• TOP
  • LINE
  • LINE Pay
  • LINE Payのポイント還元率は最大7%! 付与条件、他サービスとの比較

『LINE Pay(ラインペイ)』や『PayPay(ペイペイ)』などのPayサービスの魅力の1つに、「還元率」が挙げられます。利用額に応じてポイントが還元されるので、現金で購入するよりもお得ですよね。

LINE Payでは2020年6月30日まで、最大で7%のキャッシュバックを受け取れます。その条件、仕組み、他サービスとの比較を見ていきましょう。

LINE Payの還元率が7%になる仕組み、条件

LINE Payは利用者に多くのインセンティブ(上乗せして支払われる仕組み)があり、それを利用すれば最大7%の還元率にもなるのです。ここではその仕組みを解説します。

「マイカラー」で最大2%の還元。条件は月10万円以上の決済

LINE Payのインセンティブのひとつとして、「マイカラー」制度があります。これは月々の決済額に応じてユーザーのカラー(ランク)が変化し、ポイントの基本付与率が変動するという仕組み。詳しい条件は以下の表の通りです。

カラー グリーン ブルー レッド ホワイト
基本付与率 2% 1% 0.8% 0.5%
条件 10万円以上の決済 5万~9万9,999円の決済 1万~4万9,999円の決済 ~9,999円の決済

最大付与率2%の「グリーン」になるためには、月10万円以上の決済が条件。少々ハードルが高いように感じますが、LINE Payは店舗での買い物のほか、電気代の請求書払いなどさまざまな用途に使えるため、普段遣いしていれば十分到達可能です。

また2019年8月1日より、インセンティブとして付与されるLINEポイントが「LINE Payボーナス」に変更されました。

「LINE Payボーナス」はLINE Pay加盟店での買い物や、LINEの友だちに送金などをすれば、さらにマイカラーの利用実績に含まれます。

なおマイカラーは繰り越しされず、毎月リセットされます。

マイカラーの詳細はこちらを参考に

『LINE Pay』のポイント還元「マイカラー」とは? 仕組みや判定基準など

還元事業対象店舗での決済で最大5%の還元(2020年6月30日まで)

2019年10月1日から2020年6月30日までの期間中、「キャッシュレス・消費者還元制度」対象の店舗でキャッシュレスの支払いをすると、2%か5%の還元を受けられます。

これは先ほどの「マイカラー」の還元率と重複します。グリーンカラー(2%還元)の状態で5%還元の店舗を利用すれば、7%の還元率になるのです。

なお「キャッシュレス・消費者還元制度」による付与上限額は毎月30,000ポイントまでです。

LINE Pay(マイカラー)
最大2%の還元
合計最大7%の還元
キャッシュレス・消費者還元制度
最大5%の還元
「キャッシュレス・消費者還元事業」ロゴマーク

▲「キャッシュレス・消費者還元制度」の対象店舗を示すマーク。
出典:ロゴマークについて _ キャッシュレス消費者還元事業

「キャッシュレス・消費者還元制度」の対象店舗は、専用アプリから検索できます。

ポイント還元対象店舗検索アプリ

一般社団法人キャッシュレス推進協議会

3.17

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

LINE Pay利用時に覚えておきたいこと

還元事業の対象となる決済方法は?

QRコード決済、オンライン支払い、LINE Payカード、QUICPayの4種類が対象です。

お店に「キャッシュレス・消費者還元制度」のマークがあれば対象店舗です。オンラインショップの場合は、各店舗に問い合わせましょう。

LINEポイントの付与時期は?

LINEポイントの付与時期は、マイカラーか還元事業か、また決済方法によって変わります。まとめると以下の表の通りです。

決済方法 付与時期
マイカラー QRコード決済
オンライン支払い
即時
LINE Payカード
QUICPay
売上確定の当日
還元事業 QRコード決済
オンライン支払い
即時
LINE Payカード
QUICPay
月末締め翌月一括付与

▲2020年1月17日時点。

ここで注意したいのは、決済方法がLINE PayカードかQUICPayだとマイカラーと還元事業のポイント付与時期にズレが生じることです。

ポイント付与のタイムラグが気になる人は、QRコード決済かオンライン支払いにすると良いでしょう。

LINEポイント・LINE Payボーナスは有効期限は?

LINEポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得した日から180日まで。またLINE Payボーナスは最終利用日から2年間利用しないと失効します。

LINE PayボーナスはLINEポイントと違い、友だちに送金できるので上手に活用しましょう。送金も利用実績に含まれます。

PayPay、楽天ペイとの比較

LINE Payの最大還元率は7%。2020年6月30日以降もグリーンカラーであれば2%の還元率が保証されます。

ですがもし他に還元率の良いサービスがないか気になるというもの。LINE Payと同時期に話題になった『PayPay』、「どこでも5%還元」が売りの『楽天ペイ』と比較してみましょう。

『PayPay』の基本還元率は最大1.5%(LINE Payは最大2%)

ソフトバンクとヤフーが母体のPayPay。利用方法や支払い方法により基本付与率が変化しますが、まとめると以下の表になります。

利用方法 PayPay加盟店 特定サービス(Yahoo!Japan対象サービス) 請求書払い
支払方法 PayPay残高
ヤフーカード
PayPay残高 PayPay残高
基本付与率 1.5% 1% 0.5%

▲2020年1月17日時点。

PayPayはLINE Payと異なり、利用額に応じて基本還元率が変わることはありません。

PayPay加盟店やYahoo!Japan対象サービス、請求書払いかによって還元率が変わります。PayPayでの最大付与率は1.5%と、LINE Payの最大2%にはわずかに及びません。

『楽天ペイ』は最大6%還元(LINE Payは最大7%)

楽天ペイは2020年3月2日まで、利用状況や利用店舗に関わらずどの店舗で決済しても5%の還元を受けられるキャンペーンを行っています(要エントリー)。

たとえ「キャッシュレス・消費者還元制度」の対象外であっても、楽天独自のキャンペーンにより5%分のポイントが還元されるのです。さらに楽天カードを利用すれば1%還元が加わるため、最大で6%の還元に。

「楽天ペイ」キャンペーンのエントリー画面

▲エントリーは楽天ペイのアプリから。

一方でLINE Payは利用状況と店舗次第では最大7%の還元となるため、最大還元率ではわずかに勝っています。爆発力のLINE Pay、安定感の楽天ペイと言ったところです。

LINE Payのメリットを活かして最大限活用しよう!

LINE Payはマイカラー制度により、月々の決済額によって還元率が変わります。そのため使うほどお得。

JCB加盟店ならどこでも使えるので、ネットショッピングでも使えるというメのメリットもあり。上手に活用すれば、ポイントも貯めやすいのでおすすめですよ。

こちらの記事もおすすめ

LINE(ライン)ポイントの賢い貯め方 使い方と注意点も
LINE Pay(ラインペイ)最新キャンペーン情報まとめ【7月8日更新】
LINE

LINE Corporation

4.50

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ

LINE Pay Corporation

4.02

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る