「YouTubeで見たあの動画をまた見たい」と思ったときに開くのが「再生履歴」。今までに見た動画を確認でき、便利な機能です。

一方で、どんな動画を見ているかという情報は、他人にはあまり見られたくないプライベートな部分でもあります。

本記事では再生履歴の確認方法と、履歴の消し方を解説します。

あわせて読みたい
広告なし・オフライン再生『YouTube Premium』徹底ガイド 料金、加入方法など

動画の再生履歴を見る方法

スマホ(iPhone・Android)のやり方

画面右下の「ライブラリ」タブをタップすると、「最近視聴したコンテンツ」として直近に見た16件の動画が表示されます。

また「履歴」をタップすれば、さらに過去へ遡って再生履歴を見られます。

▲下へスクロールすると、ずっと再生履歴を遡っていける。

パソコン(ブラウザ版)のやり方

画面左上のボタンをクリックしてメニューを開き、「履歴」から再生履歴一覧を表示できます。

再生履歴の削除方法

スマホ(iPhone・Android)のやり方

特定の動画の履歴のみを消す

再生履歴一覧を開き、履歴から消したい動画のメニューボタン(・が縦に3つ並んだボタン)をタップ。「[再生履歴]から削除」を選択すれば削除できます。

まとめてすべての履歴を消す

再生履歴一覧を開き、右上のメニューボタンをタップし、「履歴の管理」を選択します。

設定画面に遷移するので、「履歴とプライバシー」の「再生履歴を削除」をタップ。最終確認のポップアップが出てきたら、「再生履歴を削除」をタップですべての履歴が消えます。

パソコン(ブラウザ版)のやり方

特定の動画の履歴のみを消す

再生履歴一覧を表示中に、削除したい動画へカーソルを合わせると、右上に「×」ボタンが出ます。ここをクリックすれば履歴から削除可能です。

まとめてすべての履歴を消す

再生履歴一覧の画面で、右側にある「すべての再生履歴を削除」をクリック。

最終確認のポップアップが出てきたら、「再生履歴を削除」をクリック。これですべての再生履歴が消えます。

再生履歴を消す際の注意点

削除した履歴は復元できない

一度削除した再生履歴は戻りません。本当に消していいのか、しっかり確認しておきましょう。

おすすめ動画がリセットされる

『YouTube』がレコメンドしてくる動画は、再生履歴に基づいています。再生履歴がなくなると、的確なレコメンドが届かなくなる可能性があります。

視聴時間が正しく計算されない

YouTubeアプリには視聴時間を確認する機能がありますが、これも再生履歴をもとに算出されています。履歴を削除すると、削除した分だけ視聴時間が減ることを覚えておきましょう。

視聴時間の確認方法については下の記事をご覧ください。

YouTube 視聴時間の確認方法・見すぎを防止するやり方【iPhone/Android】 - Appliv TOPICS

再生履歴を残さずに動画を視聴する方法

YouTubeアプリには「シークレットモード」機能が備わっています。シークレットモードに切り替えた状態でアプリを利用すると、その間の使用履歴が一切残りません。

設定方法は簡単。右上のアイコンをタップしてアカウントメニューへ。「シークレットモードをオンにする」をタップすれば、シークレットモードに切り替わります。

シークレットモードを終了したい時は、右上のアイコンをタップ。「シークレットモードをオフにする」を選択すれば、通常のYouTubeに戻ります。

パソコンの場合は、再生履歴一覧の右側にある「再生履歴を一時停止」をオンにすれば、動画を再生しても履歴に残らないようになります。

こちらの記事もおすすめ

YouTube動画をバックグラウンドで再生する方法【iPhone/Android】 - Appliv TOPICS
無料で見られる動画サイト8選 YouTube以外にもある人気サービス - Appliv TOPICS
YouTube

Google LLC

4.47

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る