• TOP
  • アプリレビュー
  • ホラーゲーム『つぐのひ ー閉ざされた未来ー』レビュー 人気シリーズ最新作!

数々のブラウザホラーゲームを手掛けたImCyan(アイムシアン)の新作! 2018年7月18日に、つぐのひシリーズ最新作『つぐのひ ー閉ざされた未来ー』が公開されました。

それに加え、シリーズ第1作目の『つぐのひ』もスマホでプレイ可能に。niconicoのゲーム配信サイト「ゲームマガジン」のアプリ『ゲーマガ』にて、同シリーズ『シキヨク -夢魅テルは夢見てる-』と共に配信されています。

本記事ではスマホでも遊べるブラウザゲーム『つぐのひ ー閉ざされた未来ー』をレビュー。つぐのひシリーズのおさらいから、新作のあらすじなどを紹介します。

プレイはこちらから
つぐのひ ー閉ざされた未来ー
  • iOS
  • Android

無料

ゲーマガ

DWANGO Co., Ltd.

-

無料

ゲーマガ

株式会社バカー

-

あわせて読みたい
【閲覧注意】本当に怖い和風ホラーゲームおすすめ15選。静けさが恐怖に変わる

つぐのひシリーズとは? 横に進むだけなのに手が震える、日常浸食リアルホラー

ImCyanによるホラーゲームシリーズ。何気なく過ごしていた日常が、どんどん恐ろしいものに浸食されていく様子が楽しめます。クリアまで15~20分ほどと短く、プレイしやすいのも特徴です。

シリーズ通して、ステージを左に移動していくだけの簡単な操作。ですがだんだん背景が仄暗くなっていき、窓辺や路地の隙間に“なにか”が写り込んでいきます……。

ImCyan公式サイト

▲ひたすら左に向かって進んでいく。背景やキャラクターが実写のように描かれており、リアリティがある。

『つぐのひ ー閉ざされた未来ー』同じ1日を何度もやり直す、少女の結末は……

浮かない顔で夕暮れ時の町を歩く少女。「今日もダメだった」「やり直したい」そう呟きながら向かった場所……。そこは夕暮れが一望できる、大きな橋の上でした。

真っ赤な夕暮れと、橋の下にある川。サラサラと流れる水の音が、少女の憂いを晴らしてくれるのかと思いきや……。

なんと橋の手すりの上に、何のためらいもなく上ってしまったではありませんか。彼女が立っているのは、川に落ちるか落ちないか手すりギリギリのところ。

そして表示される「やり直す」という文字。まさか……。

バシャン。

水に叩きつけられる音と共に、画面が真っ暗に。そして「もう1回」という文字が画面に表示されます……。

おそらく少女は自殺することで、同じ1日を繰り返す能力(?)がある模様。「やり直せるから大丈夫」その安心感が日常を蝕んでいるとも知らず、少女は何度も何度も川に飛びこんでいたのです……。

そしてまた繰り返される、まったく同じの1日。しかし浸食は確実に進み、恐ろしいものに形を変えてひっそりと姿を現し始めます……。

よく背景を見てください。ガラス扉の隙間……なにか白い人のようなものがこちらを覗いているのがわかりますか?

日を進めるごとに変化は大きくなっていき、より恐ろしく不気味なものに。しかし少女は「あともう1回だけ」と繰り返し続けるのです。

やり直した先に待っているものとは? 少女の努力は報われるのか? そして最終日、町の様子はどうなってしまうのか……? 衝撃の結末に注目です。

本作はつぐのひシリーズ前作をプレイしていなくても楽しめます。物語はオリジナル。本記事で初めてシリーズを知った人でも気軽に遊べるでしょう。

本当の恐怖はすぐそばに。あなたの日常にも、ひっそりと……

さっき通った時は無かったのに……そんなアハ体験を楽しめるつぐのひシリーズ。動画サイトでも人気があり、ゲーム実況動画が多数投稿されています。プレイが怖い人はそちらを見るのもおすすめです。

だんだん元の日常に戻れなくなる恐怖を味わってみてくださいね。

つぐのひ ー閉ざされた未来ー
スマホのホラーゲームの限界を追求する『ザイザックス』最恐アプリ集 - Appliv TOPICS

ホラーゲームの人気アプリを量産している『ザイザックス』社をご存じでしょうか? ホラー1作目の『無影灯』から大ヒットし、それ以降のアプリも安定して高く評価されているゲームデベロッパーです。 過去の成功体験に縛られることなく、コンセプトを一新した作品を次々にリリース。それでいて毎回面白いので、「ここのゲームはどれも期待できる」と熱心なファンを生み出しています。 この記事では、ザイザックス社のホラーゲームを一挙ご紹介すると共に、開発者インタビューで伺ったこだわりポイントや苦労話なども織り交ぜました。

mag.app-liv.jp
【夏のホラーゲーム特集】戦慄の病院ホラー4選。闇に潜むのは人か、それとも…… - Appliv TOPICS

日本の夏。心霊の夏。 というわけで、4週にわけてお送りしているホラーゲーム特集。第1回は和ホラー、第2回は海外ホラーをテーマにお送りしてきました。 ……が、連載を担当していたライターが「もう怖いのヤダ!」と音を上げてしまったので、急遽バトンタッチ! 最近見たホラー映画は「死霊館」、好きなホラーゲームは「トワイライトシンドローム」と、超偏った趣味のホラーファンである筆者が代打を務めさせていただきます。

mag.app-liv.jp

この記事を書いたライター

さんばり

お酒とマンガとゲームが好き
ずっと冬がいい

ゲーム・カメラ・イラスト系の記事をよく書いています