• TOP
  • 『COCOA(接触確認アプリ)』の使い方まとめ さまざまな疑問を解決します

新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的とし、2020年6月19日(金)に接触確認アプリ『COCOA(ココア)』がリリースされました。

ここでは『COCOA』の基本的な使い方をはじめニュースや不具合情報、さまざまな疑問を解決する記事などをまとめています。

接触確認アプリ『COCOA(ココア)』とは

『COCOA(COVID-19 Contact Confirming Application)』とは厚生労働省と新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して開発した、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができるアプリです。

『COCOA』はGoogleとAppleが共同開発したAPIを活用。利用者の同意のもと、スマホのBluetooth通信機能を利用し、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性を検知して記録します。

陽性者との接触の可能性が確認された場合、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。

COCOA(接触確認アプリ)の使い方

接触確認アプリ『COCOA(ココア)』の使い方や、対応スマホなどを解説します。また利用するにあたって気になる個人情報の扱いや、設定などの疑問もここで解決できます。

基本的な使い方

接触確認アプリ『COCOA』の使い方 新型コロナウィルス感染症の拡大防止に

対応機種

接触確認アプリ『COCOA』対応機種まとめ【iPhone/Android】
接触確認アプリ『COCOA』は、らくらくホンやタブレットでも使える機種あり!
接触確認アプリ『COCOA』が使えるAndroidスマホを調査 Nexus 7も対応
接触確認アプリ『COCOA』が使えるiPhoneは? iOS 13.5以降に対応

解説

接触確認アプリ『COCOA』は個人情報流出の心配なし 接触符号で利用者を識別
接触確認アプリ『COCOA』で位置情報は収集される? 住所は特定されない?
接触確認アプリ『COCOA』はBluetoothオフでも使える? バッテリー消費は?

ニュース

接触確認アプリ『COCOA(ココア)』に関するニュースや不具合情報などを紹介します。

接触確認アプリ『COCOA』、1,500万DLを突破 陽性者登録数は428件
接触確認アプリ『COCOA』、Android 11にて位置情報オフでも利用できる機能を追加
接触確認アプリ『COCOA』 7/15より陽性者用処理番号の発行を再開
接触確認アプリ『COCOA』アプリ不具合で陽性者の処理番号発行を一時停止
接触確認アプリ『COCOA』 Androidの不具合修正、後日接触通知を再開
接触確認アプリ『COCOA』が通知機能を停止中 不具合修正を急ぐ
新型コロナウイルス接触確認アプリ『COCOA』 本日15時リリースへ

こちらの記事もおすすめ

Twitter(ツイッター)の使い方まとめ 基本から応用まで初心者もあんしん
LINE(ライン)の使い方まとめ 初心者も失敗しない完全ガイド