• TOP
  • Instagram
  • Instagram「制限」機能の使い方 特定ユーザーの自分に対するコメントを非表示

Instagram(インスタグラム)に2019年10月3日、指定したアカウントの自分の投稿に対するコメントを第三者から見えなくする「制限」機能がリリースされました。

本機能はオンライン上のいじめへ対処するためのもの。被害報告をためらったりブロックしたりすることためらう人でも、相手に知られることなく望まないやりとりから自分のアカウントを守れます。Twitterの「リプライ非表示」に近いものです。

「制限」の使い方、相手にはどう見えるのかをくわしく解説します。

「制限」を使うとどうなる? 相手にはどう見える?

制限したアカウントのコメントは自分と相手しか見えない

「制限」すると、指定したアカウントの自分の投稿に対するコメントが非表示となります。第三者が自分の投稿を見ると、制限したアカウントのコメントのみが表示されません。

一方、制限したアカウント本人には通常通り表示されています。制限されていることには気づきません。

悪質なユーザーのコメントに第三者が乗っかって、投稿が荒らされるといったケースを防げます。ブロックほど強い拒絶ではなく、相手の反応・態度を把握しながらアカウントを守れるのがポイントです。

制限機能の例

▲左:制限されているアカウントから見た場合、右:第三者が見た場合。他人から見るとコメントの件数は表示されるが、具体的な内容までは見られない。

制限したアカウントからのコメントは、自分には「制限されたコメント」と表示されます。「コメントを見る」をタップすると、内容が確認可能です。

制限中のコメント

▲「コメントを見る」をタップしない限り、内容はわからない。

コメントを表示した後に「承認する」をタップすると、第三者もこのコメントが見られるようになります。

コメントは削除も可能ですが、これは非表示ではなく完全に消えてしまいます。通知が届くわけではありませんが、投稿をチェックすれば制限した相手も削除されたことがわかるので、使う際には注意してください。

ダイレクトメッセージを読んでも既読がつかない

制限したアカウントからのダイレクトメッセージは、自動でメッセージリクエストに移動。通知は届きません。

ダイレクトメッセージを読むことは可能です。既読になったことや自分がInstagram上でオンラインであることは相手に表示されないので、安心してチェックしてください。

「制限」の使い方

制限したいアカウントのコメントを左にスワイプし、吹き出しアイコンをタップ。画面下にメニューが出るので、「(ユーザーネーム)さんを制限」を選択します。

最終確認が出たら、「アカウントを制限する」をタップして制限完了です。

制限の使い方

制限したアカウントのプロフィールページからも設定可能です。

相手のプロフィールページを開いたら、右上のメニューボタン[…] をタップ。画面下に出てくるメニュー内の「制限する」を選択すれば、制限できます。

プロフィールページから制限する

制限を解除する方法

制限しているアカウントのプロフィールページを開き、画面右上のメニューボタン[…] をタップ。画面下に出てくるメニュー内の「制限を解除」を選択すれば、制限が外れます。

解除の手順

こちらの記事もおすすめ

Instagram 投稿にコメントできないようにする設定方法【iPhone/Android】 - Appliv TOPICS
Instagram「ブロック」のやり方・されたらどうなるか 【iPhone/Android/PC】 - Appliv TOPICS
Instagram

Instagram, Inc.

4.40

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る