• TOP
  • 特集
  • 【iOS版シリーズ累計2,200万ダウンロード】「なめこ栽培」にみるヒットアプリのロードマップ

なめこシリーズの生みの親は、株式会社ビーワークスのゲームブランドとして発足した、スマートフォンアプリの自社ブランド「BEEWORKS GAMES」。

2011年8月の「おさわり探偵小沢里奈」の配信に先駆け、5月と6月に「おさわり探偵無料アプリ」としてスピンオフアプリが3つリリースされた。その第3弾として登場したのが「おさわり探偵なめこ栽培キット」だ。

「なめこ」という新鮮でユニークなキーワードと、計算された絶妙なさわり心地が生む「収穫」の快感が大きな話題となり、瞬く間に口コミで広まってメガヒットとなった異色のアプリ。いまやその人気はアプリだけにとどまらず、「ゆるキャラ」マスコットとして数多のグッズが発売されるなど、メディアミックスでも大活躍だ。

なめこシリーズがヒットに至った経緯と今後の展開を広報の伴氏にお伺いした。

認知の仕掛けは「スマホでなめこを収穫する不思議な快感」

なめこ栽培キット自体、元々「おさわり探偵小沢里奈」の宣伝アプリとして開発された3本のうちの一つで、実はなめこの前に既に2本のプロモーションアプリをリリースしていた。

この2本でだいたい1万人のユーザーが獲得出来ており、なめこリリースの際にはアプリ内で既存獲得ユーザーにリーチする仕組みが出来ていた。

つまりスタートダッシュとしては先行アプリの既存ユーザーへのアプリ内宣伝と、プレスリリースの配信だけだったのだという。そこからはなめこの持つ口コミ力とユーザー吸引力の強さで、急速にユーザーが拡大してランキング入りを果たした。

そもそもなめこというキャラが当時は非常に新鮮。「スマホでなめこを育てている」というフレーズ自体もインパクトが強く、勧めた相手の「なにそれ?!」という驚きが期待できるので、つい色んな人に勧めたくなってしまう。勧める方と勧められる方のどちらにもフックがあったので次々と口コミが拡散した。

「なめこというキーワードは当時Appstoreで唯一無二でした。教えてもらったあのアプリは何て名前だっけ?と考えたときに、まず間違いなく入力できるし忘れないでしょう。検索するときちんとなめこ栽培が出てくる。実はそこがすごく重要なんです」

なめこを収穫する時の心地よいユーザー体験も、つい人に勧めたくなる要因だった。

勧められた人はワードだけで関心を持つ。さらに勧められたときに画面を見ただけで、コンテンツのよさがすぐに伝わる。

たいていのアプリはコンテンツの良さを実感するまでに、
「人に教えてもらう」
「検索エンジンやAppstoreでアプリを調べる」
「詳細やサムネイルを見て良さそうならインストールする」
と、3つの手順を踏まなければならない。

ところがなめこの場合は1番最初の「人に教えてもらう」の段階でコンテンツの良さも心地よいユーザー体験も、同時に実感することができてしまう。「これ面白いよ」と画面を見せられているうちに、生えてきたなめこを収穫するところを見たり、ダイレクトにスワイプやタッチの気持ち良さを実感することができるからだ。

軽量化によりインストールのストレスを軽減

当時は容量が20MB以下でなければ、3G回線でインストールすることが困難だった。

なめこはローカルアプリなので、アプリ内ブラウザを介してネット通信ができない。そうするとアプリ内のデータをすべてアプリに入れないといけないので、バイナリデータが大きくならざるを得ない。それでもプロモーションアプリの特性上、インストールの手軽さが重視され、18~19MBに容量を収めてリリースしたのだという。

また、完全無料というところもインストール促進につながった。

フリーミアムアプリや有料アプリは最初から手を出さない人も多い。なめこは使用アイテムもゲームを進める中で手に入るポイントを利用して取得する為、どこまでいっても完全無料。絞り込まないことで多くのユーザーにリーチ出来たのだという。

完全無料にしたのは「なめこ」そのものでマネタイズを考えていなかったから。ストーリー性も持たせず、あくまでも「小沢里奈」をどうプロモーションするかに注力していたからこそ可能だった戦略だ。

キャラクターデザインに関しても「小沢里奈」の世界観を踏襲。小沢里奈に元々登場しなかったレアなめこたちは、工場の生産ラインのように生まれている、と伴氏は語る。

「企画ディレクターがなめこの名前リストを作って、デザイナーがリストを見て絵を描きます。その間に情報共有はありません。デザイナーは『この名前のなめこはこんな形をさせようとしているんだろうな』と思ったら、それをわざとはずす。そうすると違和感とアンバランスな面白さが生まれるんです」


例えば「猫なめこ」に関して言えば、デザイナーは可愛さを期待されていると察知してわざと目つきの悪い絵を描いて期待をはずす。

その絵は最終的になめこ図鑑を書くスタッフに渡り、スタッフは名前とビジュアルから感想や設定を書く。猫が好きだったので期待したのにがっかりしたので「どうしてこうなった」という感想になった。

こうした表現は非常に客観的な感想であり、なめこが生えてきたときのユーザーの印象とリンクしている。図鑑を見たときにユーザーが「そうだよね」と共感できる喜びが生まれるのだという。

2回以上起動する気にさせるゲーム性

口コミでインストールさせることに成功しても、そこから何度もプレイしてくれるアクティブユーザーになるかどうかは大きな分かれ目。たいてい1回起動して雰囲気がわかったら、2回目を起動させるのは難しい。

なめこの場合は一度生え揃っても、他にもレアなめこがいっぱい存在する。


「別のなめこが今度は生えているかもしれない」そう思わせることで何回も起動させることができた。また、生えたら生えたで今度は「枯れるのが可哀そう」という、庇護欲を掻き立てられる女性ユーザーも多いそう。

「実は枯れるのは庇護欲を狙ったのではなく、ゲーム性の問題なんです。1回生えたのがずっといるのは面白くないでしょう。いつか枯れるから収穫しないと、と思わせるゲームバランスを考えたシステムなんです」

枯れても死なないので大丈夫です、あれは枯れなめこという種類なので生きてます、と伴氏。水につけておくと普通に戻るという裏設定もあるのだとか。
それでもせっかく生えたレアなめこが枯れなめこになってしまうのがもったいなくて、ついつい何度も起動してしまう。ゲーム性を重視した結果が功を奏したというわけだ。

「ゲーム性はかなり狙って作りました。収穫の気持ち良さや、生えてくるまでの時間など、ゲームバランスの調整はかなり細かくしましたね」
と伴氏。

誰でも簡単に、スキマ時間にプレイできる

普段はゲームアプリをプレイしないという人でも、なめこだけはやっているという話をよく聞く。ゲーム慣れしていない人でもすぐに理解できるよう、だれでも遊べるようなゲームと作ろうというコンセプトは開発から一貫していた。
遊び方が難しいとユーザーの幅を狭めてしまうからだ。

また遊び時間についても同じく幅を狭めないよう、工夫されている。
他のゲームだとプレイするためには他の作業を止める必要があるが、なめこをプレイするために何かを止める必要はない。なめこをやるためにスマホを起動するのではなく、他の作業の合間合間にちょこっとプレイさせること目指した。

結果、忙しくも細切れにある「スキマ時間」を持て余す、スマホユーザーのライフサイクルにうまくマッチした。

国境を越えたなめこの繁殖力

日本でのメガヒット以上に予想していなかったのが、アジアでの大ヒットだった。

インストールの勢いに最初に火がついたのはマカオだ。1週間後にマカオから香港に飛び火、ほぼ同じに台湾、そのあとにシンガポール…「なめこ栽培キット」はあたかも菌が繁殖するように波及した。

おそらく日本にいた観光客が持ち込んだと考えられるが、アジアは日本の流行が受け入れられやすい土壌だったことと、非言語コンテンツなので何のプロモーションも必要なかったことも要因の一つではないかと推察される。

「自分たちが使っていて楽しいもの、欲しいものはOKを出しています」というなめこグッズ。その人気は東京駅に特設コーナーが設置されるほど。

なめこ感染ロードマップ

「なめこ」シリーズ今後の展開

国内外での大ヒット、マスコットキャラクターとしての定着と、開発陣の予想を大幅に超えて大活躍中のなめこ。今回伴氏にお話を伺った中で、その要因として様々な仕掛けやゲーム性の追求があってこその成功だということが分った。

「スマホでなめこ」というインパクト、心地よい操作性、リピートを促進させるゲーム性、独特のキャラクター。その全ての根底にあるのは「なめこ」や「小沢里奈」の世界観を大事にしている開発陣の愛情であり、マネタイズよりもまず、ユーザーにも愛でて楽しんでもらおうというこだわりだ。


その信念は収益モデルとして大成功した今も揺るぎなく、まだまだなめこには楽しめるコンテンツが予定されているという。

「なめこ栽培キット Deluxe」では今後、今までとは違う遊び方ができるようになったりします。長く遊んでもらえるように色々と用意していますので、楽しみにお待ちいただければと思います。

どこまでも我々ユーザーを楽しませてくれる、そのこだわりや信念が今度はどんなアプリで発揮されるのだろう。
なめこシリーズの更なる発展とともに、同社の新たなアプリにも期待は高まるばかりだ。

取材・構成 / 高階良輔  文 / 長丸裕

  • iOS
  • Android

無料

おさわり探偵 なめこ栽培キットDeluxe

BeeworksGames

3.40
アプリストアを見る

無料

おさわり探偵 なめこ栽培キット Deluxe

BEEWORKS GAMES

3.29
アプリストアを見る

この記事を書いたライター