• TOP
  • Android
  • Androidスマホでスクリーンショット(スクショ)を撮る方法

LINEで送ったり、SNSでシェアしたり、メモ代わりに使ったり。スマホの画面を撮影して画像化する「スクリーンショット」機能はとても便利です。

Androidスマホの基本の撮り方や保存先、1画面に収まりきらないWebページ全体を画像化する応用テクニックを解説します

iPhoneのスクリーンショット撮影方法まとめ。長い画面も1枚で撮れる

スクリーンショットの撮影方法

「電源」と「音量を下げる」を同時に長押し(Android 4.0以降)

Android4.0以降の標準的なスマホでは、「電源」ボタンと「音量を下げる」ボタンを同時に長押しすることでスクリーンショットが撮れます。

ボタンの位置は機種によって異なるので、事前にチェックしておきましょう。

電源ボタンを長押しして、「スクショ」をタップ(Android9.0以降)

Android9.0以降のスマホでは、電源ボタンを長押しして、出てきたメニュー内の「スクショ」をタップすればスクリーンショットが保存されます。

一部端末ではスクショ方法が異なる

GALAXYシリーズの一部では電源とホームボタンの同時長押しで撮影できるなど、端末よっては上記の方法と異なる手順でスクショできる場合があります。

スクリーンショットの保存先・確認方法

スクショした画像は、スマホ端末内に保存されます。具体的には「Pictures」フォルダ内の「Screenshots」に保存されています。

自動でここに格納されるようになっており、保存先を変更することはできません。

スクショした画像を見たいときは、「ギャラリー」「Googleフォト」などのアプリから見られます。

スクリーンショットができないときの原因

動画配信サービスなど、一部アプリではスクショを禁止している

『Hulu』などのような動画配信サービスでは、動画視聴中の画面はスクショできないように制限されています。撮ろうとすると、「セキュリティポリシーにより、画面をキャプチャできません。」等のメッセージが出て撮影できません。

スマホのストレージ(容量)が不足している

当然のことながら、スマホ自体の容量がいっぱいの状態では画像が保存できないため、スクショもできません。

Android OSのバージョンが4.0未満

古いOSではスクリーンショット機能そのものが搭載されていません。

[設定] → [システム] → [端末情報] と進み、自分のスマホのOSバージョンを確認しましょう。(機種によってメニュー内の文言が違う場合があります。)

上下に長いページ全体をスクショするアプリ『LongShot for long screenshot』

1画面に収まりきらない縦に長いページを1枚の画像で保存したいときは、専用のアプリを使いましょう。

例えば『LongShot for long screenshot』というアプリ。

LongShot for long screenshot

Leav Jenn

最初のレビューを書こう!

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Google Playを見る

まずURLを直接入力する、検索するなどして、このアプリでスクショしたいWebページを開きます。

保存したいところまでスクロールしたら、右下の「End here and capture」をタップ。

これで通常の手順では撮れない、縦に長いスクショができます。

画面を動画で録画(動画キャプチャ)する方法

『AZ スクリーン レコーダー』などのアプリを使えば、スマホの画面を動画で保存することもできます。

詳しい手順は以下の記事をご確認ください。

iPhone・Androidの画面録画(動画キャプチャ)方法まとめ - Appliv TOPICS
AZ スクリーン レコーダー

Hecorat

3.29

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Google Playを見る

こちらの記事もおすすめ

Androidスマホの通信量節約 ギガ不足・通信制限を回避する方法【2019版】 - Appliv TOPICS
Androidロック画面のカスタマイズ術 壁紙の変更方法から劇的大改造まで伝授 - Appliv TOPICS