• TOP
  • iPhone・iPad
  • Apple Payで買い物するたび1ドル寄付 Apple Storeが「世界エイズデー」にあわせキャンペーン開始

Appleが12月1日の「世界エイズデー」にあわせてキャンペーンを開始。Apple Store、Appleのオンラインストア、Apple Storeアプリで「Apple Pay」を使って支払うと、支払い1回につき1ドルを「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」にAppleが寄付します。

なおAppleによる寄付金額は最大100万ドルとなっています。

アフリカのエイズ対策を支援する(RED)の活動を、Appleは以前から支援しており、こういったキャンペーンが毎年実施されています。また「世界エイズデー」当日の12月1日には、Appleの林檎ロゴが赤く染まるのも恒例です。

(PRODUCT)RED 公式サイト

Apple Storeでは(PRODUCT)REDモデルとして、赤色のiPhone、Apple Watch、iPhone/iPadケース、ヘッドフォンなどのアイテムが販売中です。

これらは今回のキャンペーンとは関係なく常に取り扱われているものですが、こちらの購入金額の一部は(RED)へ寄付されます。

詳しくはこちら

(PRODUCT)RED - Apple

あわせて読みたい

iPhone「リマインダー」徹底活用術 iOS 13の新機能でより便利に進化 - Appliv TOPICS
Siriの使い方 起動・設定方法や12個の超便利な音声コマンドを紹介 - Appliv TOPICS
Apple Store

Apple

3.68

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Android版は配信されていません