• TOP
  • iPhone・iPad
  • iPhoneのパスコード(パスワード)を設定・変更・解除する方法

スマホには大切な個人情報がたくさん入っています。そのため他人に盗み見られないよう、ロックをかけておくのが望ましいです。

本記事ではiPhoneの4桁もしくは6桁のパスコード(パスワード)を設定する手順、より複雑なパスコードを設定するやり方を解説します。セキュリティ対策はしっかりしておきましょう。

目次

あわせて読みたい
iPhoneのFace ID(顔認証)を登録する方法、使い方、解除のやり方
iPhoneのTouch ID(指紋認証)を登録する方法、使い方、解除のやり方

パスコード(パスワード)を設定する方法

1.ホーム画面で「設定」をタップ

2.「Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)」をタップ

3.「パスコードをオンにする」をタップ

4.好きな6桁の数字を入力

5.確認のため、もう1度同じ6桁の数字を入力

以上で設定完了です。

次回からiPhoneを起動する際に、6桁のパスワードの入力を求められるようになります。

より複雑な(簡単な)パスコードを設定する方法

6桁の数字では心もとない方、逆にもっと簡単なパスコードにしたい方は、他の種類のパスコードを設定することができます。

やり方は簡単で、パスコード入力画面で「パスコードオプション」をタップ。設定したいパスコードの種類を選択するだけです。

設定できるのは下記の4種類です。

6桁の数字コード

デフォルトのパスコード。6桁の数字を入力します。

4桁の数字コード

6桁よりも入力が少なく済みます。ただしその分、安全性は低くなるので注意してください。

カスタムの数字コード

7桁以上の数字を設定。上記の2つよりも複雑なパスコードが作れます。

カスタムの英数字コード

アルファベットと数字を組み合わせたパスコードです。こちらも7文字以上設定でき、使う文字の種類も多いので、もっとも安全性が高いです。

パスコード(パスワード)を変更する方法

1.ホーム画面で「設定」をタップ

2.「Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)」をタップ

3.パスコードを入力

4.「パスコードを変更」をタップ

5.現在設定中のパスコードを入力

6.新しいパスコードを入力

7.確認のため、新しいパスコードをもう1度入力

以上で設定完了です。次回から新しい方のパスコードが適用されます。

パスコード(パスワード)を解除する方法

セキュリティ面からパスコードを外すことはおすすめできません。しかし特別な理由からパスコードを外したい場合は、下記の手順でパスコードの入力が不要にできます。

1.ホーム画面で「設定」をタップ

2.「Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)」をタップ

3.パスコードを入力

4.「パスコードをオフにする」をタップ

5.パスコードを入力

これでパスコードが解除されます。次回からiPhoneを起動するときに、パスコードの入力が求められません。

こちらの記事もおすすめ

iPhone スリープ(自動ロック)までの時間を変更する方法 - Appliv TOPICS

iPhoneは一定時間操作をしないと自動的に画面が消え、スリープ状態になる「自動ロック」機能が備わっています。本記事ではiPhoneがスリープするまでの時間を変更、もしくはスリープしないようにする方法を解説。 何か作業をしながらiPhoneを見ているとき、勝手に画面が暗くならないようにしたい。iPhoneのバッテリー消費を抑えたいから、できるだけ早くスリープ状態になってほしい。様々なケースで役立つテクニックなので、覚えておきましょう。 「スリープって何?」という方は、この記事の後半を参照してください。

mag.app-liv.jp
2019年から値下げ! iPhoneバッテリー交換方法 予約の流れ、費用、注意点 - Appliv TOPICS

iPhoneをはじめスマホやノートPCにはリチウムイオンと呼ばれるバッテリーが使われています。素早く充電できる上に長持ちするのですが、経年劣化は避けられません。使い込むうちに最大容量は減りますし、いずれバッテリーを交換する必要も出てきます。 本記事ではiPhoneのバッテリーを診断する方法や交換の手順、なるべく劣化を抑えるためのコツを詳しくまとめました。

mag.app-liv.jp

この記事を書いたライター

フクハラノゾム

ゲーム、アプリ、映画やドラマ、エンタメ系コンテンツが好き。デレステ卯月P。