• TOP
  • LINE
  • LINE 電話番号で検索して友だちを追加する方法、されないようにする設定

コミュニケーションアプリ『LINE』は電話番号を使って検索できるので、友だちに追加するのが非常に簡単です。電話番号は知っているけど、全然連絡を取っていなかった友人と繋がれる可能性も。電話を掛けるのは躊躇しますが、『LINE』でなら「お久しぶりです」と声を掛けやすいのではないでしょうか。

しかしその一方で、電話番号でしか繋がっていない人にLINEを知られたくないと思う方もいるでしょう。

この記事では、電話番号で友だちを検索する方法、反対に電話番号検索で友だち追加されないようにする設定方法を紹介します。

あわせて読みたい
LINEの裏技・小ワザ46個 知ってると便利な使い方まとめ

電話番号を使って友だちを追加する方法

『LINE』で友だちを追加するとき、検索機能を使うことが多いのではないでしょうか。基本的に『LINE』を利用するには電話番号の登録が必要なので、電話番号で検索するのが一番手っ取り早いです。

その他iPhoneやAndroidの端末に登録されている電話番号を『LINE』が読み取り、自動で友だちを追加する方法もあります。

※電話番号検索は年齢認証が必要で、18歳以上のユーザーのみ利用できます

電話番号で友だちを検索する方法

1. LINEのホーム画面上部にある「人型マーク+」をタップ

2. 虫眼鏡マークの検索ボタンをタップ

3. 電話番号を入力し、虫眼鏡ボタンをタップ。「追加」を押せば追加完了

電話番号を使って友だちを自動追加する方法

スマホを新しく買ったもしくは機種変更して、電話番号が変わった人にとって友だちの自動追加は便利です。スマホ端末のアドレス帳に登録されている電話番号を読み取り、自動で友だちを追加してくれるので、わざわざ1件ずつ追加する必要はありません。

ただし自動追加は、意図していない相手も友だちリストに追加されるので注意してください。自動で友だちリストに追加した場合、相手に通知が届くので友だち追加されたことがバレます。

1. 「友だち追加」ページの上部にある歯車マークをタップ

2. 「友だち自動追加」をチェックし、同期すれば完了

氏名の先頭に「#」を付けると自動追加の対象外に

あらかじめスマホ端末のアドレス帳に登録している連絡先の名前の先頭に「#」を付けておくと、自動追加する相手からその人を除外できます。『LINE』のアカウントを知られたくない相手がいるときは、この方法を使うといいでしょう。

▲名前の先頭に「#」をつけるだけ。

電話番号検索で友達が見つからないときの原因と対策

電話番号を正しく入力したにもかかわらず該当ユーザーが検索されない場合のほとんどは、相手が友だちへの追加を拒否しているパターンです。その他にもいくつかの原因が考えられるので確認していきましょう。

相手が「友だちへの追加」を許可していない

そもそも相手が友だち追加の設定をオフにしていると、電話番号検索をしても見つけられません。他の方法で連絡が取り合えるのなら、一時的に「友だちへの追加」を許可してもらいましょう。

一方で相手から検索できないと言われたら、友だち追加の設定がオフになっていないか確認してください。「友だち追加」のページから歯車マークをタップすると確認できます。

セキュリティが気になる場合は、普段は「友だちへの追加を許可」をオフにしておき、検索で友だちを追加するときだけオンにしましょう。

ずっと友だち追加を許可していると知らない人からの電話番号検索に引っかかったり、自分の電話番号を登録している人から自動追加されたりするリスクがあります。

電話番号登録をしないで利用している(Facebook認証)

『LINE』は電話番号を登録せずに「Facebook」でログインして利用開始することも可能です。検索機能を使うには電話番号を登録しないといけないので、「Facebook」でログインしている人は友だち検索ができません。

もし友だち追加の許可もしていて電話番号検索に引っかからない場合は、相手が「Facebook」でログインしている可能性が考えられます。

▲電話番号を登録していない人が検索しようとすると表示される。

年齢認証を済ませていない

電話番号の登録はもちろん、年齢確認が終わっていないと検索ができません。年齢確認はdocomoやau、ソフトバンクなどの契約キャリアを通じておこなえます。

18歳未満のユーザーは電話番号検索が利用できないので、友だちを追加したい場合は「ふるふる機能」や「QRコード機能」などを使いましょう。

▲年齢認証を完了させていない人が検索すると表示される。

PC版のLINEなら年齢認証は不要

スマホ版で電話番号検索を利用する際は年齢認証が必要ですが、PC版『LINE』なら年齢認証をしなくても検索可能です。またPC版『LINE』で電話番号検索して追加した友だちはスマホ版にも反映されます。

検索方法はスマホ版と変わらず「人型のマーク+」をタップして「友だち検索」を選択。電話番号を入力して「追加」をタップすれば完了です。

PC(パソコン)版『LINE』の使い方 ダウンロード、ログイン方法、スマホ版との違い - Appliv TOPICS

電話番号による検索を繰り返し、制限が掛かった

電話番号検索は検索回数に上限があり、4~5回ほど連続で行うと一時的に利用できなくなります。検索して友達が表示されないからといって、何回も同じ電話番号で検索するのは控えましょう。

上述のように、検索相手が友達の追加設定を許可してないだけの可能性が高いです。

利用制限がかかると約1時間ほど電話番号検索ができません。一度に何人もの友達を電話番号検索する機会がある場合、1回1回の検索に少し間を空けましょう。

電話番号検索で友だち追加されないようにする設定

「友だちへの追加を許可」をオフにしておくと電話番号およびIDの検索はもちろん、電話番号による自動追加からも避けられます。万が一、知らない人が適当に入力した電話番号が自分だった場合でも検索に引っかかりません。

安全面を考えると、基本は「友だちへの追加を許可」をオフにしておくのがベターでしょう。

1. ホーム画面にある「人型マーク+」をタップ

2. 友だち追加ページの歯車マークをタップ

3. 「友だちへの追加を許可」をオフにすれば完了

電話番号なしで友だちを検索する方法

電話番号を使わないでIDやQRコードを使って検索する方法もあります。『LINE』交換するのはいいけど電話番号は知られたくない人は、IDやQRコード検索を使って友だち追加をしてもらいましょう。

ID検索

設定した「LINE ID」を使って検索する方法です。電話番号で検索するように、相手のIDを入力して検索します。友だち追加ページの虫眼鏡マークをタップすると、検索フォームが表示されるのでIDを入力して検索すれば完了です。

QRコード検索

発行されたQRコードを読み取って友だちを追加する方法。発行したRQコードをSNS等に共有して、相手に友だち追加してもらうことも可能です。

友だち追加ページの「QRコード」をタップし、QRコードリーダーで読み取りまたはマイQRコードを発行して読み込んでもらえば完了です。

ふるふる機能

その場で「LINE」交換するときは「ふるふる」機能を使って友だち追加することも。友だち追加ページの「ふるふる」をタップし、お互いの端末を一緒に振るだけで友だちが検索されます。

※「ふるふる機能」を使うには位置情報のアクセスを許可している必要があります。

こちらの記事もおすすめ

【2019版】LINEの引き継ぎ方法 機種変更時に失敗しないやり方【iPhone/Android】 - Appliv TOPICS
LINEに登録している電話番号を確認・変更する方法【iPhone/Android】 - Appliv TOPICS
LINE

LINE Corporation

4.43

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る