大規模なキャンペーンやCMで、2018年末のリリースから一気に知名度を高めている『PayPay』。QRコードをかざすだけで買い物ができる便利なサービスである一方、チャージ方法がいくつかあること、キャンペーン特典がチャージ方法により変化することなどわかりにくい部分もあります。

そこでこの記事では、PayPayのチャージ(入金)方法について詳しく解説。手数料やポイント、限度額の詳細について解説します。

目次

PayPayの総合的な紹介記事
『PayPay』使い方ガイド 登録、支払い方法、今後のキャンペーン予定など

PayPayの電子マネーの基礎知識

PayPay残高/PayPayライト/PayPayボーナス の違い

まずPayPayの電子マネーの正式名称ですが「PayPay残高」といいます。

そして「PayPay残高」の中には「PayPayライト」と「PayPayボーナス」の2種類があります。

●PayPayライト:Yahoo! JAPANカードや、Yahoo!ウォレットの預金払い用口座からPayPay残高にチャージした金額
●PayPayボーナス:特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された金額
出典元: PayPay残高とは

つまりは

PayPayライト:自分のお金でチャージしたもの
PayPayボーナス:キャンペーンで付与されたポイント

ということです。買い物する際にこの違いを意識する必要はありませんが、知らないと「ライト?ボーナスって何?」と混乱しがちなので、覚えておくと良いと思います。

またPayPay残高の有効期限は、最後に残高が変動してから2年後。PayPayを日常的に使っていれば、期限切れになることはまずないでしょう。

クレジットカードの場合、残高チャージでなく直接引き落とし

銀行口座・Yahoo! JAPANカードを使う場合、あらかじめPayPay残高をチャージしておき、支払いで使うことになります。

一方クレジットカードを使う場合、PayPayにチャージされることはありません。決済した分だけ、その都度クレジットカードから引き落とされます。チャージしないのでPayPay残高という概念も関係ありません。

アプリ内にお金をチャージする手間がなく、使った分だけ引き落とされるわけですから、ここだけ考えればクレカのほうが便利ですね。

しかしPayPayとしては銀行口座やYahoo!カードを使ってもらいたいらしく、キャンペーンでこちらのほうが遥かに優遇されるため、銀行やYahoo! JAPANカードを使うほうがおすすめです。

PayPay残高をチャージ(入金)する方法

残高をチャージしないクレジットカード払いより、銀行口座などから残高をチャージして使ったほうがおトクです。

例えば「第2弾 100億円キャンペーン」では、銀行口座を登録すると20%のポイント還元。クレジットカードなら10%しかポイント還元がありません。

銀行連携を優遇するキャンペーンは他社でも行われており、今後も続くものと思われます。

チャージするときも支払うときも、手数料は一切なし

買い物をするユーザーに対して手数料は一切発生しません。チャージ、支払い、他者への送金、いずれを何度やっても完全無料。

これはPayPayに限らず、どのQR決済サービスでも同様です。

Yahoo! JAPAN IDとYahoo!マネーに連携する

銀行口座を登録する際、必ずYahoo! JAPAN IDとYahoo!マネーに連携する必要があります。

1. PayPayアプリの[アカウント]タブ→[お支払い方法の管理]を選択

2. [チャージ用の銀行口座を追加]を選択

すぐ真下にある[Yahoo! JAPAN ID連携]を選択しても構いません。やることは同じです。

3. [上記に同意して連携する]を選択

4. Yahoo! JAPAN IDでログイン

アカウントを持っていない場合、新規作成(無料)する必要があります。

Yahoo! JAPAN IDでログインすれば、まず「Yahoo! JAPAN IDの連携」は完了です。引き続き「Yahoo!マネーの登録」を行いましょう。

5. 支払い方法の管理画面に戻るので[Yahoo!マネーを登録する]を選択

6. Yahoo! JAPAN IDを確認して利用規約に[同意する]

7. 携帯電話番号を入力して[認証する]

8. 電話番号宛てに送られた4桁の番号を入力

9. 暗証番号を設定

ここで入力する暗証番号は、自分で新しく作るものです。携帯の暗証番号などと同じにする必要はありません。

送金時や登録情報の変更時などに使われるので、忘れない番号を設定しましょう。

10. Yahoo!マネーの登録が完了

これにてYahoo!マネーの登録が完了しました。もうひと作業だけ必要なので、いったん左上の[×]ボタンで戻ります。

11. [Yahoo!マネーに連携済み(SMS未認証)]を選択

少々紛らわしいのですが、つい先ほど行ったSMS認証は「Yahoo!ウォレット内でのSMS認証」です。今回やるのは「PayPayでのSMS認証」。手順が長いですが、もうすぐで終わります。

12. 電話番号宛てに送られた4桁の番号を入力

13. 設定完了!

これにて銀行登録のための下準備は完了しました。

銀行口座を登録する

幅広い銀行に対応していますが、大手銀行のひとつである三菱UFJ銀行は登録できません。

ここでは一例として三井住友銀行の登録方法をご紹介しますが、他行でも大まかな流れは同じ。その銀行のオンラインサービスにログインして、ヤフー社への口座振替を許可します。

1. PayPayアプリの[アカウント]タブ→[お支払い方法の管理]を選択

2. [チャージ用の銀行口座を追加]を選択

3. 登録したい銀行を選択

4. 口座番号や口座名義などの情報を入力

5. 銀行のサイトに切り替わるので、口座番号を入力してログイン

6. 口座振替の説明や規約を読み[口座振替申込]を選択

7. 登録完了!

これにて全ての準備が整い、PayPayに銀行口座からチャージできるようにあんりました。完了画面が出たら[戻る]または左上の[×]ボタンで戻りましょう。

PayPayの画面に戻ると、下記画像のように銀行情報が追加されています。

Yahoo! JAPANカードを登録する

クレジットカードの中で唯一、例外的な扱いになるのがYahoo! JAPANカード。

他のクレカと違って、銀行口座と同じくPayPayにチャージすることが可能。また「第2弾 100億円キャンペーン」では、

銀行口座:20%還元
Yahoo!カード:19%還元
その他クレカ:10%還元

と銀行口座に近いポイント還元率が設定されています。

1. PayPayアプリの[アカウント]タブ→[お支払い方法の管理]を選択

2. [クレジットカードを追加]を選択

3. [Yahoo!ウォレットからインポート]を選択

Yahoo! JAPANカードは申し込むときに自分のYahoo! JAPAN IDと連携しているため、覚えがなくともYahoo!ウォレットに紐付いているはずです。

4. 表示されたYahoo! JAPANカードを選択

5. 3桁のセキュリティコードを入力

6. 本人認証のパスワードを入力

カード到着後にあらかじめ設定してある本人認証(3Dセキュア)用パスワードを入力します。3Dセキュアを申し込んでいない場合は、「本人認証サービスの登録・停止」から登録ください。

7. 登録完了!

PayPayにチャージする

銀行(またはYahoo! JAPANカード)の登録さえ終えてしまえば、PayPayへのチャージはとても簡単&スピーディに行えます。

1. ホーム画面で[+]ボタンを押す

2. チャージ金額とチャージ方法を設定して[チャージする]

最低100円から、1円単位でチャージできます。残高を使い切って0円にしたいときに金額を微調整できるのがいいですね。

3. チャージ完了!

このほか

●[アカウント]タブ→[お支払い方法の管理]→[PayPay残高にチャージ]
●[残高]タブ→[残高にチャージ]

という手順でもチャージできます。

チャージできない場合の原因

もしチャージがうまくいかない場合、次の項目をチェックしてみてください。

初回利用時に必要なSMS認証が済んでいない

利用にあたっては携帯電話番号を登録し、SMS認証(携帯番号宛てに送られた4桁のコードをアプリで入力)をする必要があります。

▲支払い方法の管理画面で「SMS未認証」という表示が出ていないかチェック。出ていたら、ここをタップしてSMS認証を行う。

(銀行口座の場合)残高が不足している

チャージする際に銀行口座残高が足りなければエラーとなります。

たとえば三菱UFJ銀行をメインで使う人の場合、PayPayのために普段使わない銀行を登録していて残高不足に気づかなかった……といったケースが起こりうるので、チェックしてみてください。

(Yahoo!カードの場合)利用限度額を超えている

クレジットカードであるYahoo! JAPANカードの場合は、限度額を超えてチャージすることはできません。このカードをメインで使っている方は、うっかり限度に達していないかチェックしてみてください。

金融機関のシステムが営業時間外

登録している銀行のシステムが24時間対応ではなかったり、あるいはシステムメンテナンスで一時的に停止している可能性も考えられます。

もしメンテナンスであれば銀行のホームページなどでお知らせされているのでご確認ください。

単なる一時的なエラー

筆者はチャージするうえでエラーになったことはありませんが、銀行口座を登録しようとして「時間をおいて再度お試しください」というエラーが出たことはありました。実際に時間をおいてやり直したら問題なく設定できています。

通信環境にも気を配りつつ、しばらく時間をあけて行ってみるとうまくいくことがあるかもしれません。アプリを1回切ってから再起動したり、スマホ自体を再起動することも一応試してみてください。

今後も銀行口座チャージとYahoo!カードが優遇される可能性大。今のうちに設定を!

QR決済サービスはどこも銀行口座からのチャージを優遇する傾向があり、PayPayに関してはソフトバンクとヤフーの合弁会社が提供しているためYahoo!カードも優遇されています。

これから開催されるキャンペーンでも、銀行口座やYahoo!カードからチャージして買い物するほうがポイントをもらえるなどメリットが期待できるはず。チャージ方法を設定して、次回からよりおトクな買い物を楽しんでください。

こちらの記事もおすすめ

QRコード決済とは? 主要5サービスを徹底比較 ポイント・対応店舗・使い方 - Appliv TOPICS

中国などで広く普及している「QRコード決済」が日本でも広まり、キャッシュレス決済の波が本格的に押し寄せています。 QRコード決済はユーザー・店舗とも導入が手軽で、ユーザーへの手数料や年会費など負担はゼロ。他の電子マネーと比べてもメリットが大きな決済方法です。 LINE、楽天、ヤフーなど各社からQR決済サービスが乱立している状態ですが、どれを使えばいいのでしょうか?主要5社の詳細・メリット・デメリットを比較し、あなたへのおすすめをご紹介。またセキュリティのリスクなど懸念点についても解説していきます。

mag.app-liv.jp
『LINE Pay』とは? 使い方(登録・チャージ・支払い)、ポイント、対応店舗など - Appliv TOPICS

近年QRコード決済(スマホ決済)が広く普及し始めている中、LINEも『LINE Pay(ラインペイ)』という決済サービスを提供しています。 コンビニや飲食などの加盟店で簡単に支払いができてラクなうえ、各種ポイントやキャンペーンで金銭的にもおトク。支払いは銀行口座かコンビニ、ATMのチャージで行い、1度設定さえ済ませれば後は簡単に支払えます。 LINEの友だちに送金することもでき、割り勘や借りていたお金の返済などに最適。決済や送金に手数料はかかりません。 『PayPay』や『楽天ペイ』など他社と比べた『LINE Pay』のメリット・デメリットや、アプリの登録方法、使い方など詳しくご紹介していきます。

mag.app-liv.jp
  • iOS
  • Android

無料

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay Corporation

4.08
アプリストアを見る

無料

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation

4.31
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。