URLを手打ちしなくても、カメラで読み取るだけでサイトへアクセスできる便利な「QRコード」。本記事では誰でも簡単に無料でQRコードを作れる便利なサイト・アプリをご紹介します。

チラシに公式サイトへのQRを載せたり、オフ会などのイベントで配る名刺にSNSアカウントへのQRを付けておくといった利用方法が可能です。企業やお店はもちろん、個人でも色々活用できるでしょう。

おすすめサイト『QRのススメ』 簡単! 早い! スマホでもPCでもOK

とにかく簡単で手軽なのが、Webツールの『QRのススメ』。アプリやソフトのインストールが不要で、スマホ・パソコンどちらからでも利用できます。

QRのススメ

『QRのススメ』の使い方

以下ではスマホを使って作成の流れをご紹介します。パソコンもほぼ同じ流れで、とても簡単なので戸惑うことはないでしょう。

1.サイトにアクセスし、QRコードにしたいデータを選択

今回は一番ベーシックな「URL」を選択します。

2.URLなどの情報を入力

▲入力ミスをしないように、大事な情報はコピー&ペーストするのがおすすめ。

3.サイズ・カラーなど、細かい調整・設定をする

必要事項を入力したら、画面を下にスクロール。サイズなどの細かい設定ができるので、調整を行いましょう。

調整できる項目

■サイズ
スマホ:2サイズ(小さい、大きい)
パソコン:7サイズさ(らに小さい、小さい、自動サイズ(普通)、大きい、さらに大きい、特大、超特大)

■カラー
スマホ:11色(黒、赤、茶、緑、青、ネイビー、モス、ムラサキ、オリーブ、オレンジ、灰)+背景色を薄く入れられる
パソコン:QRコードと背景それぞれカラーコードで指定可能

■アレンジ
スマホ:角丸にできる
パソコン:設定できない

■ファイル形式
スマホ:PNG、JPEG
パソコン:PNG、JPEG、EPS

4.「保存する」をタップ

5.QRコードを長押しして保存

QRコードだけのページが開くので、画像を長押しして保存してください。

可愛さ重視のアプリ『Clipbox QR』 QRコードをおしゃれにアレンジ

単色のQRコードでは物足りない。デザイン性の高いQRを作りたい。そんな方には『Clipbox QR』というアプリがおすすめです。

Clipbox QRコード

KGC

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Android版は配信されていません

ロゴを入れたり、

写真を入れたり。インパクトのあるQRコードが作れます。(上の2つを読み取ると、Appliv TOPICSのURLが出てきます。)

『Clipbox QR』の使い方

1.「作成タブ」を開き、「新規作成」をタップ

2.タイトル・QRにしたいテキスト(URLなど)を入力し、「つくる」をタップ

3.「背景画像を選ぶ」をタップ

4.背景にしたい画像を選んで、「完了」をタップ

▲カメラロールに保存している画像を背景に設定できる。

5.QRコードの色を選択

▲青、ピンク、黄、赤、緑、紫、黒の7色から選択可能。

6.「保存」をタップ

これでQRコードが完成。保存すると、再編集できなくなるので注意しましょう。

背景色とQRの色が近いなど、読み取りにくいと判断された場合はアラートが表示されます。そのまま保存することもできますが、できればアラートが出ない色を選択した方がいいでしょう。

7.カメラロールに保存したいQRコードを選択

手順6の時点では、まだ画像保存はできていません。作成したQRコード一覧で、保存したいQRコードをタップしてください。

8.右上「…」をタップし、「画像を保存」でカメラロールに画像保存

以上で作成完了です。

このように個性的なQRコードができます。

「QRコード」とは?

「QRコード」はデンソー(現デンソーウェーブ)が開発した二次元コード。実は日本発の技術です。スマートフォンの普及に伴って、日本だけでなく世界中で使われるようになりました。

QRはQuick Response(クイックレスポンス)の略で、高速読み取りできるのが特徴。バーコードよりも格納できる情報量が多く、数字だけでなく英字・漢字・ひらがな・カタカナなど多言語のデータを格納可能です。

▲QRコードの一例。これを読み取ると「Appliv TOPICS」のURLが出てくる。

こちらの記事もおすすめ

専用アプリ不要!「QRコードを読み取る」簡単な方法 iPhone・Android対応 - Appliv TOPICS
暇つぶしにゲーム! おすすめ無料アプリ30選 短時間で遊べて面白い【2019】 - Appliv TOPICS