• TOP
  • LINE
  • LINE「グループトーク」の作り方~退会方法まで 複数人トークとの違いは?

「グループトーク」では複数人での会話や通話はもちろん、アルバムやノートといった便利な機能が利用できます。ただ、グループの作り方が分からない……という人も多いことでしょう。筆者も『LINE』を始めた頃は、どこからグループを作るのか戸惑いました。

また、複数人で会話できる機能は「グループトーク」のほか、「複数人トーク」というのもあるのでややこしいです。「グループトーク」と「複数人トーク」との違いを説明しながら、作成方法やメンバーの招待、退会などを紹介していきます。

あわせて読みたい
【2019年版】LINEの裏技・小ワザ46個 知ってると便利な使い方まとめ

「グループトーク」と「複数人トーク」の違い

最初にグループトークと複数人トークの違いについて説明します。大きな違いは2点。アルバムやノートの機能が使えるか使えないか、招待された友だちが参加型(承認型)かそうでないかです。

「複数人トーク」は簡単に部屋を作って会話を始められるので、”一時的”に集まって会話をしたい時に向いています。一方で「グループトーク」は友だちを招待しても、招待された側が参加ボタンを押さないといけない分、みんなが揃うまで会話が始めづらいです。

ただ、「グループトーク」は最大10万枚もの画像を共有できるアルバム機能や情報共有に便利なノート機能が備わっています。ですので、仕事仲間やママ友の集まりなど、”継続的”にやり取りを行う場合は「グループトーク」を使うといいでしょう。

「複数人トーク」の作成方法

「グループトーク」では、招待された側は参加ボタンを押してからのメッセージのみ閲覧可能なので、参加する以前に発信されたメッセージは見られません。その点、「複数人トーク」は招待した時点でメンバーが参加しているので、メッセージを見られないということはありません。

ただ、「複数人トーク」は招待しても通知が届きません。グループ一覧にも表示されないのでメッセージが届いてトークに表示されるまで、招待された側は招待されたことに気づきません。

急遽、友だちや仕事仲間を誘って食事をしたり遊んだりしたい場合など、一時的な集まって会話したいときに便利です。

1. 友だちとのトーク画面にある「∨」をタップし、「招待」を選択

2. 招待する友だちを選択し、「招待」をタップすれば完成

▲招待した時点で新しいトークルームが作成される。

▲「複数人トーク」のメニュー画面。

「複数人トーク」の場合、トークルームのメニューを開くと「グループ作成」のアイコンがあります。このトークルームは「複数人トーク」なのか「グループトーク」なのか、こんがらがったときは確認するといいでしょう。

「グループトーク」の作成方法

「ママ友のランチ会」や「仕事終わりに呑み隊」など、どんな集まりなのか分かりやすい名前とアイコンを決めてグループを作成します。次にメンバーとなる友だちを招待すれば「グループトーク」の完成です。

なお、グループに参加できる人数は最大500人。自分を除く499人のメンバーを招待できます。

1. ホーム画面のグループ一覧から「グループ作成」を選択

2. グループに招待するメンバーを選び、「次へ」をタップ

3. アイコン・グループ名を設定して、「作成」をタップすれば完成

▲アイコンはデフォルト画像のほか、端末に保存されている画像も使用可能。

以前よりグループ作成がスムーズに

以前は友だち追加ページでしかグループ作成ができませんでした。ですが2019年5月時点では、わざわざ友だち追加ページに移動する必要はなく、ホーム画面のグループ一覧から作成できるようになっています。

▲この手順でもグループを作ることは可能。

グループ作成後のメッセージに注意

「グループトーク」の場合、招待した友だちが参加するとトーク上に「◯◯がグループに参加しました。」と表示されます。招待された側は参加してからのトークしか見られないので、友だちが参加する前にメッセージを送信しても見られません。

▲赤枠の参加する前に発信したメッセージは見られない。

「グループトーク」の編集方法(招待・退会・削除など)

グループ内のメンバーなら誰でも友だちを招待・退会できるので、友達の友達がグループに参加することも。ここで1つ気を付けてほしいのが、誰でも”退会させられる”権限を持っていることです。実際、知らないうちにグループから外されていたケースもあります。

特に「Twitter」や「Instagram」などのSNSで知り合った友だち同士でグループを作る場合、勝手にメンバーを退会させる行為は控えましょう。トラブルの原因になり、グループ全体が気まずい雰囲気になりやすいです。

グループに友だちを招待する方法

1. トーク画面右上の「∨」をタップし、「招待」を選択

2. 招待したい友だちを選んで、「招待」をタップすれば完了

友だちの招待を取り消す(キャンセル)方法

招待された友だちがグループに参加する前なら、招待をキャンセルできます。ただ、キャンセルした時点で相手のグループおよびトーク一覧から招待の表示が消え、招待されたという通知だけが残ります。ですので、相手に「一度招待したけれどキャンセルした」ということは伝わります。

1. トークルーム上部のグループ名をタップ

2. アイコンまたは「>」をタップ

▲iPhoneの操作画面。

▲Android画面。Androidの場合、「>」ボタンがないのでアイコンをタップ。

3. 招待中の友だちから取り消したい人を選び、「キャンセル」をタップすれば完了

グループのメンバーを退会させる方法

グループに参加した時点で、誰でも参加メンバーを退会させることが可能です。ただ、誰に退会させられたのかは分かるので、退会させるときはよく考えましょう。

1. トーク上のグループ名をタップ

2. アイコンもしくは「>」をタップ

▲iOSの操作画面。

▲Androidの場合は「>」がないので、アイコンをタップ。

3. 退会させたいメンバーを左にスワイプし、「削除」をタップ。再び「削除」を選択すれば完了

メンバー確認画面の右上にある「編集」をタップしてグループから退会させる方法もありますが、左にスワイプして削除した方が簡単だと思います。

▲Androidは左スワイプに対応していない(2019年5月時点)

Androidの場合、編集ボタン(︙)から削除する方法でしかメンバーを退会させられません。

グループトークを退会する方法

グループを退会させられた場合はそれまでのグループトークの履歴は残ったままですが、自分から退会する場合はトーク履歴が全て消えるので気を付けてください。


ホーム画面から退会したいグループを長押し、「削除」をタップして「OK」を選択すれば完了

グループトークの削除方法

トークルーム自体を削除する方法はないので、グループの参加メンバーをゼロにする他ありません。ですので、「グループトーク」を削除したい場合は参加メンバー全員を退会させて、最後に自分も退会すれば完了です。

※退会する、させる方法は上述を参考にしてください。

グループトークで使える便利機能

グループメンバーに情報を共有するときに役立つ「ノート」、大量の写真を保存しておける「アルバム」など便利な機能が備わっているので、具体的にどのような機能なのか紹介していきます。

ノート機能 

トーク上にスケジュールやお店情報などを共有しても、新しいメッセージで流れてしまいがちです。場合によっては共有されていることすら気づかず、見落とすケースも。

そんな時に役立つのが「ノート」。確認したいときにいつでも簡単に見られるので、メンバー同士の情報共有がスムーズです。「ノート」にはテキストや画像はもちろん、URLリンクや位置情報、動画などが投稿できますよ。

▲Androidの場合は電話マークの隣に「ノート」のアイコンがあるのでタップ。

アルバム機能

通常、トーク上に共有した写真や画像は約2週間で期限切れとなり見られなくなりますが、アルバムに保存すると期間の制限がなく閲覧できます。1つのトークルームに最大10万枚の写真を保存しておけるのもポイントです。

ただ、アルバムも「グループトーク」同様に誰もが編集できるので、勝手に削除される可能性もあります。保存期間が無制限のアルバムに共有したからといって、スマホ本体に保存している画像を削除するのは控えた方がいいでしょう。

アルバム機能について詳しくは以下の記事を参考にしてください。

LINE「アルバム」機能の使い方 作成方法から写真の保存、削除、転送の仕方まで - Appliv TOPICS

イベント機能

「グループトーク」の参加人数が多くなってきたときに役立つのが「イベント」。飲み会や同窓会などの予定を共有するだけでなく、出欠確認もとれます。また、リマインド機能も付いているので予定を忘れていたということがなくなります。

イベント機能の使い方など詳しくは下記ページにて紹介しています。

LINE、新機能「イベント」の使い方。カレンダー共有で参加確認が簡単に - Appliv TOPICS

メンション機能

メンションは「Twitter」のように「@」を付けて、個人に対してメッセージを送る機能です。このメンション機能の優れているところは、トークルームの通知をオフにしている相手でも通知が届くことです。

予定の確認をするときなど、まだ返事がない人に対して使うといいでしょう。ただ、『LINE』自体の通知設定をオフにしている人には届きません。

メンション付きのメッセージを送られた側は、通知が届くだけでなくトーク画面上に「メンションされました」と表記されます。「グループトーク」で何十通ものメッセージを既読していない場合でも、自分宛てに誰かがメッセージをくれていることが分かります。

複数人で会話するならグループトークがおすすめ!

何人もの友達を集めて会話するなら「アルバム」や「ノート」機能がある「グループトーク」がおすすめです。予定確認や情報の共有がスムーズに進めるなら、「ノート」は必須機能と言えます。

それに複数人トークだと誰が参加して誰が退会したのか分かりづらいので、既に退会している人に対してメッセージを送ってしまうことも。気まずくなるのも嫌なので、「グループトーク」を作っておけば間違いないです。


こちらの記事もおすすめ

『LINE Pay』とは? 使い方(登録・チャージ・支払い)、ポイント、対応店舗など - Appliv TOPICS
LINEでブロックされたらどうなる? 確認方法、非表示との違いなど - Appliv TOPICS
LINE

LINE Corporation

4.44

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る