• TOP
  • iPhone・iPad
  • iPhone スリープ(自動ロック)までの時間を変更する方法

iPhoneは一定時間操作をしないと自動的に画面が消え、スリープ状態になる「自動ロック」機能が備わっています。本記事ではiPhoneがスリープするまでの時間を変更、もしくはスリープしないようにする方法を解説。

何か作業をしながらiPhoneを見ているとき、勝手に画面が暗くならないようにしたい。iPhoneのバッテリー消費を抑えたいから、できるだけ早くスリープ状態になってほしい。様々なケースで役立つテクニックなので、覚えておきましょう。

「スリープって何?」という方は、この記事の後半を参照してください。

目次

あわせて読みたい
iPhoneの便利な使い方まとめ 知っておくと役立つテクニック集

スリープ(自動ロック)するまでの時間を変更する方法

1.ホーム画面で「設定」をタップ

2.「画面表示と明るさ」をタップ

3.「自動ロック」をタップ

4.スリープまでの時間を選択

スリープまでの時間は 30秒、1分、2分、3分、4分、5分 の6段階で設定可能です。自動ロックがかからないようにしたい場合は「なし」を選択しましょう。

ここでは仮に「5分」を選択します。

5.前の画面に戻り、選択した時間が表示されていれば設定完了

注意! 「低電力モード」にすると30秒でスリープ状態に

上記の設定でスリープまでの時間を長く設定しても、「低電力モード」になっていると30秒で自動ロックされます。

「なし」に設定したのに画面が消える、スリープまでの時間が短い気がするといった問題が発生した場合は、「低電力モード」になっていないか確認してください。

▲ホーム画面から [設定] → [バッテリー] と進み、「低電力モード」にチェックが入っていないか確認。

「スリープ」とは? 「電源オフ」との違い

電源がオンになっており、ディスプレイに何も表示されていない状態のことです。

スリープ状態のときは電力消費を抑えて、バッテリーの節約に。また操作ができない状態なので、誤タップ・誤操作を防止できます。

画面が暗く操作ができない状態というと、「電源オフ」にした時に似ていますが、まったく異なる状態です。

電源をオフにするとバックグラウンドでアプリが動かなくなり、メールやLINE等の通知も届かなくなります。バッテリーの消費を大きく抑えることができますが、スマホの機能を一切使えません。

その点スリープ状態では着信やアプリの通知を教えてくれますし、起動までも一瞬です。

▲電源をオフにすることと、スリープすることは別物。

こちらの記事もおすすめ

iPhone『ボイスメモ』使い方ガイド 保存、復元方法、録音時間など - Appliv TOPICS

iPhoneをICレコーダーとして活用できる、Apple純正の『ボイスメモ』アプリ。会議の議事録やアイデアの記録など使い道は幅広いです。筆者もインタビュー記事を書くときに活用したり、音声日記をつけたりと重宝しており手放せません。 USBやSDカードを使わず、クラウドやBluetoothで外部と送受信できるのも魅力。さらにiOS 12(macOS Mojave)からはiPad版・Mac版ボイスメモも登場したうえ、デザインや操作性が刷新されました。 この記事では基本の使い方の流れから、よくある疑問や注意点などを解説。意外と知らない情報もあると思うので、目を通してみてください。

mag.app-liv.jp
iPhoneの文字サイズを変える方法 大きなフォントで見やすく - Appliv TOPICS

Webサイトを見たり、メモやカレンダーを使ったりしているとき、iPhoneの画面に表示される文字が小さくて読みづらいと感じたことはありませんか? そういう場合は本体の設定で、文字の大きさを変更できます。 フォントを大きくするだけでなく小さくすることも可能なので、1画面に表示されるテキスト情報を増やしたい方にも便利な機能です。ぜひ覚えておきましょう。

mag.app-liv.jp

この記事を書いたライター

フクハラノゾム

ゲーム、アプリ、映画やドラマ、エンタメ系コンテンツにはなんでも興味津々です。新しもの好きで、新サービス新アプリはひとまず触りたい派。
デレステプロデューサー。CuP。卯月担当。PLV301。最近は自分がアイドルなのではないかと思い始めている。