• TOP
  • iPhone・iPad
  • SIMカードの取り出し方とピンを失くした時の対処法【iPhone/iPad】

iPhone/iPadのSIMカードの取り出し方の解説です。SIMカードの取り扱いはキャリアショップの店員さんがやってくれることもありますが、自分で方法を知っておくとなにかと便利。特にインターネットでスマホを購入した時の必須知識なのでぜひ覚えておきましょう。

SIMカードとは?

ユーザーを特定するためのID番号、電話番号、キャリアメールのメールアドレス(@softbank.jpなど)などが記録された小さなICカードです。通話やSMS、モバイルデータ通信などはSIMカードを介して行われます。

大きさ順に標準SIM、micro(マイクロ)SIM、nano(ナノ)SIMの3種類があります。iPhoneはiPhone 5以降、iPadはiPad mini以降nanoSIMが採用されています。

nanoSIMの写真(表)

▲写真はnanoSIM。横8.8mm、縦12.3mmの非常に小さいサイズ。そのほとんどがICチップで占められている。

nanoSIMの写真(裏)

▲裏面にはキャリアのロゴと、端末製造番号(画像ぼかし部分)が印字されている。

SIMカードの取り出しが必要な場面

スマホはそのままで契約会社を乗り換えする時

たとえば大手キャリアから、LINEモバイルなどのMVNO(契約会社)に乗り換える時に、SIMカードの取り出しが必要になります。そうすれば今まで使っていたスマホはそのまま、格安の料金プランに変更できるのです。

SIMはそのままで、スマホだけ買い換える時

回線の契約なしでスマホを単体購入した時でも、SIMカードを移すだけで引っ越しができます。スマホ端末は家電量販店やAmazonで購入可能です。

SIMカードの引っ越し図

▲元のスマホからSIMカードを取り出し、新しいスマホに挿入すればOK。

SIMカードの取り出し方・戻し方

では実際にSIMカードを取り出してみましょう。特別難しいことはなく、順番どおりに進めていけば問題ありません。ただしSIMカードは精密機器なので慎重に取り扱いましょう。

1.SIM 取り出しツール(ピン)を用意する

iPhone/iPadの購入時に付いてくる、SIMカード取り出し用のピンです。Appleは「SIM 取り出しツール」と呼称しています。もし失くしてしまった場合は、ペーパークリップで代用できます。

SIM 取り出しツール

▲iPhone/iPadに付属のSIM取り出しツール。

SIM 取り出しツールが取り付けられている紙

▲本体の箱の中に、このような台紙とSIM 取り出しツールが一緒に入っているはず。

2.スマホの電源を切る

電源を点けたままでも取り出しはできますが、最悪データが破損する可能性も……。ソフトバンクサポートページにあるAndroid端末のオンラインマニュアルからの引用になりますが、「必ず本機の電源を切ったあとで」という記述があります。iPhone/iPadでも同様に電源はオフにした方が安全です。

ソフトバンク オンラインマニュアル AQUOS R3 SIMカードを取り外す

出典:ソフトバンク オンラインマニュアル AQUOS R3 SIMカードを取り外す

3.SIM トレイの位置を確認

SIMピン用の小さな穴がある楕円形の枠がSIM トレイ。トレイの場所はiPhone 4以降、iPhone/iPad共に端末の右側面に統一されています。

iPhone XRの

▲楕円形の枠と小さな穴がトレイの目印。

iPhone 7とiPhone XRのSIMトレイ位置比較

▲機種によっては若干位置は異なるが、iPhone/iPadのSIM トレイの位置は本体右側面に統一されている。

4.SIM トレイの穴にSIM 取り出しツールを差し込む

軽く力を入れてSIM 取り出しツールをグッと差し込むと、SIMカードトレイが飛び出します。

SIM 取り出しツールをSIM トレイの穴に差し込む

5.指でSIM トレイを取り出す

一度SIM 取り出しツールを差し込めば、あとは指でトレイを引っ張り出せます。この時SIMカードやSIM トレイを勢い余って落としやすいので注意しましょう。

指でSIM トレイを取り出す

6.SIM トレイの取り出し完了

ここまで来ればSIMカードを取り出したり、交換したりできます。

SIM トレイを完全に取り出した状態
SIM トレイからSIMカードを取り出した様子

▲SIM トレイからSIMカードを取り出した様子。

7.SIM トレイを戻す時は、元の場所に差し込むだけ

カチッという感触があるまでしっかり押し込んでください。

SIM トレイを差し込む

8.SIM トレイの挿入完了

これでまた、SIM 取り出しツールを使わないとトレイを取り出せなくなります。

SIM トレイの装着完了

SIM 取り出しツールを失くした時の対処法。ペーパークリップを代用

SIM 取り出しツールは小さく使用頻度が低いため紛失しがち。ですがその場合はペーパークリップで代用できます。Appleやドコモなど各種メーカーも、SIM 取り出しツールの代わりにペーパークリップが使える旨を明言しています。

ペーパークリップを折り曲げる

▲ペーパークリップを使う場合、まずクリップの外側の部分をまっすぐに折り曲げる。

ペーパークリップでSIM トレーを開いた様子

▲折り曲げたペーパークリップを、SIM トレーの穴に差し込めばOK。

Appleのサポートページ

▲Appleのレポートページでは、ペーパークリップを使ったSIM トレイの開け方が解説されている。

出典:iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/差し替える - Apple サポート

ドコモのお客様サポート

▲ドコモのお客様サポートでも、ペーパークリップが代用品として紹介されている。

出典:「SIM取り出し用ピン」を紛失したときは | お客様サポート | NTTドコモ

不安な人はAmazonからピンの購入が可能

SIM 取り出しツール(ピン)はAmazonでも1本160円ほどで販売されています。ペーパークリップだとスマホを傷つけないか不安な人は、こちらをチェックしてみるといいでしょう。

iPhone対応SIMカードスロット取り出し用ピン

➜ 商品の詳細・購入はこちら

SIMカードを取り出す時の注意点

SIMカードのIC部分やトレイの差込口に触らない

SIMカードのIC部分とSIMカードトレイの差込口は非常にデリケートな部分です。指先に付いたホコリが原因で動作不良を起こすことも……。SIMカードが壊れるとスマホの重要な機能が使えなくなります。極力触れないように注意しましょう。

nanoSIMの写真

▲nanoSIMは大部分がICチップなので全く触らないのは難しいが、それでも極力触れないように。

静電気、水気に注意する

SIMカードは精密機器のため、静電気や水気にも要注意です。濡れた手で触らないのはもちろん、湿度の高い場所を避け、できれば静電気対策もしておきましょう。手を洗う(洗った手はよく拭く)、壁に触るだけでも静電気対策になります。

SIMカード、SIM トレイを失くさない

SIMカードそのものはもちろん、トレイを失くしてしまうとSIMカードを挿入できなくなってしまいます。特にトレイを引っ張り出す時に落としやすいので注意です。

SIMカードトレイとSIMカード

▲SIMカードとトレイはスマホの中のとても小さな部品。どちらも吹けば飛ぶほどなので、取り扱いは慎重に。

SIM 取り出しツールやクリップの先端でケガをしないように

SIMピンやペーパークリップの先端はとがっているので、ケガにも十分配慮しましょう。先端に触れないのはもちろん、うっかり落とした際に踏んでしまう危険性も考えられます。

SIM 取り出しツールの先端

▲SIM 取り出しツールの先端は縫い針に比べれば丸いが、それでもいたずらに触れないように。

SIMカードは簡単に取り出せるが失くすと大変。取り扱いは慎重に

スマホからSIMカードを取り出す方法は難しくはありません。ただし簡単に取り出せる反面、SIMカードは失くしやすく壊れやすい部品です。SIMカードはスマホの重要な機能を担っています。繰り返しになりますが、故障や紛失のないよう十分注意しながら取り扱いましょう。

こちらの記事もおすすめ

iPhone「リマインダー」徹底活用術 iOS 13の新機能でより便利に進化 - Appliv TOPICS
【2019版】 iPhoneの初期化(リセット)方法。下取り・売却前にすべきこと - Appliv TOPICS