『ガールズ&パンツァー』劇場版の大ヒットが象徴しているように、今、日本は戦車が熱い!
今回は、戦車ブームの今だからこそプレイしたい、『World of Tanks Blitz』(以下:『WoTB』)を実際のプレイと共にご紹介しましょう!

■『World of Tanks Blitz』は、「戦車感」抜群のオンラインTPS

『WoTB』は、「戦車」、そして「戦車同士の戦い」をリアルに描いたオンラインTPS。戦車愛溢れる徹底した作り込みで全世界の戦車マニアに受け入れられており、今、世界で最も遊ばれている戦車ゲーと言っても過言ではないでしょう。
また、過去に『ガールズ&パンツァー』とのコラボも実現しており、日本での注目度も抜群です。

▲戦車の見た目から動きまで徹底再現。まるで、戦車を手足のように動かせる直感的な操作性もポイントです。

World of Tanks Blitz

WARGAMING Group Limited

3.18

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

■待望の日本戦車実装!現実では弱いと言われるが……

戦車マニアなら必見ともいうべき『WoTB』に、なんとこのたび、我々日本人待望の日本戦車が実装されました。しかし、どうも現実世界の話では、日本の戦車は弱いという風潮がある模様……。
そこで今回は、日本戦車は『WoTB』の世界で通用するのか、実際の戦場で検証してみましょう。

▲ちなみに、日本戦車は最初から使用可能。今こそディーゼルエンジンの底力を見せつけるとき!

■ルノー乙型で出撃。小さいけれども機動性は抜群!

一口に日本戦車と言っても、性能はピンキリ。今回は「ルノー乙型」を採用しました。理由はただ一つ、最初から使えるから。
小型で小回りの利く「軽戦車」に分類される車輌であり、機動性を活かした撹乱・支援での活躍が期待されます。

▲丸みを帯びたボディがチャームポイントの「ルノー乙型」。ちなみに、日本戦車なのになぜ横文字が使われているのかというと、フランスの戦車「ルノーFT」を、日本向けに改修したものだからとの事。

▲7 VS 7のチーム戦。相手を全滅させるか、陣地を占領したチームの勝利となります。世界中の戦車が敵味方で入り乱れるのも本作ならでは。

■いざ出撃!戦車特有の重厚な操作性に四苦八苦

いざ出撃!軽量とは言え、そこはあくまで戦車の中ではという話。どっしり重量のある操作性で、戦車のロマンが指先からひしひしと伝わってきます。

味方にも同型の戦車が多いため、突出せず一緒に進軍することに。みなさん慣れているのか、筆者を差し置いてスイスイ進んでいきます。腕の差でしょうか……。

▲味方に置いていかれないよう、ただただ必死です。みんな待って~。

■連携を駆使して勝利!ルノー乙型も1機撃破で勝利に貢献!

勝負は一進一退の攻防戦。ですが、こちらは連携を活かし、孤立した戦車を各個撃破していくことで徐々に有利な状況を作りあげていきます。
我がルノー乙型も、物陰からチクチク砲撃を当てていく戦法で味方を支援。なんと1機撃破という戦功をあげました。そして勝利!

▲物陰からこっそり砲撃。ルノー乙型、頑張ってますよ。日本男児なら正々堂々正面から戦わんかい!というツッコミは無しの方向で。

▲連携を駆使して見事勝利!勝利画面に凛然と輝く撃破数1に注目!

■日本戦車イケるやん!改造すれば新たな車輌が使用可能に

今回の勝利で、日本戦車は世界でも渡り合えることが証明されました!
さらに本作、戦車の改造を進めることで新たな車輌の開発が可能。一部マニアの間では「チハたん」の愛称で親しまれている九七式戦車「チハ」を含め、現在のところ13種類程度の軽・中戦車が実装されているそうですよ。

▲ルノー乙型を改造すると、九五式軽戦車「ハゴ」と試製中戦車 「チニ」が使用可能に!どんな戦車なのか楽しみ~。

■協力プレイで日本戦車の新たな可能性が見えてきた!?

今回勝てたのは、ルノー乙型の性能はもとより、他の戦車と上手く連携が取れたことが大きいでしょう。もしや、日本戦車は脇を固めるいぶし銀的な運用が光るのでは……。
そんな妄想ができるのも、世界中の戦車と協力・対戦ができる『WoTB』ならではですね。

元から戦車マニアの人も、昨今の戦車ブームでちょっと興味が湧いてきた人も、『WoTB』で戦車のロマンを味わってみてはいかがでしょうか。
とりあえず、ルノー乙型のプラモでも探してみようかな。

(Sponsored)

World of Tanks Blitz

WARGAMING Group Limited

3.18

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る