• TOP
  • Instagram
  • Instagram 自分のアカウントのQRコードを作成する方法 ネームタグよりも便利!

『Instagram(インスタグラム)』が2019年12月17日にアップデートされ、自分のアカウントページへのURLをQRコードで表示できる機能が追加されました。

QRコードに似た「ネームタグ」機能は以前からありましたが、Instagramアプリでしか読み取れないのが難点でした。

その点QRコードであれば、Instagramアプリでなくても、iPhoneのカメラやQRコードリーダーアプリで読み取りが可能。インスタをやっていない人にも、自分のプロフィールを見てもらいやすくなりました。

Instagram QRコードとネームタグ

▲左が今回追加されたQRコード。右が以前からあるネームタグ。

InstagramでQRコードを表示する方法

手順はiPhone・Android、どちらも同じ。Instagramアプリを起動したらプロフィールページを開き、右上のメニューボタン[≡]から [QRコード] を選択するだけです。

Instagram QRコードの発行手順

すると下の画像のようにQRコードが表示されます。これを相手に、QRコードリーダーやiPhoneのカメラなどで読み取ってもらえばOKです。

Instagram QRコード

以前のネームタグを使いたい場合は、QRコード部分をタップするとネームタグにくるっと切り替わります。

QRコードとネームタグの切り替え

QRコードのデザインをカスタムする方法

QRコードはネームタグと同様に、カラーを変えたり絵文字を入れたりしてデザインを変更できます。QRコードの上にあるボタンをタップし、「カラー」「絵文字」「セルフィー」の3パターンから選択してください。

QRコードのデザインを変更

デフォルトは「カラー」。インスタのアイコンでおなじみのグラデーションカラーの背景です。背景部分をタップすることで、色が切り替わります。

QRコード カラーバージョン

▲「カラー」のデザイン。ピンク、オレンジ、紫、青、緑の5種類。

「絵文字」は好きな絵文字を設定できます。QRコードの色も、絵文字のカラーリングに合わせて変わるのが可愛いです。

QRコード 絵文字バージョン

「セルフィー」は顔ハメ自撮りを、絵文字のように配置したデザイン。かなり自己主張の強い、インパクト大のQRコードになります。

QRコード セルフィーバージョン

QRコードのシェア方法

画面右上にシェアボタンがあります。そこから画像保存や、LINEやメール送信などができます。

自分のスマホ画面を直接見せられない離れた相手に送ったり、名刺やポスターなどに載せたり、様々なシーンで活用できるでしょう。

QRコード シェアボタン

LINEやメールなどでQRコードが送った場合、スマホのカメラで読み取れないので意味がないように思うかもしれませんが大丈夫です。スマホに保存したQRコード画像を読み取る方法があります。

まずInstagramアプリのQRコード画面を表示し、画面下 [スキャンする] をタップ。読み取りカメラが起動したら、右上の四角いアイコンをタップします。

Instagram スキャンカメラ

スマホ内に保存した画像の中から、該当のQRコードを選択。すると中身が読み取られ、プロフィールページへワンタップでアクセスできます。

QRコードを選択

こちらの記事もおすすめ

スマホでQRコードを読み取る簡単な方法 リーダーアプリ不要【Android/iPhone】
iOS版『Instagram』がダークモード対応! オン/オフ設定方法は?