PayPay株式会社は新型コロナウイルスへの対応を含めた日本赤十字社の活動全般を支援するため、2020年5月22日から6月11日までの間、スマホ決済サービス『PayPay』のアプリデザインを変更できる支援アイテム「きせかえ」を販売しました。

『PayPay』はこれまで2度「きせかえ」販売による売上金の支援を実施しており、今回は第3弾です。

「きせかえ」は特設ページにて300円(税込み)で販売し、売上金から消費税を差し引いた全額をPayPayが日本赤十字社へ支援します。消費税はPayPayが国に納めます。

「きせかえ」のイメージ

「きせかえ」のイメージ

キャンペーン概要

日本赤十字社は自然災害の発生時に現場に駆けつけ、命を救うための医療活動や救援物資の配布などを行う組織です。

新型コロナウイルスについては日赤病院で感染者を受け入れるとともに、感染を予防するためのさまざまな情報発信も行っています。

『PayPay』はこれらの活動を応援するため、日本赤十字社に「きせかえ」の売上金から消費税を差し引いた全額を支援することを決めました。

新型コロナに対応する日赤病院

出典:きせかえを購入して 新型コロナウイルス対応を含むさまざまな赤十字活動を支援しよう

実施期間

2020年5月22日 ~ 6月11日の午後11時59分

支払い方法

PayPay残高からの支払い

※クレジットカードは利用できません。

支援の流れ

①『PayPay』の[支援]をタップし、[きせかえを購入]ボタンから「きせかえ」を購入。[きせかえを購入]はページを下にスクロールすると出てきます。

②きせかえの購入後、受け取りには1日程度かかります。

③約1日後に『PayPay』のホーム画面から[きせかえ]をタップします。ホーム画面にない場合は[その他]をタップし、遷移先のページで「きせかえ」を選択しましょう。

④「カードきせかえ」画面の「Myきせかえ」のタブから購入した「きせかえ」が確認できます。

⑤購入した金額から消費税を除いた金額が、PayPay株式会社の売上金として支援先に送られます。

この活動を知ってもらいたい! キャンペーンの拡散方法

この企画に興味を持ち、「皆にも知ってもらいたい」と思った方へ。

実は特設ページのトップにLINE・Twitter・Facebookのアイコンがあります。

これをタップすることで、対応したアプリでの拡散ができます。

特設ページ画像

▲一番右の(ー)アイコンをタップすると、サイトのURLがコピーされる。

注意事項

購入期限が2020年6月11日までと短いです。

また「きせかえ」購入は『PayPay』アプリ内の残高でしか払えません。クレジットカードでの直接購入はできないので注意しましょう。

「もしも」のときの活動支援

新型コロナウイルスの感染者数は減ってきていますが、感染第二波は来ると予測されています。

また赤十字社は災害発生時の医療救護活動も行う組織なので、もし自分が被災したときには助けに来てくれるかもしれません。

情けは人のためならず。"いつか自分が被災したときに返ってくる"と保険のつもりで支援するのもいいでしょう。

こちらの記事もオススメ

『PayPay』クレジットカードの登録・支払い方法 ポイント二重取りも可能
PayPay 請求書払いで公共料金を支払う方法 手数料なし・ポイント還元でお得!