12万本以上もの映画やドラマを楽しめる大手動画配信サービス『dTV』。4K画質に対応した作品もありますし、ぜひ大画面のテレビでも楽しみたいものです。

『dTV』をテレビで見るにはいくつかの方法があるので、それぞれの特徴や必要機器の価格などをまとめました。これから購入を検討している方など、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
『dTV』徹底ガイド 無料登録方法、メリット・デメリット、会員料金など

『dTVターミナル』で見る

『dTV』や『dTVチャンネル』などドコモの映像サービスを全て楽しめるセットトップボックス。Android TVを搭載しています。

ドコモの映像サービスのほかYouTubeも視聴可能。有線LANコネクタもあり、安定した接続が見込めます。

出典:dTVをマルチデバイスで楽しもう|dTV公式

『dTVターミナル』のメリット・デメリット

【メリット】
●価格が比較的安い
●ドコモ関連の映像サービスには全て対応している

【デメリット】
●Huluなどドコモ以外の映像サービスには非対応

『Chromecast』で見る

Googleから販売されているテレビ視聴デバイス。本記事で取り上げたさまざまなデバイスの中でも特に普及しており、YouTubeやGoogle Pay Movieはもちろん、Google以外の映像サービスにも幅広く対応しています。

出典:ビックカメラ | Google chromecast

『Chromecast』のメリット・デメリット

【メリット】
●あらゆる映像サービスに対応。主要どころはほぼ網羅
●デバイスがコンパクトで場所を取らない
●リモコン不要。スマホやPCから操作するシステム

【デメリット】
●60fpsには非対応
●メモリーやストレージ容量など詳細スペックが公表されていない

『Fire TV Stick』で見る

Amazonが提供するスティック型の安価なデバイス。スティック本体をテレビのHDMI端子に差し込み、手軽に『dTV』を視聴できます。YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Huluなど幅広い動画サービスに対応https://mag.app-liv.jp/。

2018年12月12日より、新モデルとなる『Fire TV Stick 4K』が販売されます。その名の通り4K動画に対応し、より高精細な映像を楽しめます。

『Fire TV Stick』のメリット・デメリット

【メリット】
●幅広い映像サービスに対応
●デバイスがコンパクトで場所を取らない
●比較的スペックが高い
●リモコンは音声認識機能つき

【デメリット】
●YouTubeの「アプリ」は2018年より非対応に(ブラウザで視聴できる)

【2019】Fire TV Stickでは何ができる? 4Kとの比較、対応サービス一覧、初期設定 - Appliv TOPICS

『Apple TV』で見る

Apple製のTV視聴デバイスです。他のデバイスに比べて高いですが、iPhoneをリモコン代わりに使えるなど利便性が高く、Apple製品をよく利用している人ならTVもAppleでまとめると良いかもしれません。

以前はAmazonプライム・ビデオが視聴できませんでしたが、2017年末に対応しました。

出典:Apple TV(第4世代) 32GB - Apple(日本)

『Apple TV』のメリット・デメリット

【メリット】
●幅広い映像サービスに対応。
●iPhoneやMacの画面をテレビで流すなどApple製品との連携がスムーズ
●iPhone等をリモコンにして操作できる

【デメリット】
●他社デバイスに比べて高価

『ブラビア』『ビエラ』など対応スマートテレビで見る

対応しているスマートテレビであれば、別途機器を用意しなくてもスマートテレビのみで『dTV』を視聴できます。

具体的な対応機種は
●ソニー「ブラビア」
●パナソニック「ビエラ」
●東芝「レグザ」
●船井電機「4010シリーズ」他
●日立「Wooo」

さらに詳細な型番などは以下で確認できます。
dTV|dTV対応テレビ一覧

スマートテレビのメリット・デメリット

【メリット】
●別途機器を用意し接続する手間がかからない

【デメリット】
●dTVを見る目的で新しく買うには高価

『ひかりTVチューナー』で見る

80以上の専門チャンネルが楽しめる『ひかりTV』を契約すれば、『ひかりTVチューナー(トリプルチューナー)』を通して『dTV』を視聴できます。

出典:対応チューナー | ご利用ガイド | ひかりTV

『ひかりTVチューナー』のメリット・デメリット

【メリット】
●ひかりTVの番組も視聴できる

【デメリット】
●dTVを見る目的で新しく買うには高価

ゲーム機(PS4、Nintend Switchなど)での視聴はできない

残念ながらdTVはどPlayStation 4などのゲーム機には対応していません。どうしてもゲーム機で映画やドラマを視聴したい場合は、AmazonプライムビデオHuluU-NEXTなど他のサービスを利用しましょう。

大きなテレビ画面でゆったりと番組を楽しもう

同じ番組でもスマホの小さな画面で見るより、テレビの大きな画面で見るほうがやはり迫力があります。テレビで見るための手段は幅広いので、自分に合った方法を見つけて映画やドラマを楽しんでください。

こちらの記事もおすすめ

『dTV』徹底ガイド 無料登録方法、メリット・デメリット、会員料金など - Appliv TOPICS
『dTV』動画をダウンロードしオフライン再生する方法・注意点【iPhone/Android】 - Appliv TOPICS
dTV

株式会社NTTドコモ

3.18

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る