• TOP
  • Twitter
  • Twitter「ハッシュタグ」とは? 正しい付け方・便利な使い方

Twitter(ツイッター)などのSNSで使われる「ハッシュタグ」っていったい何? 今さら聞けないという初心者の方にハッシュタグとは何か、正しい付け方、便利な活用方法を解説します。

「ハッシュタグ」とは? ツイートにタグを付けて分類

Twitter、Instagram、Facebookなど、様々なSNSで使用されている、キーワードやトピックを分類するためのタグ(ラベル)のこと。「#○○○○」と、頭にハッシュ記号を付けたキーワードを指します。

ハッシュタグを付けておけば、何に関する投稿であるかを端的に示すことが可能です。またハッシュタグの付いた投稿は簡単に一覧でき、知りたいことに関する投稿を検索したり、同じ趣味嗜好のユーザーと交流したりする際に役立ちます。

Twitterでのハッシュタグの歴史

今でこそ当たり前のように使われているハッシュタグですが、元々はユーザー発信による非公式のルールでした。

それが大きな広がりを見せ、2009年にTwitterが公式にハッシュタグ機能の実装を発表。当初は英数字しか使えませんでしたが、2011年からはひらがな・カタカナ・漢字に対応し、日本語ハッシュタグも使えるようになりました。

今では便利機能としての用途はもちろん、大喜利やネタとして使われることも。多くのユーザーに愛用されています。

ハッシュタグの付け方

ハッシュタグの付け方は簡単。「#」に続けて、好きなキーワードを入力するだけです。複数のハッシュタグを付けたい場合は、間にスペースを入力してください。

また、ハッシュタグは文頭、文中、文末どこにでも入れられます。

ハッシュタグを付けるときに気をつけたい3つの注意点

注意1:『#』は「シャープ」ではなく「ナンバー」

ハッシュタグの頭に付けるのは「♯(シャープ)」ではなく、「#」という記号です。シャープを頭に付けても、ハッシュタグになりません。

「#」を変換で出したいときは、「ナンバー」もしくは「井桁(いげた)」と入力しましょう。

また全角のハッシュ記号「#」もハッシュタグと認識してくれないので、シャープ記号と同様に注意してください。

▲ハッシュタグとして認識されると文字が青色に。シャープ記号を付けた場合はハッシュタグにならず、文字が黒いまま。

注意2:数字だけの文字列はハッシュタグにならない

数字だけのときはハッシュタグになりません。前後どちらでも構わないので、必ず数字以外の文字を入れましょう。

注意3:「&」を入れると途中で切れてしまう

残念ながら「&」はハッシュタグに使えません。キーワードの間に入っていると、「&」以降がハッシュタグにならず、途切れてしまいます。

ハッシュタグの活用方法

ワンタップでハッシュタグ付きのツイートを検索

タイムラインでハッシュタグをタップすると、検索画面に切り替わって関連するツイートをすぐ一覧できます。気になるキーワードがあったら、まずはポンとタップしてみましょう。

エイプリルフールやハロウィンなど、盛り上がっている時事ネタやイベントもこれで楽しめます。

ハッシュタグ検索で自分の投稿を見てもらえる。ただし付けすぎ注意

ハッシュタグを付けて投稿すれば、フォロワーだけでなく、ハッシュタグ検索をした人にもツイートを見てもらえます。目に触れる機会が増え、同じ興味を持っている人との交流も増えます。

ただし、ハッシュタグの付け過ぎは避けるのがベター。ハッシュタグは文字数が許す限り、何個でも付けることができます。多くの人にツイートを見てほしいと思ったら、とにかくたくさんハッシュタグを付けたくなりますが、スパム(迷惑ツイート)のように見えてしまうのでオススメしません。2、3個程度にしておくのがよいでしょう。

人気のハッシュタグで流行をチェック

検索画面に出てくる「おすすめトレンド」をチェックすれば、今何がTwitterで流行っているかがすぐわかります。

知らなかったキーワードも、ハッシュタグ検索でいろんなツイートをチェックすればどういったものかがわかるでしょう。これで流行に乗り遅れることもありません。

こちらの記事もおすすめ

Twitter(ツイッター)の検索コマンド全19選 日付やアカウントを指定して探す - Appliv TOPICS
Twitter(ツイッター)使い方&便利ツールまとめ 基本から応用まで - Appliv TOPICS
Twitter

Twitter, Inc.

4.31

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る