フリマアプリ『メルカリ』で取引をキャンセルしたい場合、一度メルカリ事務局を通す必要があります。ただ取引の状況によっては、キャンセルの申請を取り下げることも。どのような理由で取引をキャンセルしたいのかが重要です。

すでに入金済みであっても取引中止が成立すれば、メルカリ事務局を介して返金されます。この記事ではキャンセルする、される立場で取引中止までの流れを説明していきます。

あわせて読みたい
メルカリの「手数料」徹底ガイド 安くする方法、ラクマなど他社との比較

基本的に自己都合のキャンセルはできない

商品の購入手続きが終わった後に「いらなくなった」「売りたくなくなった」といった自己都合の場合、基本的に取引のキャンセルはできません。ですが、取引相手によってはキャンセルできる場合もあります。

お互いに合意の上ならキャンセル可能

自己都合で取引をキャンセルしたい場合、出品者または購入者にメッセージを送り、キャンセルしたい旨を伝えましょう。取引相手がキャンセルをしても問題ないと了承を得られれば、取引中止が可能に。入金したお金や発送した商品が返金、返品されます。

ただし、自己都合で取引をキャンセルした場合、利用制限や無期限利用停止といったペナルティを受けることも。

ペナルティとは? 利用制限・無期限利用停止・強制退会の3種類

無期限利用停止と強制退会のペナルティを受けると、『メルカリ』が利用不可能に。また、利用制限のペナルティを受けると、いいね・コメント・購入・出品ができなくなります。

取引相手が合意した上で取引をキャンセルした場合でも、理由が自己都合であればペナルティを受ける可能性も。商品の購入・出品は慎重に行いましょう。

断られた場合は、転売して損失を抑えることも

取引相手に断られたときは少しでも損失を抑えるために、購入したときの価格を参考に出品する手段もあります。商品価格によっては、ほぼ同額のお金が返ってくる可能性も。

取引相手の過失であれば、ペナルティなくキャンセル可能

違う商品が届いた、連絡が取れないなど取引相手の過失である場合は、ペナルティなく取引を中止できます。具体的にどのような場合にキャンセルできるのか説明していきます。

購入者がキャンセルできる場合

不備のある商品、不良品が届いた場合

届いた商品が不良品だった、説明と異なる商品だった場合はペナルティなく取引をキャンセルできます。このときに気を付けてほしいのが、受取評価をつけないことです。受取評価をつけてしまうと、届いた商品に納得したと見なされ、取引キャンセルの手続きが困難になります。

入金したのに商品が発送されない場合

商品の購入手続きを済ませて入金したにもかかわらず、商品が発送されない場合も取引をキャンセルできます。ただし、出品者が設定した「発送までの日数」から3日経過するまで待たなければなりません。

「発送までの日数」を4~7日で設定していた場合、10日目に取引をキャンセルできるフォームが表示されます。

出品者がキャンセルできる場合

購入されたのに入金されない場合

上述と逆のパターンで、商品が購入されたのに入金されない場合も取引のキャンセルが可能です。商品の支払い期限から3日経過しても入金されなかった場合に、キャンセルできるフォームが表示されます。

支払い期限は購入日を含めて3日間なので、6日間も待たなければなりません。

発送前に商品が破損したなど、不測の事態があった場合

発送する前に商品が破損したり傷がついたりした時など、不測の事態があった場合も取引を中止できます。この場合は取引相手に連絡し、メルカリ事務局に報告しましょう。

取引のキャンセル申請方法は2通り

期限までに入金されない・発送されない等でキャンセル申請の専用フォームがある場合と、双方が合意したときや不良品が届いたときなど、直接メルカリ事務局に報告する場合とで申請方法が異なります。

専用フォームがある場合の申請方法

手順1. 取引画面の最下部に表示される「この取引をキャンセルする」をタップ

手順2. キャンセル理由を選択し、理由の詳細を記入。「キャンセルを申請する」をタップ
※記載した理由の詳細は取引相手も見れます

手順3. 申請の結果が届くまで待ちます

専用フォームがない場合の申請方法

取引画面に専用フォームがない場合は、メニューからメルカリ事務局に申請しましょう。

手順1. トップページ左上の「三」をタップし、「お問い合わせ」を選択

手順2. 「お問い合わせ項目を選ぶ」を選択

手順3. 「アプリの使い方やその他」を選択

手順4. 「その他」を選択

手順5. 商品IDを記入し、お問い合わせ内容を記載。「送信する」をタップして完了

▲お問い合わせ内容には取引のキャンセルについて記載。

キャンセル時の返金方法

入金した後に取引がキャンセルとなった場合、きちんと返金されるので安心してください。支払い方法に応じて、返金の仕方が異なるので説明していきます。

クレジットカード支払いの場合

取引をキャンセルしたと同時に、クレジットカード決済の取り消し処理を行います。ただ、取引キャンセルのタイミングによっては商品代金が引き落とされた後、翌月以降に返金される場合も。

デビットカード/プリペイドカード支払いの場合

一時的に二重の引き落としが発生する場合があります。返金は早くて数日以内、場合によっては数ヶ月掛かることも。詳しくはカードの発行会社等で確認してください。

Apple Pay/メルペイ支払いの場合

「Apple Pay」で利用したクレジットカード会社から返金されます。メルペイ電子マネー支払いの場合は、メルペイ残高またはポイントとして返金されます。

コンビニ・ATM支払いの場合

決済手数料100円もあわせて、購入者に売上金として返金されます。売上金を現金化するには振込申請の手続きが必要なので、気を付けてください。

キャリア決済(d払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い)の場合

決済手数料100円もあわせて返金されますが、購入日時とキャンセル日時によって返却方法が異なります。詳しくはご利用明細を確認してください。

ポイントを使用した場合

ポイントを使用して購入した場合、商品代の全額がポイントとして返ってくるので注意してください。

※取引中にポイントの有効期限がきれた場合は、取引のキャンセルが成立した日から、5日間有効期限が延長された状態でポイントが戻ってきます。

メルカリ月イチ支払いの場合

支払い状況によって返金方法が異なります。

支払い前:支払い金額からキャンセル分を減額
支払い後:キャンセル分を売上金として返金

キャンセル時の返品方法

不良品や粗悪品、偽ブランドが届いた場合は、取引相手に一度連絡を取ってメルカリ事務局に報告しましょう。重要なことなので何回も言いますが、受取評価は絶対に付けないでください。届いた商品に納得したと見なされ、返品するのが困難になります。

返品は簡単で、基本的に着払いで届け先に送り返します。もし取引相手が元払いを指定しても、従う必要はありません。

しっかり確認して商品の出品・購入を

購入手続き後は基本的に取引をキャンセルできないので、衝動買いは禁物です。本当に欲しいものか、在庫は残っているのかなど確認した上で、出品・購入をしてください。

利用制限といったペナルティを受けると、『メルカリ』でお買い物が楽しめなくなるので、自己都合での取引キャンセルは控えましょう。

こちらの記事もおすすめ

メルカリの「手数料」徹底ガイド 安くする方法、ラクマなど他社との比較 - Appliv TOPICS
『メルカリ』使い方 登録~購入まで基本の流れ、覚えておくべきルール - Appliv TOPICS
メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

Mercari, Inc.

4.37

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る