• TOP
  • Instagram
  • Instagram「アクティビティ」機能の使い方 利用時間を確認&使いすぎを防止

写真・動画共有SNS『Instagram(インスタグラム)』は、今や情報収集ツールとしても欠かせない重要なアプリですよね。様々な投稿が流れてくるのでついついずっと見てしまいますが、やはり使いすぎは良くありません。

あなたは毎日どれだけインスタを利用しているでしょうか? それを確認できるのが「アクティビティ」機能です。利用時間を見られるだけでなく、リマインダーやお知らせミュートで使いすぎの防止もできます。

あわせて読みたい
Instagram 投稿をストーリーにシェア(リグラム)する方法

「アクティビティ」で利用時間を見る方法

「アクティビティ」はInstagramアプリのメニューから利用できます。

アプリを起動したら自分のプロフィールページを開き、メニューボタンをタップ。開いたメニュー内に「アクティビティ」があります。

「アクティビティ」では直近1週間のInstagram利用時間がグラフ表示され、平均利用時間がわかります。

「利用時間」はアプリを起動してから閉じるまで、もしくは別のアプリに切り替えるまでがカウントされます。(参考:Instagramの利用時間を確認するにはどうすればよいですか。 | Instagramヘルプセンター

▲グラフをタップすると、時間が吹き出しで表示される。

使いすぎを防止する「アクティビティ」の便利機能2つ

利用時間を見て、自分がインスタを使いすぎていると驚いた方のために、使いすぎを予防する2つの機能が用意されています。

アクティビティ画面の下、「時間を管理」から利用可能です。

「毎日のリマインダーを設定」一定の利用時間に達したら通知

「毎日のリマインダーを設定」では、一定の利用時間に達したらリマインダーが送信されるように設定可能です。

Instagramが使えなくなるわけではありませんが、「使いすぎているな」と気づくことができます。

「お知らせ設定」プッシュ通知をしばらく停止

アプリを閉じても、いいねやフォローの通知が届いたら、ついつい開いてしまう方は少なくないでしょう。そういう方のために、プッシュ通知を一定時間オフにできるのがこの機能。

「すべて停止」にチェックを入れると、15分・1時間・2時間・4時間・8時間の5段階でプッシュ通知をしばらく停止できます。通知が届かなくなるだけで、アプリを開けばお知らせは確認できるので安心してください。

こちらの記事もおすすめ

Instagram「ブロック」のやり方・されたらどうなるか 【iPhone/Android/PC】 - Appliv TOPICS
Instagram、写真・動画・ストーリーなどのデータをまとめて保存する方法 - Appliv TOPICS
Instagram

Instagram, Inc.

4.40

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る