• TOP
  • LINE
  • LINE「メンション(@名前)」の使い方 特定の相手に通知、グループトークで活用!

グループトークで返事がほしい相手に限って未読のままスルーされている、なんてことありませんか? そんなときに便利な機能が「メンション」です。「メンション」してメッセージを送ることで、相手はメッセージが届いていることに気づきやすくなります。

「メンション」とはLINE友だちを指定してメッセージを送る方法です。やり方はとても簡単で、メッセージ前頭に「@◯◯(相手のLINE名)」と付け加えて送信するだけ。画像付きで詳しくメンションのやり方について紹介しているので見ていきましょう。

メンションとは 「@(アットマーク)」を入力して相手を指定

LINEのメンションはグループトークやタイムラインなど複数のユーザーが見ている場所で、特定の相手に対してメッセージを送りたいときに使う機能です。メンションされた相手は「メンションされました」と表示されるため自分へのメッセージであることに気づきやすいです。

※メンションを使用できるのはグループトーク、タイムラインのみ。個人トークでは使えません。

グループトークでメンションする方法

1. メッセージの先頭に「@」を打って、メンションしたい相手を選択

LINE グループトーク画面

グループトーク内でメッセージを入力する際に、「@」を打つと上画像のようにグループメンバーが表示されます。その中からメンションしたい相手を選んでください。

2. あとはメッセージを送信すればメンション完了

LINE グループトーク画面

「@名前(メンションしたい相手)」を入力したとき、上画像のように青色で表示されます。(※テーマによって紫や水色など色が変わります)もし、色が変わって表示されていない場合はメンションができていないので、送信する前に確認してください。

早急に返事が欲しいときなどに有効

何十人ものユーザーが参加しているグループトークだと、メッセージが溜まっていても緊急性を感じずに未読スルーする人もいます。そんな中、出欠確認などで特定の相手に対して、早急に返事が欲しいときに「メンション」を使ってメッセージを送りましょう。

LINE メンションされた側の通知・トーク画面

メンションされた側には「あなたをメンションしました」との通知が届くだけでなく、トーク画面でも自分宛てにメッセージが届いてることが分かります。

タイムラインでメンションする方法

「@名前」を入力し、送信すればメンション完了

LINE タイムライン投稿画面

グループトークと違ってタイムラインでは、「@名前」の位置がメッセージ先頭でなくてもメンションが使えます。上画像のように文章に合わせてメンションする必要はなく、文章の最初や最後に適当にメンションしておくだけでも構いません。

コメントでもメンション可能

LINE タイムラインのコメント画面

タイムラインのコメントでもメンションは使えます。ただ、投稿主に対してはメンションしなくても誰からのコメントなのか通知が届くので、わざわざ「@名前」をつける必要はありません。

コメントでメンションを使う場面といえば、コメントをくれた友だちに対して返事するときです。メンションなしの返事だとコメントをくれた友だちには通知されないからです。

注意! メンションするときは公開設定を確認

LINE タイムラインの公開設定画面

タイムラインの公開設定を「全体公開」にしていると、自分とは友だち関係でない人でも見られます。例えば、友だちがタイムラインに投稿した内容をシェアまたはいいねした場合、友だちの友だちにも表示されます。つまり、自分とは全く繋がりのない人にも見られる可能性があるということです。

その状態でメンションを使うと、メンションされた人は見ず知らずの人からホーム画面を見られることになります。ですので、タイムラインでメンションするときは公開設定を「友だち」にして、公開範囲を制限しましょう。

グループトークでメンションを活用しよう

メンションはグループトークで使うことがほとんど。参加人数の多いグループだと、誰宛てのメッセージなのか分かりにくいので、メンションを使ってメッセージを送ることでトークのやり取りがスムーズになりやすいです。

こちらの記事もおすすめ

LINE着信音・通知音の変更方法 着うたの設定も可能【iPhone/Android】 - Appliv TOPICS
LINEの通知が来ない、鳴らないときの15の原因と対処法【2019版】 - Appliv TOPICS