手に難がありました。 しかし、iOS 11よりiPhone単体での配信が可能に! 配信方法をわかりやすく解説します。

mag.app-liv.jp

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。