YouTubeは動画を再生するとき、ネットワークの速度や再生するデバイスの画面の大きさに応じて、自動で画質を調整してくれます。

しかし、どうしてももっと高画質で見たい場合や、通信量を抑えるために画質を落としたい場合は、手動で画質を変更可能です。本記事では画質の設定方法をわかりやすく解説していきます。

スマホ(iPhone・Android)で画質を変更する方法

やり方はiPhone・Androidどちらも基本の流れは同じです。以下ではiPhoneを使って解説します。

1.動画再生画面で右上のメニューボタン(・が縦に3つ並んだボタン)をタップ

YouTube再生画面

▲動画を再生中に画面をタップすると、メニューボタンが出てくる。

2.「画質」をタップ

設定メニュー

3.好きな画質を選択する

画質を選択

以上で設定完了。

数字が大きいほど、画質は綺麗です。スマホでの視聴なら360pか480pでも十分でしょう。120pにすると、かなり荒い印象を受けます。

一度変更するとアプリに設定が保存され、以降は別の動画でもその画質で再生されます。元に戻したいときは、画質選択メニューで「自動設定」にしてください。

パソコン(ブラウザ版)で画質を変更する方法

1.動画再生画面で歯車アイコンをクリック

YouTubeパソコン版再生画面

2.「画質」をクリック

設定メニュー

3.好きな画質を選択する

画質を選択

以上で設定完了。

スマホアプリより高い画質を選択できるようになっています。「HD」や「4K」なら、大きなテレビ画面に映し出しても綺麗に見られるレベルです。

注意点

設定できるのはあくまで動画プレイヤーの設定です。アップロードされている動画自体の画質が悪い場合は、質をそれ以上あげることはできません。

また再生するデバイスのスペックや通信環境によっては、高画質を選択すると再生が難しい場合があります。

こちらの記事もおすすめ

広告なし・オフライン再生『YouTube Premium』徹底ガイド 料金、加入方法など - Appliv TOPICS
【2019】動画配信サービスおすすめ11社比較 映画・ドラマ・アニメが見放題! - Appliv TOPICS
YouTube

Google LLC

4.47

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る