• TOP
  • iPhone・iPad
  • iPhoneの写真・動画バックアップ方法5つ iCloud/Mac/Googleフォト等

iPhoneの中にある大事な写真はバックアップしていますか? 故障や水没でデータを失わないよう、しっかり対策しておきたいです。

この記事では、写真をバックアップする5つの方法をご紹介。メリット・デメリットの比較や、各サービスに写真をバックアップする手順を解説します。それぞれ見比べたうえで、自分に合ったサービスを利用してください。

目次

あわせて読みたい
iPhoneのバックアップ、復元、データ移行のやり方。iTunes・iCloud共に解説

『iCloud』Appleのクラウド。同期が優秀だが容量は少なすぎる

Apple製のクラウドストレージ。iPhoneを使っている人であれば誰でも無料で5GBの容量が与えられています。

メリット:Apple純正の安心感と、手間いらずのバックアップ

Apple純正だけあってバックアップに何の手間もかからず、自動でまめに(=iPhoneがWi-Fi環境で充電されるたびに)バックアップを取ってくれます。

ちなみにクラウドストレージとして見れば同期機能が秀逸。iPhoneで撮影した写真がすぐMacに反映されて編集できたり、Macでダウンロードしてきた動画がiPhoneで視聴できたり、Appleデバイス間での同期がなめらかです。

デメリット:無料では容量がわずか5GB

最大のデメリットは、無料ではなかなか使い物にならないこと。容量5GBしかないため、動画をアップしたらすぐ埋まります。写真だけアップしても埋まるのは時間の問題でしょう。なお有料プランの価格は次の通り。

月額価格(税込)
50GB:130円
200GB:400円
2TB:1,300円

機能面では全く問題ないので、課金してもいいという人にはおすすめです。

iCloudを使った写真バックアップ方法

▲ホーム画面の[設定]アプリを開き、自分のApple ID名を選択。

▲[iCloud]。

▲[iCloudバックアップ]。

▲[iCloudバックアップ]をオンにし、[今すぐバックアップを作成]。

これでバックアップが完了しました。

容量が埋まってしまった場合は、「iCloudストレージに十分な空き領域がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません」とエラーメッセージが表示されます。

iCloudの容量を購入したり写真を減らしたりして対応してください。

『iTunes』MacにもWindows 10にも対応。iCloudより完全なバックアップ

iCloudバックアップはiPhone単体で行えますが、MacやWindows PCを使ってiTunesでバックアップする方法もあります。

メリット:写真以外のデータも完全バックアップ。容量の心配も少ない

iCloudバックアップは写真や設定など一部のデータに限られます。例えばiPhoneが故障して復元する際、元の状態を完全に復元できるわけではありません。

iTunesであればiPhone全体のほぼ完全なバックアップをとるので、復元時に安心です。

データはPC内に保存されるため、iCloudの5GB制限と違って空き容量の心配が少ないのもメリット。

デメリット:MacやWindows PCの容量が必要

当たり前ですがPCが必要になります。

またPCの空き容量があまりに少なすぎると、バックアップデータを保存しきれません。逆にiPhoneのデータが大きすぎて、PCの空き容量を圧迫することも考えられます。

PCの空き容量があまり無い場合は、この方法はおすすめできません。

iTunesを使った写真バックアップ方法

LightningケーブルでiPhoneをPCに接続します。アクセス許可を求めるアラートが出たら許可してください。

▲画面上部に表示されているiPhoneマークをクリック。

▲「バックアップ」欄で[このコンピュータ][iPhoneのバックアップを暗号化]にチェックを入れ、[今すぐバックアップ]を選択。

これで写真に限らずiPhone全体のバックアップがとれます。

『Mac』『Windows』パソコン派なら写真を取り込んで管理

上述のiTunesバックアップは、写真というよりiPhone全体をバックアップする機能。そうではなく写真だけをPCに取り込んで管理することもできます。

メリット:iPhoneではできないファイル管理が自由自在

iPhoneでは画像ファイル名を変更したり、好きなように並び替えたりできません。iOSにはファイル管理の概念がないため、PCを使い慣れている人にとっては不便に感じることもあります。

MacやWindowsに写真を移せば、ファイル名を変更したり、テーマ別フォルダで分類したり、自由自在に整理・加工しながらバックアップできるのが嬉しいです。

デメリット:ケーブル接続やファイル整理などの手間がかかる

いわば自力で画像ファイルを管理するため、ファイルをPCに読み込んだり、読み込んだ後で保存用フォルダに振り分けたりと手間はかかります。

もちろんだからこそ思いのままにファイル管理できるわけで、もともとPC派の人にとって大きなデメリットではないでしょう。

Macを使った写真バックアップ方法

iPhoneとMacをLightningケーブルで接続します。「このコンピュータを信頼しますか?」と警告が出たら[信頼]を選択してください。

▲Macにデフォルトで入っている[イメージキャプチャ]アプリを起動。

▲取り込みたいものを選択して[インポート]すると、Macのダウンロードフォルダ内に取り込まれる。

あとはMac内で自由にファイル管理すればOK。

ちなみにAirDrop機能を使えば無線でもファイル送信できますが、重い動画ファイルだと失敗しやすいこともあり有線のほうが確実です。

Windows 10を使った写真バックアップ方法

iPhoneとMacをLightningケーブルで接続します。「このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?」と警告が出たら[許可]を選択してください。

▲エクスプローラ上で[Apple iPhone]を右クリックし[画像とビデオをインポート]を選択。

▲どの写真を取り込むか選択するなら[インポートする項目を確認、整理、グループ化する]を選択。新しい写真をまとめて取り込むなら[すべての新しい項目のインポート]。

▲インポート中に[インポート後に消去]のチェックを入れればiPhoneから写真を削除できる。

▲ピクチャフォルダに写真が取り込まれた。

あとはPC内で自由にファイル管理すればOKです。

『Google フォト』最有力のストレージ! 写真も動画も無料&容量無制限

ここまでApple純正のバックアップ手法を中心にご紹介しました。iCloudやiTunesのバックアップは面倒な操作が一切なく手軽です。

ただ写真の量が増えてくると、クラウドやPCの空き容量がどんどん圧迫されますよね。そこで使いたいのが『Google フォト』。写真や動画を保管しておく場所としては、今回取り上げる5サービスの中で1番おすすめです。

メリット:長時間の動画でも存分にアップし放題

とにかく無料・無制限のインパクトは圧倒的。

デメリット欄で記載するようにいくつかの制限はあるものの、たいていの画像・動画をいくらでもアップできるのは本当にありがたいです。

デメリット:重すぎるファイルは圧縮される

画像は1600万画素以下、動画は1080p以下に圧縮されます。とはいえiPhone Xのカメラは1200万画素ですから圧縮対象になりませんし、動画の1080pも十分な高画質です。

その他、次の制限があります。
●10GB以上のファイルはアップできない
●短期間に大量(数十GBほど)のファイルをアップすると一時制限がかかる
●画像・動画以外のファイルやRAWファイルはアップできない

Google フォトを使った写真バックアップ方法

スマホアプリ版やPC版の他、PCブラウザでのアップロードも可能。

ここではiPhoneの写真を自動バックアップするため、iPhoneアプリの使い方をご紹介します。

まず『Google フォト』アプリをインストールして起動。写真へのアクセスを求められたら[許可]。

  • iOS
  • Android

無料

Google フォト - 写真や動画を保管

Google, Inc.

4.53
アプリストアを見る

無料

Google フォト

Google LLC

3.68
アプリストアを見る

▲「バックアップと同期」をオンにし、「高画質」にチェックを入れてGoogleアカウントでログイン。

▲iPhone内の写真・動画がGoogleフォトへ自動アップロードされていく。

▲メニューから[空き容量を増やす]を選択すると、Google フォトへアップ済の写真がiPhoneから削除される。

  • iOS
  • Android

無料

Google フォト - 写真や動画を保管

Google, Inc.

4.53
アプリストアを見る

無料

Google フォト

Google LLC

3.68
アプリストアを見る
『Google フォト』の使い方。容量無限でアップし放題【iPhone/Android/PC】 - Appliv TOPICS

簡単にバックアップできて基本無料&容量無制限のクラウドストレージサービス『Google フォト』。有名なサービスですが、全機能を把握している人は意外に少ないのではないでしょうか? 本記事では『Google フォト』の基本的な使い方からあまり知られていない便利機能まで、徹底的に解説していきます。

mag.app-liv.jp

『Amazonプライムフォト』サイズの大きな写真も無劣化&無制限に保存

Amazonの定額制サービス『Amazonプライム』の加入者のみ利用できるフォトストレージです。先ほどの『Google フォト』と違って画像劣化がなく、写真や画質にこだわる人にはピッタリです。

Amazonプライムとは? 14のメリットや、年会費・無料体験方法など解説 - Appliv TOPICS

Amazonの有料会員『Amazonプライム』について、会費や特典、逆にデメリットや注意点も詳しくご紹介します。

mag.app-liv.jp

メリット:RAWファイルを含め、写真を無劣化でアップし放題

『Google フォト』はRAWファイルに非対応で、1600万画素以上の画像は圧縮されてしまいます。『Amazonプライムフォト』であればRAWも扱え、画質も変わりません。

iPhoneとは少し話が変わりますが、一眼レフでRAWの写真をよく撮る人にはこのサービスが最適です。

デメリット:動画は無制限ではない。プライムの加入も必須

無制限にアップロードできるのは写真のみで、動画は制限があります。

日本のAmazonプライム年会費は3,900円で長らく続いています。しかしアメリカではプライム年会費が大幅にアップしたこともあり、日本でも値上げするかもしれません。そうなったとき、プライムの解約をしづらくなってしまうのが懸念です。

Amazonプライムフォトを使った写真バックアップ方法

スマホアプリ版やPC版の他、PCブラウザでのアップロードも可能。

ここではiPhoneの写真を自動バックアップするため、iPhoneアプリの使い方をご紹介します。

まず『プライムフォト』アプリをインストールして起動。

  • iOS
  • Android

無料

AmazonのPrime Photos

AMZN Mobile LLC

3.55
アプリストアを見る

無料

Amazon Photos

Amazon Mobile LLC

3.24
アプリストアを見る

▲Amazonプライムに加入済のアカウントでログインし、写真へのアクセスを求められたら[許可]。

▲自動セーブについての許可を求められるので[OK]。

▲iPhone内の写真が自動でアップロードされてゆく。

▲アップロード完了後。『Google フォト』と違ってアップ済の写真を削除する機能はない。

  • iOS
  • Android

無料

AmazonのPrime Photos

AMZN Mobile LLC

3.55
アプリストアを見る

無料

Amazon Photos

Amazon Mobile LLC

3.24
アプリストアを見る
Amazonプライムフォト使い方完全ガイド【iPhone/Android/PC】 - Appliv TOPICS

Amazonのプライム会員向け写真ストレージサービス、『プライムフォト(Prime Photos)』。プライム会員は追加料金なく、写真を無劣化&容量無制限でアップロードできるのが最大の特長です。この記事では、使い方やよくある質問などの情報をまとめました。

mag.app-liv.jp

大切な写真をいつまでも残すために、しっかりバックアップを

それぞれの特徴を踏まえて、複数のサービスを使い分けるのもおすすめです。後年に思い出として楽しめるよう、撮影した写真データはしっかりバックアップして保存しておきましょう。

こちらの記事もおすすめ

iPhoneのスクリーンショット撮影方法まとめ。長い画面も1枚で撮れる - Appliv TOPICS

iPhoneのスクリーンショット(以下スクショ)機能は意外と奥深いです。ボタンが壊れた状態での撮影や、画面に収まりきらないページの撮影も可能。基本的な使い方から、裏ワザ的な撮り方までまとめました。

mag.app-liv.jp
【iPhone】LINEトーク履歴のバックアップ・引き継ぎ方法。機種変更も安心 - Appliv TOPICS

スマホを新しくしたらLINEのトーク履歴が全部消えちゃった。そんな経験、ありませんか? せっかくの大切な思い出が消えてしまうのはもったいないですよね。 この記事では、iPhoneでLINEのトーク履歴を引き継ぐ方法をご紹介します。公式の機能なので簡単・安全にできますよ。

mag.app-liv.jp

iPhoneの便利な使い方まとめ 知っておくと役立つテクニック集

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。