ダンス、口パク、ネタ、ハウツーなど様々な動画が投稿されているショートムービーSNS『TikTok(ティックトック)』。毎日眺めていると、面白い投稿を見つけたり、可愛い・かっこいいユーザーと出会ったりして、この動画を何回も見たいと思うことがありますよね。

そういうときに便利なのが動画保存機能です。公式アプリに備わってる機能で、スマホ本体にダウンロードしておけるので、通信制限を心配することなく何度でも動画を見返せます。

本記事では動画の保存方法、保存できないときの原因・対処を解説します。

TikTokをパソコン(PC)で見る方法 ブラウザで動画を再生

『TikTok(ティックトック)』動画の保存方法

1.保存したい動画を見つけたら、共有ボタンをタップ

2.「動画を保存(ローカルに保存)」をタップ

▲iOSは「動画に保存」、Androidは「ローカルに保存」と表記されている。

これで保存完了。カメラロールを開けば、保存した動画が入っています。手順はとても簡単です。

動画を保存できない原因・対処法

「動画を保存(ローカルに保存)」ボタンが表示されない

そもそもシェアメニューに「動画を保存(ローカルに保存)」のボタンが出てこないケースがあります。

これは「プライバシー設定」の「自分の動画をダウンロードできる人」の項目で、動画をダウンロードできないように投稿者本人が制限をかけていると考えられます。

投稿した人が保存してほしくないと思っているので、動画ダウンロードはしないようにしましょう。

「動画を保存(ローカルに保存)」ボタンが、グレーになっていて押せない

ボタンは出てくるけど、グレーダウンしていてタップしても保存されない場合は、動画に使われている楽曲の版権保持者が、動画ダウンロードを許可していないということです。

裏ワザを使えば保存できないことはないのですが、公式に動画保存を認めていない以上、ダウンロードするのは避けましょう。

▲ボタンをタップしても、「楽曲の版権保持者のリクエストにより、この楽曲を使った動画をダウンロードできません。」とメッセージが出て、保存ができない。

ただしこのケースの場合は、音楽が入らない「GIF形式」なら保存可能です。

「GIFとしてシェア」のボタンをタップすれば、なめらかではありませんが、簡易的な動画としてダウンロードしておけます。

スマホ容量の空きが少ない

そもそもスマホ自体の容量が足りなければ保存はできません。

カメラロールが不要な写真・動画でいっぱいになっていないか確認したり、使っていないアプリを削除したりして、容量を確保してください。

スマホを再起動してみる

スマホ側のトラブルが障害になっている可能性があります。一度スマホの電源を切り、立ち上げなおしてみましょう。

『TikTok』アプリのバージョンを確認する

アプリが古く、予期せぬ不具合が発生している可能性があります。アプリストアを確認して、アップデートを行ってください。

場合によっては、一度アプリを削除して再インストールしてみるのもいいでしょう。

こちらの記事もおすすめ

TikTok パスワードの変更方法・忘れた時の対処法【iPhone/Android】 - Appliv TOPICS
無料で見られる動画サイト8選 YouTube以外にもある人気サービス - Appliv TOPICS
TikTok ティックトック

TikTok Pte. Ltd.

4.17

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る