• TOP
  • Amazon
  • 『Amazon Pay』QRコード決済の使い方 レジでスマホを見せるだけで支払い完了

2018年8月29日、アマゾンジャパンは決済サービス『Amazon Pay』を、実店舗でのQRコード決済に対応させたと発表しました。客側は登録や手続きがいらず、手持ちのAmazonアプリで今すぐ利用可能。

この記事では実店舗でのQRコード決済方法や、そのメリットについて解説します。

目次

あわせて読みたい
Amazonギフト券の使い方まとめ。格安の購入法や有効期限、買取について

『Amazon Pay』実店舗での支払い方法

商品を購入する側の一般ユーザーは、新しい登録・手続きなどいらず、もちろん商品代以外の手数料なども一切かかりません。

必要なのは、すでにある『Amazon ショッピングアプリ』のみ。

  • iOS
  • Android

無料

Amazon ショッピングアプリ

AMZN Mobile LLC

4.32
アプリストアを見る

無料

Amazon ショッピングアプリ

Amazon Mobile LLC

3.91
アプリストアを見る

▲『Amazon ショッピングアプリ』のメニューから[すべてを見る]を開く。

▲[Amazon Pay]を選択。

▲QRコードが表示された。これをお店の人に見せるだけ。

▲店舗側には専用のタブレット端末が置いてあり、このカメラで客のQRコードを読み込む。
出典:NIPPON Tablet

支払いはAmazonアカウントに登録しているクレジットカードで行われます。複数のクレジットカードを登録している人は選択可。また決済後には確認メールも送られてきます。

まずは新宿区や福岡市の飲食店・土産屋など数十店舗からスタートし、小規模店舗を中心に拡大していくそう。幅広い店が対応し、ますますキャッシュレスな社会になりそうです。

『Amazon Pay』やQRコード決済のメリット

古いスマホでも利用できる

QRコード決済のメリットは、ほぼ機種を選ばず誰でも利用できること。

たとえば『Apple Pay』の実店舗決済はiPhone 7以降の新しい機種でしか利用できません。QRコード決済は古いスマホでもほぼ利用できるので、これまで『Apple Pay』や『おサイフケータイ』を使えなかった人に朗報です。

現金のやり取りをする手間が省ける

これはQRに限らずキャッシュレス決済全般のメリットですが、現金のやり取りが省けるのが便利。

バッグから財布を取り出し小銭を数える手間がなくなるのはもちろん、持ち運ぶ現金が減ることで盗難・紛失リスクが減るメリットもあります。

支払い履歴がデータとして残る

どこにいくら払ったのか正確に記録されるため、お金の流れを把握・確認しやすくなります。

特にAmazonはもともとショッピングサービスですから、ネットショッピング・実店舗ショッピングの履歴をまとめて1つのAmazonアカウントで管理できるのは便利ではないでしょうか。

他社のQR決済サービスではポイントが付くところもあるため、Amazonもいずれポイントなど特典をつけてくる可能性もあります。

ぜひ普及してもらいたいサービス。今後の発展に期待

既存のおサイフケータイなどが使えない人にとっては今後の発展に期待したいサービスです。

QRコード決済サービスはLINEや楽天など他社からも出ていますが、AmazonユーザーにとってはAmazonのQR決済が1番便利かもしれませんね。

日本でもキャッシュレス決済の選択肢が当たり前になって、財布や小銭を持ち歩かず生活できる社会になる日が楽しみです。

こちらの記事もおすすめ

Amazonアプリの便利な使い方10個 PC版にないメリットを紹介 - Appliv TOPICS

Amazonユーザーの皆さん、普段Amazonでの買い物はどのデバイスから行っていますか? スマホアプリ版を使っていない方は、ぜひこちらも使ってみるのがおすすめ。PC版にはない機能がいくつもあり、快適な買い物ができます。 この記事ではアプリ版の便利機能を徹底網羅。ワンランク上の使い方をご紹介します。

mag.app-liv.jp
クレジットカード『Amazon Mastercard』クラシック&ゴールド別 完全ガイド - Appliv TOPICS

三井住友カードとAmazonが提携し、Amazonユーザーにおトクな特典を盛り込んだ『Amazon Mastercard』。 加入を検討している方や利用し始めたばかりで疑問点がある方のために、この記事でさまざまな情報を網羅しました。カード利用にあたって参考にしてください。

mag.app-liv.jp

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。