• TOP
  • ツール・サービス
  • 東京でおすすめのシェアサイクル3社の特徴 はじめてでも簡単に借りられる!

手軽に自転車を借りられるシェアサイクルサービス。借りた場所で返却する必要はなく、好きな駐輪場に返却できるので、旅行や出張先での移動用や駅までの通勤手段などに便利です。実際に使ってみようと考えている人も多いのはないでしょうか?

また、シェアサイクルサービスの展開が集中している都内では、どれを利用すればいいのか迷いがち。本記事では都内で利用できる数あるシェアサイクルサービスの中から、おすすめの3社「ドコモ・バイクシェア」「HELLO CYCLING」「PiPPA」をピックアップして紹介。

自分の利用シーンにあわせて使いわけるといいでしょう。

各シェアサイクルサービスの利用できる地域を比較

まず初めに自分が利用したい地域では、どのシェアサイクルサービスを使えるのか確認しておきましょう!同じ都内でも利用できる地域が各サービスごとに異なっています。

利用エリア ドコモ・バイクシェア HELLO CYCLING PiPPA
新宿区 新宿区 新宿区
千代田区・中央区・文京区・江東区 千代田区・中央区・文京区・江東区 -
練馬区 練馬区 練馬区
渋谷区・港区・品川区・目黒区・大田区 渋谷区・港区・品川区・目黒区・大田区 -
- 北区・板橋区・豊島区・中央区・杉並区 北区・板橋区・豊島区・中央区・杉並区
- 世田谷区 -
- 足立区・荒川区・台東区・葛飾区・墨田区・江戸川区 -

▲『HELLO CYCLING』は東京23区どこでも利用可能。

どのシェアサイクルサービスも使い方は簡単で、アプリをダウンロードして会員登録すれば利用できます。それぞれサービスの特徴があるので、複数のサービスが利用できる場合は、料金や電動自転車の有無など自分にあったサービスで選ぶと良いでしょう。

いつでも使える利便性優先なら自転車の台数が多い『ドコモ・バイクシェア』、短時間の利用なら料金が15分刻みで設定されている『HELLO CYCLING』、少しでも費用を抑えたいなら利用料金がリーズナブルな『PiPPA』がおすすめです。

貸出・返却が簡単で使い勝手のいい『ドコモ・バイクシェア』

ドコモ・バイクシェア 電動自転車

通勤や通学での利用を考えている方におすすめ!

・台数制限を設けていない駐輪場が多いので使いやすい
・自転車の台数が多いので、いつでも利用しやすい

『ドコモ・バイクシェア』は、貸し出している自転車の数とサイクルポート(駐輪場)の数が業界でも一二を争うほど多いのが特徴です。借りられる自転車が1台もない状態が続くことがほぼないので、借りたい時に借りられます。

また、「駐輪できる台数は何台まで」と制限されているサイクルポートが少ないので、停めたい駐輪場が満車で返却できないというケースも滅多にありません。他サービスでは制限されているサイクルポートが多いため、スムーズに返却できるのは『ドコモ・バイクシェア』の強みです。

利用できる地域はこちら

■都内で利用可能な地域
・千代田区
・中央区
・港区
・新宿区
・文京区
・江東区
・品川区
・目黒区
・大田区
・渋谷区
・練馬区
※練馬区での利用は貸出・返却ともに練馬区内に限定される(区間の移動不可)。

■東京以外で利用可能な地域
・横浜
・川崎
・仙台
・広島
・大阪
・奈良

料金プラン(※一部地域によって異なる)

【1回会員】
最初の30分:150円/回(1回の利用が30分を超えると100円/30分の延長料金)
支払い方法:クレジットカード、d払い

【1日会員】
有人窓口:1,500円/1日分+専用IC500円(※現金払いのみ)
無人販売機:1,500円/1日分(※交通系ICカードのみ)

【月額会員】
基本料金:2,000円/月 最初の30分は0円/回(※月に何度利用しても30分以内なら無料。ただし、1回の利用が30分を超えると100円/30分の延長料金)
支払い方法:クレジットカード、d払い

・短時間での利用を考えている方は「HELLO CYCLING」
・少しでも費用を抑えて利用したい方は「PiPPA」

『ドコモ・バイクシェア』の使い方

まず初めに「ドコモ・バイクシェア ポートナビ」というアプリをインストールし、会員登録をおこなってください。

ドコモ・バイクシェア ポートナビ

LocationValue Inc.

最初のレビューを書こう!

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Google Playを見る

『ドコモ・バイクシェア』の借り方

マップ上から自転車を借りたいサイクルポートを選択し、「借りる」をタップしてください。

ドコモ・バイクシェア ポート検索

使いたい自転車を指定すると4桁の解錠パスコードが表示されます。選んだ自転車の操作パネルの「START」を押してパスコードを入力し、「ENTER」を押せば利用可能です。

ドコモ・バイクシェア パスコード

▲パスコードを入力せずに20分を過ぎると、自動的にキャンセル扱いに。キャンセル料金などは発生しない。

『ドコモ・バイクシェア』の返し方

サイクルポート(駐輪場)で施錠したら、自転車操作パネルの「ENTER」を押してください。パネルに「返却」と表示されたら返却完了です。もし返却がきちんと完了しているか心配な方は、返却完了のメールが届いているので確認するといいでしょう。

※『ドコモ・バイクシェア』のサイクルポート以外での返却はできません。

ドコモ・バイクシェア 返却

▲このように返却完了のメールが届く。

短時間の利用にピッタリな『HELLO CYCLING(ハローサイクリング)』

HELLO CYCLING 電動自転車

ちょっとした移動に利用したい人におすすめ!

・15分以内なら利用料金70円(税別)と格安!
・アプリからバッテリー確認、予約もできて使い勝手がいい
・各種キャリア決済に対応。クレジットカードなしでも利用可能

『HELLO CYCLING』は他サービスと違って15分ごとの料金設定なので、それ以内で移動できる短い距離なら、格安の70円で利用できます。仮に15分を過ぎても30分以内なら料金は140円。12時間以内なら最大1,000円とリーズナブルな価格で利用可能です。

また、アプリは他サービスよりもズバ抜けて使いやすいです。貸出可能・返却可能なサイクルポート別に表示できるほか、バッテリー残量の確認、自転車の利用予約に返却予約もできます。

そのほか、1つのアカウントで最大4人まで自転車を借りられるので、友達同士での旅行など複数人で利用したいときに便利。『ドコモ・バイクシェア』や『PiPPA』だと、ひとつのアカウントで1台までしか借りられないので、地味に嬉しい機能なのです。

利用できる地域はこちら

■都内で利用可能な地域
・東京23区すべて

■東京以外で利用可能な地域
・八戸
・千葉
・横浜
・三島
・松本
・岡崎
・京都
・大阪
・土庄町
・高松
・福岡

料金プラン(※一部地域によって異なる)

基本料金:70円/15分、1,000円/12時間(1回の利用が12時間を超えた場合、70円/15分の延長料金)
支払い方法:クレジットカード、各種キャリア決済、Yahoo!ウォレット決済、HELLOカード、HELLOマイル

・スムーズに返却しやすい電動自転車を借りたい方は「ドコモ・バイクシェア」
・少しでも費用を抑えて利用したい方は「PiPPA」

『HELLO CYCLING』の使い方

まず初めに「HELLO CYCLING」のアプリをインストールし、会員登録をおこないます。

HELLO CYCLING - どこでも借りれて好きな場所で返せる自転車シェア

OPENSTREET CO.,LTD.

最初のレビューを書こう!

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

『HELLO CYCLING』の借り方

マップ上から自転車を借りたいサイクルポートを選択し、「予約する」をタップ。予約する自転車を選択して、「自転車を借りる」を押してください。

HELLO CYCLING マップ

▲『HELLO CYCLING』はアプリから電動自転車の電池残量が確認できる。

予約したら「予約・利用履歴」のページを開き、予約済みの自転車を確認しましょう。車両番号と暗証番号が表示されているので、自転車操作パネルの電源をつけて番号を入力すれば利用可能です。

HELLO CYCLING 暗証番号
HELLO CYCLING 操作パネル

▲左上の電源ボタンを押して、「暗証番号orICカード」と表示されたら暗証番号を入力。

『HELLO CYCLING』の返し方

サイクルポートで施錠すると、操作パネルに「解錠or返却」の画面が表示されるので、「RETUEN」ボタンを押せば返却完了です。アプリ内の利用履歴から、きちんと返却されているか確認できます。

※『HELLO CYCLING』はそれぞれの駐輪場で返却可能な台数が決められているので、どこの駐輪場なら返却できるのか事前にアプリで確認しましょう。

HELLO CYCLING 返却

お手頃な価格で自転車を乗り回せる『PiPPA(ピッパ)』

PiPPA

出典:PiPPA ピッパ

少しでも費用を抑えたい方におすすめ!

・都内でのワンデイパスが300円/24時間とお手頃
・基本料金も100円/30分と安い
・時間を気にせず使いやすい
・電動自転車ではなく、3段変速ギア搭載の自転車

『PiPPA』は利用料金が100円/30分と、とにかく安いです。とくにデイパス利用だと24時間300円からシェアできるので、旅行など1日中自転車で街中を巡りたい方にピッタリです。

ただ、『ドコモ・バイクシェア』『HELLO CYCLING』と違って、電動自転車の用意はありません。しかし3段変速ギアが搭載されているので、電動アシストほどではないですが快適に走行できます。

利用できる地域はこちら

■都内で利用できる地域
・新宿区
・北区
・板橋区
・豊島区
・中野区
・杉並区
・練馬区

■東京以外で利用可能な地域
・京都
・宮城
・有田
・斑鳩
・宿毛

料金プラン

【一時利用】
100円/30分(※東京エリアのみ、延長料金50円/30分)

【月額利用】
1,500円/1ヶ月、6,000円/6ヶ月、10,000円/12ヶ月(最初の30分は無料 1回の利用時間が30分を超えた場合100円/30分の延長料金)

【デイパス利用】
東京:300円/24時間、800円/72時間、3,000円/720時間(30日)
京都:500円/5時間、1,200円/48時間、2,000円/120時間(5日)
宮城:400円/3時間、600円/5時間、1,000円/12時間
その他エリア(有田・斑鳩・宿毛):500円/6時間、800円/12時間、1,000円/24時間

支払い方法:クレジットカード、モバイルSuica、各種キャリア決済、ワイモバイルまとめて支払い、支付宝、銀聯ネット決済、LINE Pay、Apple Pay

・スムーズに返却しやすい電動自転車を借りたい方は「ドコモ・バイクシェア」
・短時間での利用を考えている方は「HELLO CYCLING」

『PiPPA』の使い方

自転車を借りるにはアプリの登録が必要です。まずは『PiPPA』のアプリをインストールして会員登録を済ませましょう。

PiPPA ピッパ - シェアサイクルサービス

Ocean Blue Smart

最初のレビューを書こう!

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

『PiPPA』の借り方

マップ上でサイクルポートを選択し、「QR開錠」または「タッチ開錠」をタップしてください。

「QR開錠」を選んだ方:QRコードリーダーが起動するので、自転車のサドル下にあるQRコードを読み取ったら利用できます。

「タッチ開錠」を選んだ方:スマートフォンをスマートキーにかざせば利用できます。

「QR開錠」、「タップ開錠」どちらの方法でも開錠できない場合は、アプリ画面上に4桁の開錠コードが表示されるので、手動で開錠してください。

『PiPPA』の返し方

PiPPA専用のサイクルポートで後輪の鍵を手動で施錠し、アプリ画面で「利用終了」をタップすると返却完了です。※PiPPA専用のサイクルポート以外での返却はできません。

シェアサイクルサービスの注意事項

電動自転車を借りるときはバッテリー確認

『ドコモ・バイクシェア』はアプリからは電動自転車のバッテリー残量を確認できないので、実際に触ってバッテリー残量を確認してから借りましょう。操作パネルの電源ボタンを押すとバッテリー残量の確認がおこなえます。

途中でバッテリーが切れ、電動アシストが機能しなくなると快適に走行できなくなります。

ドコモ・バイクシェア バッテリー残量

▲『ドコモ・バイクシェア』の操作パネル。「FL」はバッテリーがフル充電されていることを指す。

パンクなどの故障がないか確認

滅多にありませんが、パンクしている自転車が貸し出されているケースもあるので、借りる前に空気がしっかり入っているか確認しましょう。

自転車を開錠する4桁の暗証番号を忘れた

4桁の暗証番号はアプリに登録したメールアドレスに送信されています。万が一、暗証番号を忘れた場合はメールをチェックしましょう。『HELLO CYCLING』に関してはメールのほかに、アプリ内の「予約・利用履歴」からも確認可能です。

利用中に故障が発生した場合は?

利用中にパンクやチェーンが外れた、ギアが故障したなどのトラブルが発生した場合は、各サービスのお客樣サポート窓口に連絡しましょう。
ドコモ・バイクシェア:p-contact-ml@d-bikeshare.com
HELLO CYCLING:044-385-9048
PiPPA:0120-288-870
『ドコモ・バイクシェア』のみ電話ではなく、メールでの連絡です。

こちらの記事もおすすめ

国内で使えるサブスクリプション51選 おすすめの定額制サービスまとめ
定額制音楽配信サービス9社 邦楽人気アーティスト50組の配信状況を調査&比較