フリマアプリ『メルカリ』では送料とは別に、販売手数料や振込手数料など様々な手数料がかかります。

この記事では『メルカリ』で洋服やアクセサリーなどの商品を購入・出品をする際、いくら手数料がかかるのか知らない人のために『メルカリ』で発生する手数料について紹介。

手数料の支払いで手元に残った売上金が思った以上に少ない……とならないように、手数料がいくらかかるのか知っておきましょう。また『メルカリ』のスマホ決済サービス『メルペイ』を使うことで、手数料を安く抑えるコツにも注目です。

CHECK!!
Amazonギフトカード訴求

Amazonでのお買い物は、Amazonチャージを使うのがおすすめ!

ワンクッション挟むだけで最大2.5%のAmazonポイントが還元されるので、ぜひ活用してみてください!

メルカリでかかる手数料は6種類

手数料 イメージ画像

販売手数料や決済手数料など、『メルカリ』で発生する手数料は全部で6種類。それぞれどのタイミングでいくら掛かるのかを確認していきましょう。

メルカリでかかる6つの手数料

  • 販売手数料
  • 売上金振込手数料
  • 決済手数料
  • 集荷手数料
  • 組戻し手数料
  • ライセンス料

販売手数料

出品した商品が売れたときに手数料として、売上価格の10%がメルカリにかかります。たとえば1万円の商品が売れた場合は、1,000円の販売手数料がかかるので、自分の手元に残る金額は10,000円-1,000円の9,000円です。

実際に販売手数料がいくら掛かるのかは、商品価格を設定したタイミングに自動で計算されます。また、商品を出品した段階では手数料が発生することはないので安心してください。

売上金振込手数料

『メルカリ』で商品を売って稼いだお金を現金化する場合、金融機関・申請金額にかかわらず通常振込は200円、お急ぎ振込だと400円の振込手数料がかかります。

売上金の金額に関係なく1回ごとに振込手数料がかかるので、こまめに振込申請するのは控えた方がいいでしょう。

決済手数料

決済手数料とは、落札した商品を購入するときに発生する手数料のこと。クレジットカード支払いとメルペイ残高払いで決済する場合は無料ですが、コンビニ支払いやキャリア決済の場合は100円の手数料がかかります。

『メルカリ』で後払いができる「メルペイスマート払い」は、利用都度ではなく決算時に300円の手数料がまとめて発生します。

集荷手数料

『メルカリ』独自の配送サービス「らくらくメルカリ便」で、集荷サービスを依頼する際に30円の手数料が発生。手数料の30円は売上金から引かれるので、配達員に別途で支払う必要はありません。

組戻し手数料

間違った振込口座を指定してしまい、そのまま売上金が振り込まれた場合、『メルカリ』に振り込み直しを依頼する必要があります。その際に売上金振込手数料200円とは別に、630円の組戻し手数料がかかります。

※組戻しは時間がかかるだけではなく、受取人の方と連絡が取れない又は応諾を得られない場合、組戻しは成立しないので売上金は戻ってきません。

ライセンス料

特定の商品が売れたときに発生する手数料。ゲームアプリ「Ingress」とマンガ作品「宇宙兄弟」の二次創作物など、一部のカテゴリーの商品を販売した場合、10%の販売手数料とは別に20%のライセンス料がかかります。

※上記2種類以外の商品にはライセンス料がかからないので、ほとんどの人はライセンス料を気にしなくて大丈夫です。

少しでも手数料を安く抑えるコツ

メルペイを使えば、売上金振込手数料が実質無料

スマホ決済サービス『メルペイ』に売上金をチャージをすれば、200円の振込手数料がかからないので実質無料です。

『メルペイ』はコンビニや飲食店など多くのお店で使えるので、売上金を生活費の足しにしている方にとっては、現金化するのとあまり違いはありません。

メルペイとは? メルカリアプリを使ったスマホ決済サービス

出典:メルペイ メルカリのスマホ決済サービス

フリマアプリ『メルカリ』を通してスマホで支払いができる『メルペイ』。『メルカリ』の売上金をコンビニや飲食店など、全国170万箇所以上のお店でお支払いできます。

『メルペイ』を利用することで180日間という売上振込申請の期限もなくなり、『メルカリ』の売上金を半永久的に保持した状態になります。これまで出金するのに何日間も掛かっていた売上金も、『メルペイ』を介することですぐに使用可能です。

メルペイが使える主なお店

■コンビニ
・セブン-イレブン
・ローソン
・ミニストップ
・ファミリーマート
・ポプラ

■スーパー/ドラッグストア
・イトーヨーカドー
・イオン
・セイコーマート
・キリン堂
・ツルハドラッグ

■飲食店/カフェ
・マクドナルド
・温野菜しゃぶしゃぶ
・かっぱ寿司
・ガスト
・すき家
・牛角
・上島珈琲店
・PRONTO

※一部メルペイを使えない店舗があります

クレジットカードまたはメルペイ残高で支払う

クレジットカード支払い、またはメルペイ残高払いで決済する場合、手数料は一切かかりません。決済手数料はたかが100円ですが何回、何十回と取引を繰り返していると、馬鹿にできない金額になっていきます。

そのため、基本的に『メルカリ』での決済はクレジットカードもしくはメルペイ残高で支払うことをおすすめします。

ただしクレジットカードで分割払いの場合は、各クレジットカード会社の定める分割手数料が発生するので、気をつけて下さい。

利用可能なクレジットカード

・VISA
・MasterCard
・JCB
・AMEX
・DinersClub
・Discover
・セゾンカード
ほか「Vプリカ」など。クレジットカード会社が発行するプリペイドカード

※海外で発行されたクレジットカードは利用できません。

プリペイドカードおすすめ9種を比較! クレジットより気軽で安全

売上金で支払う

売上金をポイント購入もしくは『メルペイ』にチャージして、支払うことで決済手数料がかかりません。『メルカリ』で出品だけでなく購入する機会も多い方は、売上金で購入することで決済手数料が浮きます。

販売価格をゾロ目にする

メルカリでは販売手数料の端数が切り捨てられます。ですので1万円の商品と9,999円の商品を販売した場合、9,999円の方が売上金は変わらず、1円分だけ手数料が安くなります。

<例>
■販売価格10,000円の場合
販売手数料:10,000円×10%=1,000円
売上金:10,000円-1,000円=9,000円

■販売価格9,999円の場合
販売手数料:9,999円×10%=999円(端数切り捨て)
売上金:9,999円-999円=9,000円

販売手数料は安くなりますが売上金は変わらいので、出品者がお得になるわけではありません。ただ購入者が商品価格の安い順で検索した場合、1円でも安い商品が上に表示されるので、商品が売れやすくなります。

メルカリの手数料は高い? ラクマ、ヤフオク!、PayPayフリマ、オタマートと比較

ヤフオク!のフリマ専門アプリ『PayPayフリマ』やアニメ、漫画、ゲームなどのオタクグッズ専門のフリマアプリ『オタマート』など、『メルカリ』と類似したフリマ・オークションサービスの手数料を比べてみました。

フリマアプリ 比較表

販売手数料が安いラクマの方がお得?

販売手数料が『メルカリ』と『ラクマ』とでは4%も違うので、利益率を考えれば圧倒的にラクマの方がお得です。「それならラクマに出品した方がいいのでは?」と思う人が多いことでしょう。

しかし『メルカリ』は『ラクマ』よりも利用者が多い分、商品が売れやすい傾向にあります。そのため早く売上金が欲しい人は『メルカリ』、少しでも利益率を高くして販売したい人は『ラクマ』と使い分けるのがオススメです。

メルカリの手数料は高すぎるわけではない

『メルカリ』は『ラクマ』と比較されやすいので、販売手数料10%は高すぎ……と思われやすいです。しかし『ヤフオク!』、『PayPayフリマ』、『オタマート』と比較してみて分かるように、『ラクマ』が安すぎるだけで販売手数料10%は一般的だと言えます。

『メルカリ』は出品方法が簡単で、配送サービスもしっかりしているので、販売手数料10%は適正価格なのかもしれません。『メルカリ』が無ければ、これほど簡単に商品の取引を行えていませんからね。

販売手数料以外を無料にして、売上金を上手く利用

どうしても販売手数料10%は掛かってしまいますが、その他の売上金の引き出し方や決済方法を工夫すれば手数料は無料にできます。『メルペイ』のおかげで売上金を現金化しなくても、『メルカリ』アプリ内以外で買い物できるようになったのは嬉しい限りです。

こちらの記事もおすすめ

『メルカリ』使い方 登録~購入まで基本の流れ、覚えておくべきルール
『メルカリ』送料が安い配送方法一覧 最安の送り方をサイズ・重量・厚さで比較【2021年版】 
メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

Mercari, Inc.

4.12

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
メルカリの使い方 まとめ

TAG