• TOP
  • LINE
  • LINE(ライン)ポイントの賢い貯め方 使い方と注意点も

今や生活には欠かせない存在となった『LINE』。実は日々の生活でLINEを使いながらこつこつポイントを貯めて、もっと得することができるんです。

本記事では「LINEポイント」の貯め方・使い方を徹底解説! どこで貯まっていくのか、どうやって活用すべきかをチェックして、節約に役立てましょう。

「LINE(ライン)ポイント」とは

LINEポイントは1ポイント=1円として使えるLINEのポイントサービスです。もともと「LINEフリーコイン」というサービスでしたが、リニューアルで「LINEポイント」になり、ポイントの使い道が大幅に広がりました。

LINEの各種サービスを利用することでポイントを獲得でき、スタンプや着せかえの購入が可能。またAmazonギフト券との交換や現金化など、外部サービスでの使い道もあります。

ウォレットタブ

▲[ウォレット]タブでポイントについて確認できる。

LINEポイントの有効期限は180日間

LINEポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得してから180日間です。まずこれはしっかり覚えておきましょう。

LINEポイントの獲得が180日間まったくなければ、LINEポイントが失くなってしまいます。ムダにしないよう、失効する前に使いきりましょう。

LINEポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得した日から180日後です。
ただし、期間限定ポイントの場合はキャンペーン毎に有効期限が設定され、ポイント獲得によって有効期限が延長されることはありません。
出典元: ヘルプセンター | LINE Points

有効期限の確認方法

今持っているLINEポイントの有効期限は、[ウォレット] → [LINEポイント] → [履歴] から確認できます。

LINEポイントの有効期限を確認

LINEポイントの貯め方9つ

LINEポイントはとにかく貯める手段が多いです。ここでは代表的な下記6つの方法をご紹介。

①広告視聴・会員登録等で貯める
②『LINE Pay(ラインペイ)』を使う
③『LINE Payカード』を発行して使う
④LINEのサービス(ショッピング・デリマなど)を利用する
⑤買い物する際に『SHOPPING GO』を使う
⑥「LINEアンケート」に答える
⑦格安SIM『LINEモバイル』を使う
⑧『LINE LIVE』でライブ配信を行う
⑨他社サービスで貯めたポイントから変換する

①広告視聴・会員登録等で貯める

下段右端[ウォレット]タブから[LINEポイント]を開くと、いわゆるお小遣い稼ぎアプリのように多様なポイント獲得手段が用意されています。

LINEアプリ ウォレットタブ

▲LINEアプリを開いたら、[ウォレット] → [LINEポイント] と進む。

「LINEポイント」専用ページ

▲いろいろな方法でポイントを貯めることができる。

「動画をみる」「友だち追加する」「読んでためる」「カード発行する」「応募する」「ショッピング」などさまざまな項目がありますが、この中から好きな方法を使ってポイントを貯めていきましょう。

ポイントを貯めやすい主要なものをご紹介します。

公式アカウントを友だち追加してポイント獲得

LINE各サービスのアカウントや、企業の公式アカウントなどを友だち追加するだけ。簡単なのでもらえるポイントも少ないですが、スキマ時間にでもちょこっと稼げます

なお友だち追加してポイントをもらい、すぐにブロック・削除しても問題ありません

友だち追加でLINEポイントを貯める

広告動画視聴でポイント獲得

各企業の広告動画を視聴することでポイントをもらえます。企業アカウントの友だち追加もセットになっていることが多いですが、不要なら登録後ブロックしても構いません。

動画視聴でLINEポイントを貯める

クイズに回答してポイント獲得

かんたんなクイズに答えるだけで、ポイントをもらえます。ものによりますが、たとえば問題数3問、所要時間1分など気軽に行えるものが多いです。

無料の会員登録でポイント獲得

動画、音楽、マンガ、ショッピングなど、各企業のサービスに無料会員登録することでポイントをもらえます。元から興味のあったサービスであれば、ポイントをもらうついでに加入してみるといいでしょう。

動画視聴などに比べるとハードルが高いため、獲得ポイントは多めです。

無料会員登録でLINEポイントを貯める

クレジットカード発行やローン契約でポイント獲得

LINEアプリからカード会社などのホームページに飛び、所定の契約をすることでポイントがもらえます。もらえる額はだいたい数千ポイントと最高クラス。

ポイント稼ぎのためだけにわざわざ契約するわけにはいかないと思いますが、もともと契約を考えていた人であればLINEを通すことで非常におトクになります。

カード発行でLINEポイントを貯める

商品のQRコードを読み取ってポイント獲得

ペットボトル飲料などに貼り付けられているQRコードを読み取ってポイントがもらえます。確実に付与されるタイプもあれば、抽選で付与されるタイプも。

LINEで応募キャンペーン
ウォレットタブの「コードリーダー」をタップ

▲商品についているQRコードを、[ウォレット]内の[コードリーダー]から読み取る。

②『LINE Pay(ラインペイ)』を使う

LINEが提供するスマホ決済サービス『LINE Pay』を使って買い物をすると、必ず数%のLINEポイント還元がされます。過去には最大20%の高還元キャンペーンも実施されています。

日々の買い物を現金から『LINE Pay』に置き換えれば、それだけでLINEポイントがざくざくと貯まります。

いろいろな決済手段があり、月々の利用額で還元率が変わる

次の取引を行うことで、決済金額の数%かがポイント還元されます。

●QR/バーコード決済(専用のQRコードやバーコードを使って決済)
●LINE Payカード決済(JCBのプリペイドカードを使って決済)
●LINE Pay 請求書支払い(公共料金の請求書に記されたバーコードを読み取って支払い)
●オンライン決済(LINE Payに対応したECサイトで決済)
●LINE Pay 外貨両替(ドル・ウォン・元など対応国の紙幣を自宅に郵送)

還元されるポイントは「マイカラー」と呼ばれる制度で判定。1ヶ月あたりの利用額が多ければ多いほど、還元率も高くなっていきます。

■マイカラーの判定基準

グリーン:10万円以上(2%還元)
ブルー:5万円~9万9999円(1%還元)
レッド:1万円~4万9999円(0.8%還元)
ホワイト:0円~9999円(0.5%還元)

『LINE Pay』とは? 使い方(登録・チャージ・支払い)、ポイント、対応店舗など - Appliv TOPICS
LINE Pay(ラインペイ)最新キャンペーン情報まとめ【12月9日更新】 - Appliv TOPICS
LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ

LINE Pay Corporation

4.02

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

③『LINE Payカード』を発行して使う

スマホ決済サービス『LINE Pay』では、クレジットカードのように使える『LINE Payカード』を提供しています。カードを発行すれば、JCBのクレジットカードを使える店舗・オンラインショッピングであれば、LINE Pay残高で買い物が可能。

『LINE Pay』のQR/バーコード決済と同じく、マイカラーに応じてLINEポイントが貯まります。

出典:【LINE Pay】JCBと提携し国内外約3,000万店で使える お得なおサイフカード「LINE Pay カード」の発行を開始 | LINE Corporation | ニュース

前払い式のクレジットカード、と言えばイメージしやすいでしょうか。あらかじめお金をチャージしなければならないものの、支払いの仕方はクレジットカードと同じ。前払いですから審査もいりません。

JCBブランドに対応した店舗ならどこでも使えるため、本カードメインで生活しているとマイカラーが最高ランクのグリーンになりやすいです。

④LINEのサービス(ショッピング・デリマなど)を利用する

LINEショッピング、LINEデリマ、LINEトラベルjpなど、LINE関連サービスを利用することでポイント還元が受けられます。

たとえばAmazonで買い物するとき、「LINEショッピング」を経由するだけで0.5%のLINEポイントが還元されます。何か買ったりサービスを受けたりする際、「LINEを経由できないかな?」 と調べる癖をつけておけば、自ずとポイントが貯まっていきますよ。

LINEショッピングとLINEトラベルjp

▲左:LINEショッピング、右:LINEトラベル。

⑤買い物に『SHOPPING GO』を使う

『SHOPPING GO』とは、実店舗での商品購入時に専用バーコードを見せることで、LINEポイントが付与されるサービスです。ビックカメラ、ヤマダ電機、ジョーシン、earth music&echologyなどが対応。

さらにお店のポイントカードを出せばSHOPPING GOとは別に、その店舗のポイントも二重取り可能。さらにスマホ決済サービスの『LINE Pay』で支払いを行えば、LINE Payボーナスの三重取りもできます

SHOPPING GO

▲[ホーム] → [サービス] → [SHOPPING GO]と進む。

SHOPPING GO バーコード

▲利用したいお店を選択したらバーコードが表示される。レジで読み取ってもらえればLINEポイントがもらえる。

ウォレットタブ「マイカード」

▲[ウォレット]タブの[マイカード]からもバーコードを表示可能。

⑥「LINEアンケート」に答える

LINEが提供している「LINEアンケート」に協力して、アンケートに回答すると抽選でポイントがもらえます。

アンケートはターゲットに合わせて送られてくるので、LINEアプリで登録しておきましょう。

LINEアンケート

▲[ホーム] → [サービス] → [その他のサービス] → [LINEアンケート] から登録。

⑦格安SIM『LINEモバイル』を使う

LINEモバイル社の提供する格安SIM『LINEモバイル』を契約すると、月額基本利用料の1%がポイント還元されます。ただしLINEポイントを受け取るには「契約者連携」が必須です。

貯まったポイントは月々の支払いに充ててもいいですし、LINE Pay残高に交換して日常生活の買い物などに充てることもでき、使い道の自由度が高いです。

月額料金は他社と比べてだいたい平均的な水準。LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICを使っても通信量がカウントされない使い放題プランもあります。

詳細・加入はこちら

PR LINE MOBILE
SNSが使い放題! 格安SIM『LINEモバイル』なら通信制限の心配ナシ - Appliv TOPICS

⑧『LINE LIVE』でライブ配信を行う

スマホ1台で簡単に生配信ができる『LINE LIVE』。歌を歌ったりパフォーマンスを披露したり、あるいはまったり雑談放送をしたりと、プロアマ問わずいろんな人が自由に配信を行っています。

視聴者は配信者に対して応援アイテムやコメントを投げかけることができ、人気になればなるほど配信者にはLINEポイントが与えられる仕組み。中には月に何十万単位のポイントを稼ぐ人もいるそうです。

LINE LIVE
LINE LIVE - LINEのライブ配信アプリ

LINE Corporation

3.30

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

⑨他社サービスで貯めたポイントから変換する

最初に「広告視聴・会員登録等で貯める」の項目でご紹介したようなポイントを稼ぐサービスは、LINE以外でもいろいろなものがあります。例えばGポイントポイントタウンANA SKYコイン……など。

これらのサイトでは、稼いだポイントの交換先にLINEポイントが用意されています。時間に余裕がある方なら、いくつかのポイントサービスを併用して効率的に稼げるでしょう。

ただ必ずしもポイントの交換レートが1:1ではなく、多少損なレートであったり交換時に手数料を取られたりする点には注意してください

ポイントサイトでLINEポイントに交換

▲左:Gポイント、右:ポイントタウン。

LINEポイントの使い道・交換先7つ

さまざまなポイント獲得方法をご紹介しましたが、ポイントの使い道もまたバリエーション豊か。ほぼ手数料ゼロ(一部例外あり)で、1円の無駄もなくポイントを活用できます。

①スタンプ・着せかえ・絵文字の購入
②LINEギフトの購入・友だちへのプレゼント
③LINE Payで利用
④LINE Pay残高に入れて活用する
⑤銀行から現金出金
⑥Amazonやnanaco等のポイントに交換
⑦LINEモバイルの支払いに充当

①スタンプ・着せかえ・絵文字の購入

おなじみLINEスタンプや着せかえ、絵文字の購入に使えます。

少しややこしい点が1つあり、これらを購入するには「LINEポイント」でなく「LINEコイン」が必要。2ポイント=1コイン に相当するため、100ポイント持っているなら50コインになります。

ポイントからコインへの変換は購入時に自動で行われます。

▲一例として「LINEポイント:22」「LINEコイン:0」の場合。

▲スタンプを購入しようとすると、22ポイントが11コイン(2P=1C)に自動換算される。

②LINEギフトの購入・友だちへのプレゼント

LINEポイント自体を人に譲ることはできませんが、ポイントでギフトを購入して友だちに贈ることはできます。

ギフトの内容はスタバ、ハーゲンダッツといった手軽なものから、お酒、お花、カタログギフトなど種類豊富。自分用に購入もできます。

ウォレットタブの「ギフト」をタップ

▲ウォレットタブの「ギフト」からLINEギフトへ。

▲人に贈るときは「友だちにギフト」、自分用のときは「自分用に購入」をタップ。

③LINE Payで利用

貯めたポイントは、コンビニなど実店舗でのQR/バーコード決済の『LINE Pay』にも利用できます。

LINEポイントは現金で引き出す活用法(後述)もありますが、手数料や手間がかかるのがネック。その点、直接LINE Payで買い物すれば手数料がかからず、お手軽かつお得です。

使い方は簡単で、LINE Payのコードが表示されている画面で「LINEポイント」にチェックを入れておくだけ。決済するときにLINEポイントから優先的に消化してくれます。

LINE Payコード支払い画面

▲LINE Payのコード画面で、「LINEポイント」のチェックをいれるだけでOK。

④LINE Pay残高に入れて活用する

LINEポイントは、LINE Payの残高にそのまま移すこともできます。LINE Pay残高に移動させることにより、

●有効期限が長くなる
(ポイントのままだと「最終獲得から180日」、残高なら「最終変動から5年間」)
●LINEポイントのままでは利用できない使い道に利用できる
(現金化、個人間送金など)

というメリットがあります。

LINEポイントをLINE Pay残高に交換

▲[ウォレット] → [LINEポイント] → [使う] → [LINE Pay]と進み、交換したいポイントを指定する。1ポイントから交換可能。

▲交換が完了すると、LINEウォレットアカウントからチャージ完了のメッセージが届く。

⑤銀行から現金出金

上の項目「④LINE Pay残高に入れて活用する」の応用編。LINE Pay残高に交換した後であれば、セブン銀行ATMや銀行口座から現金で出金可能です。

ただし1回の出金につき216円の手数料がかかります。

LINE Pay残高を出金

▲LINE Payのメニュー画面の[設定] → [出金] から出金できる。

⑥Amazonやnanaco等のポイントに交換

Amazon、nanaco、Ponta、JALマイレージ、メトロポイントなど、外部サービスのギフト券・ポイントに交換できます。

ただし500円分のギフト券に550ポイントが必要になるなど、交換レートが少し損なので注意してください。

LINEポイントを交換

▲[ウォレット] → [LINEポイント] → [使う] から、好きなサービスを選択してポイント交換。

⑦LINEモバイルの支払いに充当

LINEの格安SIM『LINEモバイル』の月額料金の支払いに、貯めたLINEポイントを充てることもできます。

設定すれば毎月全てのポイントを自動で引くこともできるので、「LINEモバイルを契約しているけど、ポイントの使い道は特にない」という方は設定しておくと良いでしょう。

詳細・加入はこちら

PR LINE MOBILE
SNSが使い放題! 格安SIM『LINEモバイル』なら通信制限の心配ナシ - Appliv TOPICS

LINEポイントとLINEコインの違い

LINEポイントは公式アカウントの友だち追加、広告動画の視聴などを通して稼ぐことができます。一方LINEコインは自分の財布からチャージするものです。

スタンプや着せかえの購入にはLINEコインの方が必要ですが、LINEポイントはLINEコインに自動変換されるのでユーザーが心配すべきことはありません。

一方、LINE Pay残高に反映したり銀行から引き出したりする際には、LINEコインでなくLINEポイントが必要。ポイント→コインは自動変換されますが、コイン→ポイントの変換はできません

覚えて置きたいポイント・注意点

貯めるのも使うのも便利なLINEポイントですが、あらかじめ知っておくべきことがいくつかあります。

LINEポイントのプレゼントは不可

LINEポイント自体を人にあげることはできません。ただしポイントでギフトを買って贈ったり、LINE Pay残高交換して送金したり、別の方法に変換して贈ることはできます

ポイント反映に時間がかかることもある

ポイントを獲得する手段はたくさんありますが、即時反映されるものとそうでないものがあります。

公式アカウントの友だち追加や広告動画の視聴などは獲得ポイントが即時反映されますが、カード契約やローン申し込みなど確認に時間がかかるものだと1ヶ月単位で遅れることもあります。

こちらの記事もおすすめ

【2019年版】LINEの裏技・小ワザ46個 知ってると便利な使い方まとめ - Appliv TOPICS
【2019版】LINEの引き継ぎ方法 機種変更時に失敗しないやり方【iPhone/Android】 - Appliv TOPICS
LINE

LINE Corporation

4.44

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
LINE

LINE Corporation

4.44

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る