• TOP
  • iPhone・iPad
  • iOS 12で進化した『おやすみモード』の使い方 iPhoneの通知を完全オフ!

iPhoneの通知や着信を全てオフにしたいと思ったことはありませんか? 『おやすみモード』を使うとそれが可能になります。

おやすみと言っても就寝時に使うとは限らず、単に「通知音・着信音・警告音がオフになる機能(アラームは鳴る)」と思って頂ければOK。

iOS 12ではこの機能がより便利になったので、実践的な使い方をご紹介します。

あわせて読みたい
iOS 12で進化した『通知』の使い方 「目立たない形で配信」とは?

『おやすみモード』が役立つシチュエーション

iPhone本体横のスイッチを切り替えて使うマナーモード(サイレントモード)が似ていますが、マナーモードは音が出ないだけで通知・着信は画面に表示されますよね。

『おやすみモード』中なら、たとえ電話がかかってこようと画面に何の変化も起きず、バイブが鳴ることもありません。

●勉強・仕事に集中するため通知を切りたい
●映画館にいて画面が点灯するのを避けたい
●普段はバイブを使うが、会議中はバイブすら鳴らないでほしい
●動画を撮影するので、着信で撮影を中断されたくない(着信すると撮影が切れるため)

などのニーズに応えてくれます。

『おやすみモード』の使い方

基本的な使い方

基本的な使い方は、コントロールセンターでオン・オフを切り替える、ただそれだけです。

▲コントロールセンターにある月マークが『おやすみモード』のボタン。

▲タッチして点灯すれば『おやすみモード』が作動。通知や着信を表示させなくなる。

『おやすみモード』を解除するタイミングを指定

『おやすみモード』自体は以前からありましたが、iOS 12ではモードを解除するタイミングが指定できるようになりました。

ボタンを3D Touchで押し込む(3D Touch非搭載なら長押しする)と、次の画面になります。

▲おやすみモードを解除するタイミングを指定できるように。

【1時間】
1時間後にモードを解除。

【今日の夜まで】
19時になったらモードを解除。

【この場所から出発するまで】
iPhoneの位置情報をもとに、現在地から離脱したらモードを解除。

【このイベントが終了するまで】
カレンダーの情報をもとに、現在進行中のイベントの終了時刻になったらモードを解除。

解除するタイミングをあらかじめ指定すれば、解除し忘れる心配がありません。

詳細な設定

ホーム画面の[設定アプリ]→[おやすみモード]へアクセスすれば、より詳細な設定ができます。

▲通知を「常に知らせない」にするとiPhone操作中でも通知が来ない。ゲーム実況動画を撮るときに役立つ。

▲「着信を許可」から特定の相手だけは電話を受けたり、「繰り返しの着信」をオンにすることで2度目の電話は受けたりすることも。

解除後は通知センターを確認しよう

『おやすみモード』作動中は通知・着信が一切来ませんが、だからといって作動中に来た通知・着信が抹消されるわけではありません。

通知センターを見れば、作動中に来ていた通知を確認できます。

▲「ロック画面」と「通知センター」がほぼ同じ画面で紛らわしいが、iPhoneの画面上端から下スワイプして出てくるのが通知センター。

解除後には通知センターをチェックして、大事な通知が来ていなかったか確認するといいですよ。

『おやすみモード』を活用して、通知に無駄に振り回されない生活を過ごしましょう!

こちらの記事もおすすめ

iOS 12『計測』アプリの精度を検証! 実用に耐えうる正確さか? - Appliv TOPICS

2018年8月18日、iPhoneの新OS『iOS 12』が公開されました(設定アプリより無償アップデート可能)。 新機能のひとつとして、Apple純正の『計測』アプリが追加されています。これはAR機能を活用して、カメラをかざすだけで物の長さを計測するもの。 これまでもサードパーティから類似アプリが出ていましたが、iOS 12にはパワーアップしたAR機能『ARKit 2』が搭載されるため、より高精度な測定が期待できるわけです。 どのくらいの精度なのか、さまざまな物を測って検証してみました。

mag.app-liv.jp
iPhone XS・XS Maxにおすすめのアプリ7選 新機能をフル活用 - Appliv TOPICS

iPhone XS・XS Maxが発売されましたね。購入して早速ウキウキしながら使っている方も多いのではないでしょうか。 この記事では新しく登場したiOS 12の新機能も踏まえつつ、iPhone XS・XS Max・XRと相性の良いアプリをご紹介。新型iPhoneを最大限に有効活用しましょう!

mag.app-liv.jp

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。