• TOP
  • iPhone・iPad
  • iPhone『Safari』でPCサイトを表示する方法・モバイル表示に戻す方法

iPhoneデフォルトのブラウザアプリ『Safari』でWebサイトを閲覧すると、基本的には自動でモバイル専用の表示になります。しかしモバイルサイトでは一部機能が制限されているケースも少なくなく、どうしてもパソコン(デスクトップ)向けの表示に切り替えたい場合があるでしょう。

本記事ではiPhoneでPCサイトを表示する方法をご紹介。パソコンを持っていない人、パソコンを使えない環境にある人は覚えておくと便利です。

目次

『Safari』でパソコン向けの表示に変更する方法

1.URL横の更新ボタンを長押し

2.「デスクトップ用サイトを表示」をタップ

これでパソコン向けの表示に切り替わります。

※表示が切り替えられないサイトもある

ブラウザのサイズに応じてページのレイアウトを切り替える「レスポンシブルデザイン」を導入しているサイトなどの場合、上記の方法を使っても表示が期待したように変更できないことがあります。

モバイル表示に戻す方法

PCサイトからスマホサイトへ表示を戻したい場合は、『Safari』をタスクキルで完全に終了させてから再起動しましょう。

1.ホームボタンを2回押す。ホームボタンがない端末(iPhone Xなど)は画面下部から上へスワイプ

2.『Safari』のサムネイルを上をフリックして終了させる

3.『Safari』を再起動

これで表示がモバイル向けに戻ります。

こちらの記事もおすすめ

iPhone『AirDrop』使い方と設定 使えない時の対処法、AirDrop痴漢対策など - Appliv TOPICS

iPhoneのユーザー同士で、写真や動画などを送り合える『AirDrop』。手間がかからないうえ高速で送受信できる利便性が特長です。筆者もこの機能はよく使っており手放せません。 この記事では『AirDrop』初心者向けの使い方解説、不具合が起きたときの対処法、そして昨今話題の「AirDrop痴漢」についても詳しく記しました。

mag.app-liv.jp
iPhoneの使い過ぎを制限『スクリーンタイム』の使い方と設定方法 - Appliv TOPICS

iPhoneの「使い過ぎ」について不安を抱いたことがある人は少なくないと思います。動画サイトをつい何時間も見てしまう、子どもが1日中ゲームばかりしているなど、心配の種は様々です。 その悩みを解決する助けになるのが、iOS 12の新機能『スクリーンタイム』。どのアプリを何時間使っているのか可視化される機能で、アプリの利用制限もかけられます。この記事では詳しい活用方法を解説。iPhoneを賢く使うための参考にしてみてください。

mag.app-liv.jp

この記事を書いたライター

フクハラノゾム

ゲーム、アプリ、映画やドラマ、エンタメ系コンテンツにはなんでも興味津々です。新しもの好きで、新サービス新アプリはひとまず触りたい派。
デレステプロデューサー。CuP。卯月担当。PLV301。最近は自分がアイドルなのではないかと思い始めている。